みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『イヴの時間 劇場版』('15初鑑賞38・WOWOW)

<<   作成日時 : 2015/05/06 12:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




☆☆☆★− (10段階評価で 7)
4月29日(水・祝) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。


チェック:
インターネットで配信されたWEBアニメーション「イヴの時間」に、新作シーンを加えて「1st. シーズン完全版」として再編集した劇場版。
舞台は、人間が人型ロボットのアンドロイドを家電として扱う、日本と思われる近未来の世界。高校生の主人公が人間とアンドロイドを区別しない人々と出会い、成長していく姿を描く。

監督は、WEB版を手掛けた吉浦康裕。古典SF的な題材ながらも、他者とのかかわり合いを問う現代的なテーマに、考えさせられる。

ストーリー:
子どものころからアンドロイドを人間視することなく、便利な道具として利用してきた高校生のリクオは、ある日、自家用アンドロイド、サミィの行動ログに不審な文字列が刻まれていることに気づく。
親友のマサキと共にログを頼りに喫茶店、イヴの時間を訪れたリクオは、人間とアンドロイドを区別しない店のルールに驚く。

(シネマトゥデイ)









NET配信されたアニメ作品の劇場版らしい。
人間的感情を持ったロボット(アンドロイド)のお話。


昔からある、「ロボット三原則」が根底にある。
時代背景が”たぶん未来”ということですが、これだけの高性能なロボットがいるということは、かなり未来。


「イヴの時間」という喫茶店がメインの舞台。
この店では、人間とロボットの区別をいっさいなくすのが前提。ロボットも人間として接する。


各エピソードがちょっと唐突というかぶつぎり感がする。
もともと 15分1話 全9話のエピソードを再編集しているので仕方ないところか。


過去にも似たようなお話があり、新鮮味はそれほどないが、少人数で制作したわりには良く出来ていると思う。








製作年:2009年
製作国:日本
上映時間:106分
日本公開:2010年3月6日
配給:アスミック・エース
カラー/ビスタ

スタッフ
監督・原作・脚本: 吉浦康裕
キャラクターデザイン・作画監督: 茶山隆介
音楽: 岡田徹

キャスト(声の出演)
福山潤、野島健児、田中理恵、ゆかな、中尾みち雄、伊藤美紀、沢城みゆき
清川元夢、杉田智和、山口由里子、水谷優子





 ←よろしければ、クリックお願い致します♪ 



イヴの時間 劇場版 期間限定スペシャルプライス版 [Blu-ray]
角川書店
2013-10-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by イヴの時間 劇場版 期間限定スペシャルプライス版 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『イヴの時間 劇場版』('15初鑑賞38・WOWOW) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる