みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ダラス・バイヤーズクラブ』('15初鑑賞21・WOWOW)

<<   作成日時 : 2015/03/13 21:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0




☆☆☆☆− (10段階評価で 8)
3月7日(土) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。


チェック:
1980年代当時無認可だったHIV代替治療薬を密輸販売し、アメリカのHIV患者が特効薬を手にできるよう奔走した実在のカウボーイの半生を映画化した人間ドラマ。
HIV陽性と診断されたカウボーイを『マジック・マイク』などのマシュー・マコノヒーが演じ、21キロも減量しエイズ患者という難役に挑んだ。
『チャプター27』などのジャレッド・レトー、『JUNO/ジュノ』などのジェニファー・ガーナーが共演。監督を『ヴィクトリア女王 世紀の愛』のジャン=マルク・ヴァレが務める。

ストーリー:
1985年、電気工でロデオカウボーイのロン・ウッドルーフ(マシュー・マコノヒー)は、HIV陽性と診断され余命が30日だと言い渡される。
アメリカには認可治療薬が少ないことを知った彼は代替薬を探すためメキシコへ向かい、本国への密輸を試みる。

偶然出会った性同一性障害でエイズを患うレイヨン(ジャレッド・レトー)と一緒に、国内未承認の薬を販売する「ダラス・バイヤーズクラブ」を設立するが……。

(シネマトゥデイ)







マシュー・マコノヒーとジャレッド・レトがこの年のアカデミー主演男優賞と助演男優賞を受賞しました。
マシューのガリガリに痩せたHIV患者役は、役者としての本気度を充分に感じられる没頭ぶり。
ジャレッドのトランス・ジェンダー(いわゆるおネェ)役も、ホントにスゴイ。


作品の内容は、かなり社会派。

ギャンブル、酒、ドラッグ、セックスと自堕落奔放な生活をおくっていたカウ・ボーイの主人公:ロンが、突然の体調不良で倒れて病院に運ばれ、血液検査の結果、HIV(エイズ)に罹っていることがわかり、しかも余命30日とまで宣告される。


なんとかコネを使って、特効薬・・・とされている新薬を入手し、摂取するものの、まるで良くならない。
ロンはあらゆる手段を使って、世界で今現在HIVに効くとされる薬を手に入れようと奔走。
手に入れた薬を、HIVに悩むほかの患者にわたすために(商売として)ダラス・バイヤーズ・クラブを結成するが・・・


さてここで、製薬会社や政府の利権が絡んできて、世界各地(日本も出てきます)から手に入れた薬を巡って、アメリカ国内では未認証やら、面倒な事柄が絡んで、妨害されるわけです。


とにかく、この主人公:ロンの行動力たるや、すさまじいものがありますね。
やはり自分の命がかかっているわけですから。 


そして、これまでは同性愛者を偏見の目で観ていた彼が、変わっていくあたりが印象に残った。

ビジネス・パートナーとして、やはりHIV患者でドラッグ中毒のオネエ:レイヨンとスーパーに買い物に行った時の場面。

(職場の知人と遭遇。その知人はレイヨンを偏見の目で観る。ロンは「彼女」を紹介して握手するよう求めるが知人は拒否。ロンはその知人を羽交い絞めにして握手させる。)


この時に レイヨンはロンに対して、人間的な信頼感を持ったんですね。


淡々と進行していく作品で、決してヒーローのような描き方はしていない。
主人公の嫌な部分もしっかり見せている。 そんな彼の権力に抵抗していくさまは、ある意味観ていて清々しい。









英題:DALLAS BUYERS CLUB
製作年:2013年
製作国:アメリカ
日本公開:2014年2月22日
上映時間:1時間57分
配給:ファインフィルムズ
カラー/シネスコ

スタッフ
監督: ジャン=マルク・ヴァレ
脚本: メリッサ・ウォーラック

キャスト
マシュー・マコノヒー
ジャレッド・レトー
ジェニファー・ガーナー





 ←よろしければ、クリックお願い致します♪




ダラス・バイヤーズクラブ [Blu-ray]
Happinet(SB)(D)
2014-09-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ダラス・バイヤーズクラブ [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ダラス・バイヤーズクラブ ★★★★★
1980年代当時無認可だったHIV代替治療薬を密輸販売し、アメリカのHIV患者が特効薬を手にできるよう奔走した実在のカウボーイの半生を映画化した人間ドラマ。HIV陽性と診断されたカウボーイを『マジック・マイク』などのマシュー・マコノヒーが演じ、21キロも減量しエイズ... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2015/03/13 21:59
ダラス・バイヤーズクラブ
 『ダラス・バイヤーズクラブ』を新宿のシネマカリテで見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2015/03/14 06:28
『ダラス・バイヤーズクラブ』
□作品オフィシャルサイト 「ダラス・バイヤーズクラブ」□監督 ジャン=マルク・ヴァレ □脚本 メリッサ・ウォーラック□キャスト マシュー・マコノヒー、ジャレッド・レトー、ジェニファー・ガーナー ■鑑賞日 3月2日(日)■劇場 ブルグ13■cyazの満足度 ★★★★... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2015/03/14 09:38
映画『ダラス・バイヤーズクラブ』★必死に“本物の薬”を運んだナイスガイ☆
&nbsp; &nbsp; 作品について http://cinema.pia.co.jp/title/163096/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。 &nbsp; &nbsp; 映画の元になった記事→ ココ &nbsp; 1985年。 エイズで余命30日と宣告された、電気技師:ロンが アメリカでは未認可の薬を入手し、 ほかのエイズ患者にも提供できるように作ったクラブが、 『ダ... ...続きを見る
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)...
2015/03/14 13:16
ダラス・バイヤーズクラブ
★★★★ 製作:2013年 米国 上映時間:117分 監督:ジャン=マルク・ヴァレ  1980年代には無認可だった「HIV代替治療薬」を密輸販売。藁にもすがりたいHIV患者に特効薬を提供したという、実在の不良カウボーイの半生を映画化した人間ドラマである。彼 ...続きを見る
ケントのたそがれ劇場
2015/03/18 16:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ダラス・バイヤーズクラブ』('15初鑑賞21・WOWOW) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる