みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『バンクーバーの朝日』('15初鑑賞2・劇場)

<<   作成日時 : 2015/01/03 16:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0




☆☆☆−− (10段階評価で 6)
1月3日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン9にて 11:50の回を鑑賞。


チェック:
1900年代初頭のカナダに暮らす日系人が、過酷な環境にあえぎながらも野球チームを結成、戦術やひたむきさでやがて白人に認められていくさまを実話を基に描くドラマ。
メガホンを取るのは『舟を編む』『ぼくたちの家族』などの石井裕也。

製材所で肉体労働に就く野球チームのキャプテンを妻夫木聡が演じるほか、チームのメンバーに亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮、主人公の父親に佐藤浩市など豪華キャストが集結する。
体格で勝るカナダ人を相手に、力ではなく技術で立ち向かっていく彼らの姿に爽やかな感動を覚える。

ストーリー:
1900年代初めのカナダ・バンクーバー。
貧しい日本から新天地を目指してカナダにやって来た日本人たちは、想像を絶する激しい肉体労働や貧しさに加え、差別にも苦しんでいた。

製材所で働くレジー笠原(妻夫木聡)やケイ北本(勝地涼)、漁業に携わるロイ永西(亀梨和也)らは野球チーム「バンクーバー朝日」に所属し、最初は白人チームにばかにされながらも、次第に現地の人々にも認められていく。

(シネマトゥデイ)








2015年最初の劇場鑑賞作品はこれ。


実話に基づいたお話。
日本映画ですが、舞台は1900年代(中国事変がはじまる直前)のカナダ:バンクーバー。


当時のバンクーバーの港町をセットとVFXで描いてて、日本映画らしくない画面でつかみは良い感じ。

日系人で結成された野球チーム:バンクーバー朝日の選手たちが、当時のカナダ人(白人)からの差別や偏見を乗り越えて、人気チームになる様を、描いています。


野球チームがメインなので、試合の場面をメインに持ってくるのが当然だと思うんですが、映画が始まってから、試合までがけっこう長い。しかもテンションが異様に低い。役者陣もボソボソ喋るので、なに言ってんだかよく解らない部分があった。


試合の場面は、演出があまりにも下手くそすぎて、まったく面白くない。
クライマックスに至っては・・・・これ、完全に演出の仕方間違っているやろ・・・・盛り上げなぁあかんところで、盛り下げてしまう。


役者陣、有名な方ばかりなのだが、何のためにこの役者なのか、無駄遣いとしか言いようがない。



歴史的事実としては、遠いカナダの地で、日本人として野球で頑張っている方たちがいたんやなぁ〜と勉強にはなります。

しかし、エンタメとしては、あまりにも、だるくて、盛り上がらなくて、感動もなくて、とにかく残念な映画でした。
画面がけっこう好みだったぐらいで、野球をメインにするんだったらもうちょっと演出考えないと、だめだ。


作り手の力量不足和を感じた作品でした。







2014年/日本/フジテレビ/133分/シネスコ/
監督: 石井裕也
脚本: 奥寺佐渡子
製作: 石原隆 / 市川南

キャスト:
妻夫木聡、亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮、高畑充希、宮崎あおい、貫地谷しほり
ユースケ・サンタマリア、本上まなみ、田口トモロヲ、徳井優、大鷹明良、岩松了、大杉漣
鶴見辰吾、光石研、石田えり、佐藤浩市




 ←よろしければ、クリックお願い致します♪ 



【文庫】 バンクーバー朝日~日系人野球チームの奇跡~ (文芸社文庫)
文芸社
テッド・Y・フルモト

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 【文庫】 バンクーバー朝日~日系人野球チームの奇跡~ (文芸社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
バンクーバーの朝日/全ては彼らから始まった
1900年代初頭、カナダに移住した日本人は厳しい差別に晒されながらも野球チーム朝日軍の勝利によって現地の人々に受け入れられていく。しかしそこで起こった第二次世界大戦はそんな彼らの努力を無に帰するものだった…。監督を務めるのは『舟を編む人』や『ぼくたちの家族』の石井裕也。主人公・レジー笠原を妻夫木聡が、チームメイトを亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮らが演じている。 ...続きを見る
MOVIE BOYS
2015/01/03 17:02
バンクーバーの朝日
2014/12/20公開 日本 133分監督:石井裕也出演:妻夫木聡、亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮、高畑充希、宮崎あおい、貫地谷しほり、ユースケ・サンタマリア、本上まなみ、田口トモロヲ、徳井優、大鷹明良、岩松了、大杉漣、鶴見辰吾、光石研、石田えり、佐藤浩市、 ... ...続きを見る
★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
2015/01/03 22:17
バンクーバーの朝日
 日本  ドラマ  監督:石井裕也  出演:妻夫木聡      亀梨和也      勝地涼      上地雄輔 ...続きを見る
風情♪の不安多事な冒険 Part.5
2015/01/04 12:49
『バンクーバーの朝日』
差別にも負けず、野球で日系移民の希望となったチームがあった。ただそれだけで他に何も描いていない映画。 恐らく各事務所の圧力が入り乱れたがために、石井裕也監督を始め製作 ... ...続きを見る
こねたみっくす
2015/01/04 13:21
バンクーバーの朝日
 『バンクーバーの朝日』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2015/01/13 06:40
「バンクーバーの朝日」
2015年最初に観た作品。もちろん息子と一緒に、である。公開時から観ることは決めていたが、少年野球の頃から(もっと言えば保育園の頃から)交流のあるママ友さんが、息子さんと観に行って「すごく良かったわよ」と教えてくれたので、一年の初っ端はこれで飾ることに致しました。前半部分から怒濤の落涙。アホでしょ、私。誰も泣いてなんかいない所で泣き始めてしまった。連戦連敗の野球チームが、「Brain baseball」で勝てるようになっていく、ただそれだけでも、もう涙が止められない。アジアからの移民として差別・... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2015/01/26 17:13
バンクーバーの朝日
[バンクーバーの朝日] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2015年2本目です。 【あらすじ】 1900年代初頭。貧しい日本から新天地を目指してカナダ・バンクーバーにやって来た日本人たちは、想像を絶する激しい肉体労働や貧… ...続きを見る
必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・...
2015/03/13 12:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『バンクーバーの朝日』('15初鑑賞2・劇場) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる