みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『アゲイン 28年目の甲子園』('15初鑑賞9・劇場)

<<   作成日時 : 2015/01/27 21:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 0




☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)
1月24日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:00の回を鑑賞。


チェック:
『亡国のイージス』などのベテラン俳優中井貴一が主演を務め、重松清原作の小説を映画化した感動のヒューマンドラマ。
かつての球児たちが甲子園に再挑戦する「マスターズ甲子園」を題材に、大人たちが野球を通して生きる喜びを再認識する姿を活写する。

亡き友人の娘を役者やモデルとして活躍している波瑠が演じ、柳葉敏郎や和久井映見らが脇を固める。
今の現実を受け入れながらも輝く登場人物たちの姿に元気をもらう。

ストーリー:
ある日、晴彦(中井貴一)のもとを、高校時代共に甲子園出場を夢見た野球部仲間の娘・美枝(波瑠)が訪ねてくる。
彼女は東日本大震災で亡くなった父親の遺品の中から、束になって投函されずに残っていた年賀状を見つけ、晴彦のところへやって来たのだ。
その後晴彦は、美枝がボランティアとして参加する「マスターズ甲子園」に誘われ、昔の苦い思い出が頭をよぎるも……。

(シネマトゥデイ)







今年の劇場鑑賞一発目が『バンクーバーの朝日』で、1月中にこの作品、あと台湾映画の『KANO』も個人的観たい作品リストの上位で、今年は野球映画が多いなぁ。


正直、野球自体はそれほど興味はない。(^^;; まぁ、関西人なので、どこを応援してるかと聞かれたら、阪神かオリックスと言ってはおります。(^^;;;


さて、映画。
朝の番組「おはようコールABC」で何度も宣伝してたので(”麺馬鹿”もちょっとだけ出演)興味がありました。


主演が中井貴一。 昨年の『柘榴坂の仇討』がすごく良かった。今作も良い感じ。
柳葉敏郎との息の合った掛け合いも良かった。


野球のことが良く解らなくても、充分楽しめて、感動できる秀作です。


「一球人魂」・・・・冒頭から伏線がはってあり、マスターズ甲子園出場メンバーを集める過程とか、脚本がよく練られているなぁと感じました。


「私たちはあの時、負けることすらできなかった」・・・・また、物語の展開がセオリー通りといいますか、意外性は無いのですが、そのかわりに安心して観れる・気分よく観れる作品です。そして、それがゆえに、熱いものを感じた。



ヒロインの美枝は神戸大学の学生で、彼女の父が3.11東北の大震災で亡くなったという設定。
さらに、この映画の公開日が1.17阪神淡路大震災20周年のその日。


作り手のこの作品にたいする深い思いを感じています。


Blu-rayが発売されたら、買う。(^−^)






製作年:2014年
製作国:日本
日本公開:2015年1月17日
上映時間:2時間0分
カラー/シネスコ/
配給:東映

スタッフ
原作: 重松清
監督・脚本: 大森寿美男
音楽: 梁邦彦
撮影: 佐光朗
主題歌: 浜田省吾

キャスト
中井貴一
波瑠
和久井映見
柳葉敏郎
西岡徳馬
工藤阿須加
太賀




 ←よろしければ、クリックお願い致します♪ 



アゲイン 28年目の甲子園 (集英社文庫)
集英社
2014-12-16
大森 寿美男

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アゲイン 28年目の甲子園 (集英社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(13件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アゲイン 28年目の甲子園/一球入魂、一球人魂、一球場入魂
日本の高校野球OB達が出場するマスターズ甲子園を書いた重松清原作の「アゲイン」を映画化したスポーツヒューマンドラマ。主演は『柘榴坂の仇討』の中井貴一。共演に『がじまる食堂の恋』の波留ほか、柳葉敏郎、西岡徳馬、和久井映見、工藤阿須加らが出演している。28年目に目指す甲子園は彼らに何をもたらすのか…。監督・脚本は『風が強く吹いている』の大森寿美男。 ...続きを見る
MOVIE BOYS
2015/01/27 21:40
『アゲイン 28年目の甲子園』
□作品オフィシャルサイト 「アゲイン 28年目の甲子園」□監督・脚本 大森寿美男□原作 重松清□キャスト 中井貴一、波瑠、和久井映見、柳葉敏郎、門脇 麦■鑑賞日 1月17日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  もうひ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2015/01/27 21:47
アゲイン 28年目の甲子園/中井貴一
元高校球児たちが再び甲子園を目指す“マスターズ甲子園”を題材にしたヒューマン・ドラマです。劇場予告編にあまりそそられませんでしたが、原作者が大好きな作家・重松清さんと ... ...続きを見る
カノンな日々
2015/01/27 21:55
映画「アゲイン 28年目の甲子園」
映画「アゲイン 28年目の甲子園を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2015/01/27 23:36
『アゲイン 28年目の甲子園』
一球入魂。一球人魂。 甲子園への出場という若き日の夢が叶わなかった三十路超えの元高校球児たちが再び夢の聖地を目指す大会:マスターズ甲子園。 この今年で12回目を迎える、参 ... ...続きを見る
こねたみっくす
2015/01/27 23:37
映画『アゲイン 28年目の甲子園』★「一球“人“魂」であの夏を再び!
&nbsp; &nbsp; 作品について http://cinema.pia.co.jp/title/163969/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 &nbsp;                                            あらすじ→ くわしい 映画レビューです→ コチラ (ネタバレ表示ですが、真相はボカシ) &nbsp; &nbsp; ↓レビューと同じです。 〜〜〜... ...続きを見る
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)...
2015/01/28 00:56
アゲイン 28年目の甲子園 ★★★
『亡国のイージス』などのベテラン俳優中井貴一が主演を務め、重松清原作の小説を映画化した感動のヒューマンドラマ。かつての球児たちが甲子園に再挑戦する「マスターズ甲子園」を題材に、大人たちが野球を通して生きる喜びを再認識する姿を活写する。亡き友人の娘を役者... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2015/01/29 16:34
アゲイン 28年目の甲子園
重松清の小説を映画化。 ...続きを見る
花ごよみ
2015/01/29 22:21
アゲイン 28年目の甲子園
46歳の会社員・坂町晴彦の家を女子大生・美枝が訪ねてくる。 彼女は元高校球児が再び甲子園を目指す「マスターズ甲子園」の学生スタッフで、坂町たち川越学院野球部OBに参加を呼び掛けにやって来たのだ。 28年前、ある事件のために坂町たちは甲子園への夢を絶たれた。 そして事件を起こしたのは美枝の亡き父・松川典夫だった。 事件のことを美枝に言えないまま、坂町は彼女を元チームメイトらに紹介するのだが…。 ヒューマンドラマ。 ...続きを見る
象のロケット
2015/01/31 23:40
「アゲイン 28年目の甲子園」高校時代の経緯を振り返った先にみたみんなを守るために犠牲になった部員の...
「アゲイン 28年目の甲子園」はマスターズ甲子園に出場しませんか?と訪れた事務局の女子大生がかつての野球部の部員だった事をキッカケに過去と向き合いマスターズ甲子園出場を ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2015/02/10 00:30
アゲイン 28年目の甲子園
重松清の小説を中井貴一主演で映画化したヒューマンドラマです。 予告編を観て、もう一度甲子園を目指すとは、彼らに何があったのだろうと気になっていました。 甲子園を通して描いた父たちの人生の物語であると同時に、父と娘の絆の物語が描かれていました。 ...続きを見る
とりあえず、コメントです
2015/02/12 22:02
アゲイン 28年目の甲子園
[アゲイン28年目の甲子園] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:大吉 2015年3本目です。 【あらすじ】 県大会決勝の前日に部員の不祥事により、甲子園の夢を断たれた川越学院高校。 ある日、不祥事を起こした部員の娘の美枝(波瑠)が当… ...続きを見る
必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・...
2015/03/14 02:16
映画評「アゲイン 28年目の甲子園」
☆☆☆(6点/10点満点中) 2015年日本映画 監督・大森寿美男 ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2016/05/13 09:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『アゲイン 28年目の甲子園』('15初鑑賞9・劇場) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる