みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ゴーン・ガール』('14初鑑賞86・劇場)

<<   作成日時 : 2014/12/30 20:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 2




☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)
12月30日(火) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン1にて 15:00の回を鑑賞。


チェック:
結婚5周年に突如姿を消した妻を捜す男が警察の捜査やメディア報道に追い込まれ、さらに妻殺害の疑いを掛けられてしまう物語を描くスリラー。
アメリカの女性作家ギリアン・フリンのベストセラーをベースに、理想の夫婦が抱える秘密を暴く。

監督は、『ソーシャル・ネットワーク』などの鬼才デヴィッド・フィンチャー。主演はオスカー受賞作『アルゴ』など監督業でも活躍するベン・アフレック、妻には『アウトロー』などのロザムンド・パイクがふんする。

ストーリー:
ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は誰もがうらやむ夫婦のはずだったが、結婚5周年の記念日に突然エイミーが行方をくらましてしまう。

警察に嫌疑を掛けられ、日々続報を流すため取材を続けるメディアによって、ニックが話す幸せに満ちあふれた結婚生活にほころびが生じていく。
うそをつき理解不能な行動を続けるニックに、次第に世間はエイミー殺害疑惑の目を向け……。

(シネマトゥデイ)








2014年の劇場鑑賞作品の打ち止めはこの作品。
「イヤミス」(読んだあと いや〜な気分になるミステリー)の映画化。


原作は未読。
個人的に デビッド・フィンチャーの作品では『ファイト・クラブ』が一番だと思っていたんですが・・・



上映時間 2時間29分がまったく長く感じない、良質(?)のミステリーでした。
派手なアクション・シーンがあるわけではなく、地味〜な感じですが、そのストーリー展開でグイグイと観客をひきつけて放しません。


ミステリーですが、ホラーですね、これは。(^^;;


疾走した奥さん:エイミーを演じるのは、私お気に入りの女優さん ロザムンド・パイク。
トム・クルーズと共演した『アウトロー』ではやたら胸の谷間を強調しておりましたねぇ。


フィンチャー独特の陰鬱な映像美もさすことながら、無機質な音楽(ほとんどノイズに近い)も必聴。



----以下ネタバレあるかも?----





最初のうちは、夫に責任があるかのような見せ方で、観ている方も、「あ〜なるほどね、よくある展開だわ」などと思いながら観てるんだけども、中盤で早くもタネあかし。

ん? と観ていると、どんどんこちらの予想だにしない展開。


・・・・え? 
となって観ていると、事態はどんどん加速。 エイミーさん、あんた、いったい?!


エイミーさん、 あんた、恐ろしい女や・・・ という展開です。はい。


最初と最後に同じ場面が流れますが、印象が全く変わりますね〜。



一年の最後の最後、本当におもしろいと思える映画に出会いました。
ありがとうございました。



・・・・いや〜結婚なんてするもんじゃねーや。(^−^;









2014年/アメリカ/20世紀FOX/149分/シネスコ/
監督: デヴィッド・フィンチャー
原作・脚本: ギリアン・フリン
製作: リース・ウィザースプーン / ブルーナ・パパンドレア / レスリー・ディクソン

キャスト
ベン・アフレック
ロザムンド・パイク
ニール・パトリック・ハリス
タイラー・ペリー
キャリー・クーン
キム・ディケンズ





 ←よろしければ、クリックお願い致します♪



ゴーン・ガール 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2100-12-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ゴーン・ガール 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ゴーン・ガール/死ぬよりも恐ろしい
『ソーシャル・ネットワーク』や『ドラゴン・タトゥーの女』などで知られる鬼才・デヴィッド・フィンチャー監督作品。結婚5周年に姿を消した妻、その妻殺しの疑惑をかけられた男の真実を描くスリラーだ。疑惑の夫を『アルゴ』や『ザ・タウン』のベン・アフレックが、失踪した妻を『アウトロー』などのロザムンド・スパイクが演じた。全く先の読めない展開に引き込まれる。 ...続きを見る
MOVIE BOYS
2014/12/31 00:07
劇場鑑賞「ゴーン・ガール」
“結婚”とは… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2014/12/31 06:33
「ゴーン・ガール」 結婚とは・・・
物語が終わり、エンドロールに入ったところで満席の映画館の各所から「ふぅ・・・」と ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2014/12/31 12:09
『ゴーン・ガール』をトーホーシネマズ六本木7で観て、人間恐怖だふじき★★★
五つ星評価で【★★★凄い話である事は認めるが、そんなに好きではない】    争う双方の心理戦が来る! ...続きを見る
ふじき78の死屍累々映画日記
2015/01/11 21:38
映画:ゴーン・ガール Gone Girl  演出、キャステイング、音響ともにパーフェクト、で、.....
監督は、デヴィッド・フィンチャー。 フィンチャーといえば、「セブン」「ソーシャル・ネットワーク」「ドラゴン・タトゥーの女」とか… ヤバい作品ばかり! ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2015/01/12 09:49
ゴーン・ガール (Gone Girl)
監督 デヴィッド・フィンチャー 主演 ベン・アフレック 2014年 アメリカ映画 149分 サスペンス 採点★★★★ 知人に「ワタシ媚びれないんだよねぇ」と言いながらアッチの男性にクネクネー、コッチの男性にクネクネーと媚びまくり、“悪い子”をアピールしつつも実… ...続きを見る
Subterranean サブタレイニア...
2015/01/31 10:03
恐ろしき夫婦愛?
16日のことですが、映画「ゴーン・ガール」を鑑賞しました。 ...続きを見る
笑う社会人の生活
2015/03/30 22:09
「ゴーン・ガール」
とある女が失踪したからミステリー、と決めつけるよりもサスペンス・スリラーなんだな、これは。何故ってひたひたとぞくぞくと怖かったから。最初はニック(ベン・アフレック)の妻が失踪した事を巡って、妻エイミー(ロザムンド・パイク)の行方探し、誰が関与しているのか、などのミステリー仕立てになっているが、途中から加速度的にスリラーになっていく。アカデミー賞のノミネート(主演女優賞)もされたこの作品。面白かったし、すごいな、とは思ったけれど…。何かを深く考えさせられたり、衝撃を受けたりする事はない。ちらっと人... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2015/04/01 12:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
> ・・・・いや〜結婚なんてするもんじゃねーや。(^−^;

ふと、気が付いた。
もしかして、男同士の結婚なら、こういう恐ろしい事にならないのか?
そんなん婦女子大喜びやなあ。
ふじき78
2015/01/11 21:37
ふじき78さん>
コメントありがとうございます。(^−^)
腐女子のみなさんが喜ぶシチュエーションですね〜。(^^;
この映画、女子が観たらコメディで男子がみたらホラーですね。
みはいる・B
2015/01/12 14:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ゴーン・ガール』('14初鑑賞86・劇場) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる