みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『嗤う分身』('14初鑑賞77・劇場)

<<   作成日時 : 2014/11/26 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0




☆☆☆−− (10段階評価で 6)
11月8日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 16:55の回を鑑賞。


チェック:
ロシアの文豪フョードル・ドストエフスキーの著書を、ジェシー・アイゼンバーグ主演で映画化した不条理スリラー。
内気でさえない男の前に、見た目は全く同じながら性格は正反対のもう一人の自分が出現したことで、全てを狂わされていく男の姿を描く。

監督はコメディアンとしても活躍し、長編監督デビュー作『サブマリン』が高く評価されたリチャード・アイオアディ、ヒロインに『イノセント・ガーデン』などのミア・ワシコウスカ。
シュールな近未来的世界に、劇中歌として日本の昭和歌謡が流れる特異な世界観が異彩を放つ。

ストーリー:
要領が悪く存在感の薄いサイモン・ジェームズ(ジェシー・アイゼンバーグ)は周囲からまともに相手にされず、向かいの部屋に住む職場の同僚ハナ(ミア・ワシコウスカ)を望遠鏡でのぞくパッとしない毎日を送っていた。

そんなある日、彼と生き写しのような新人ジェームズ・サイモン(ジェシー・アイゼンバーグ)が入社してくるが、職場では誰もジェームズの存在に驚かない。容姿は同じでも性格は全然違うジェームズの登場により、サイモンは追い詰められていき……。

(シネマトゥデイ)







まさに世にも奇妙な物語。


最初から最後まで、薄暗くて閉鎖的空間。
閉所恐怖症には少々苦しいかも。

自分は恐怖症ではないのだが、それでも映画館を出たくなる衝動があった。
過去なのか未来なのか・・・どことなく『未来世紀ブラジル』にも近い雰囲気があった。

 

お話は、不条理劇というか・・・つまり、正直なところ なんだかよくわからない。


イギリス映画で当然英語での会話だが、なぜか日本の昭和歌謡(「上を向いて歩こう」「ブルー・シャトウ」など)が挿入曲として流れている。


こういう作品を観る時は、その時の精神状態が大きく作用するもの。


昭和歌謡が耳について、お話としては、何が言いたいのかはさっぱり解らん。

雰囲気を楽しむ?作品なのかもしれませんが、この作品の雰囲気は苦手であります。
でもドストエフスキーの原作には興味が湧いた。







2013年/イギリス/93分/ビスタ/
監督・脚本:リチャード・アイオアディ/
出演:ジェシー・アイゼンバーグ、ミア・ワシコウスカ、ウォーレス・ショーン/




 ←よろしければ、クリックお願い致します♪



二重人格 (岩波文庫)
岩波書店
ドストエフスキー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 二重人格 (岩波文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
嗤う分身〜回帰分析的ハッピーエンド
公式サイト。イギリス映画。原題:The Double。フョードル・ドストエフスキー原作、リチャード・アイオアディ監督。ジェシー・アイゼンバーグ、ミア・ワシコウスカ、ウォーレス・ショ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2014/11/25 22:10
嗤う分身
嗤う分身@西荻ターニング ...続きを見る
あーうぃ だにぇっと
2014/11/26 12:41
嗤う分身
厳しい束縛と管理体制が敷かれた世界の、“大佐” なる者が君臨する会社。 勤続7年なのに誰にも相手にされない青年サイモン・ジェームズは、ある日、見知らぬ男の飛び降り自殺を目撃する。 その後、サイモンと瓜二つの男ジェームズ・サイモンが、会社期待の新人として入社してきた。 だが不思議なことに、上司も同僚も、誰一人この状況に驚かない。 サイモンはますます影の薄い存在になっていくのだが…。 スリラー。 ...続きを見る
象のロケット
2014/11/28 13:58
嗤う分身
 イギリス  ドラマ&サスペンス  監督:リチャード・アイオアディ  出演:ジェシー・アイゼンバーグ      ミア・ワシコウスカ      ウォーレス・ショーン     ... ...続きを見る
風情♪の不安多事な冒険 Part.5
2014/11/29 10:46
嗤う分身/The Double
ある日、自分と同じ姿の人間が現れて、全てを奪っていく ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2014/11/30 23:24
嗤う分身 ★★★
ロシアの文豪フョードル・ドストエフスキーの著書を、ジェシー・アイゼンバーグ主演で映画化した不条理スリラー。内気でさえない男の前に、見た目は全く同じながら性格は正反対のもう一人の自分が出現したことで、全てを狂わされていく男の姿を描く。監督はコメディアンと... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2015/02/21 22:57
映画評「嗤う分身」
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2013年イギリス映画 監督リチャード・アイオアディ ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2015/12/20 09:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『嗤う分身』('14初鑑賞77・劇場) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる