みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『レッド・ファミリー』('14初鑑賞71・劇場)

<<   作成日時 : 2014/11/01 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 0




☆☆☆☆− (10段階評価で 8)
10月11日(土) シネリーブル神戸 スクリーン2にて 14:55の回を鑑賞。


チェック:
『アリラン』『嘆きのピエタ』などの鬼才キム・ギドクが、脚本、編集、エグゼクティブプロデューサーを務めた異色のドラマ。
家族を装って韓国に潜入する北朝鮮の工作員たちが、次第に階級の壁を乗り越えて奇妙な絆で結ばれていくさまを追う。

監督を務めるのは、本作が初の長編作となるイ・ジュヒョン。
『人形霊』などのキム・ユミ、『大韓民国1%』などのソン・ビョンホら実力派俳優が共演。
ハートウオーミングかつスリリングな物語の中に、南北分断の現状も垣間見える作品。

ストーリー:
誰もがうらやむ理想の家族を絵に描いたような一家。だがその正体は、母国からの密命を遂行するために韓国に潜入している北朝鮮の工作員チーム、サザンカ班だった。
表では仲むつまじい4人家族だが、玄関のドアを閉めると階級を重んじ、母国の命令を順守するスパイ集団となる。何かと押し掛けてくる隣人一家を資本主義の隷属者と見下しながらも彼らに憧れを抱き、互いの階級を忘れて家族的な絆を育むようになる4人。そんな中、メンバーの一人が母国に残した妻子が脱北に失敗したとわかり……。









今作を観る前に、キム・ギドク監督の『嘆きのピエタ』を鑑賞しました。
この監督がどういう作風なのか興味があったので。

この『レッド・ファミリー』はキム・ギドク脚本・編集・製作総指揮なので、監督ではありません。


冒頭、仲のいい家族が旅行中。途中、事故を起こして、事故車の写真をとりつつ、韓国の軍事施設をしれっと撮影。
家のおとなりさんは、いつもケンカをしている家族。愛想よく挨拶して、家に入ったとたん、「なんだあの事故の起こし方は!!」と激しい叱責が飛ぶ・・・といった具合に、ちょっとコメディの要素も入った作品です。


北朝鮮からのスパイ:サザンカ班の4人は仲のいい家族のようにふるまって諜報活動をしています。
となりの家族を資本主義の奴隷と罵りつつも、どこか、羨ましさも感じながら。


韓国映画らしく、殴る・蹴るといった暴力描写も相変らずエゲツナイです。
ですが、クライマックスの船上での場面は胸が締め付けられそうになります。


そうそう何度も観たいとは思いませんが、観て、損はない作品だと思います。







2013年/韓国/100分/ビスタ/
監督:イ・ジュヒョン/製作総指揮・脚本・編集:キム・ギドク/
出演:キム・ユミ、ソン・ビョンホ、チョン・ウ、パク・ソヨン/




 ←よろしければ、クリックお願い致します♪



嘆きのピエタ [Blu-ray]
キングレコード
2014-01-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 嘆きのピエタ [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レッド・ファミリー〜イムジン河水清く
公式サイト。韓国映画。キム・ギドク原案・製作総指揮、イ・ジュヒョン監督。キム・ユミ、ソン・ビョンホ、チョン・ウ、パク・ソヨン。韓国・ソウル郊外に“ブルジョア”?偽装家族 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2014/11/02 21:09
ギドク脚本作  『レッド・ファミリー』 不可能だと知りつつ夢見ること
 12月6日から最新作『メビウス』の公開が迫っているキム・ギドクが、脚本、編集、エグゼクティブプロデューサーを務めた作品。監督は本作が初の長編作となるイ・ジュヒョン。  出演はキム・ユミ、チョン・ウ、ソン・ビョンホ、パク・ソヨンなど。  第26回東京国際映画祭では観客賞を受賞した作品とのこと。 ...続きを見る
映画批評的妄想覚え書き/日々是口実
2014/11/06 22:00
レッド・ファミリー
娘のミンジ役のパク・ソヨンがなかなかに可愛かったなぁ。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2014/11/06 22:25
レッド・ファミリー
韓国在住の仲睦まじい理想的な4人家族。 実は彼らは、母国からの使命を遂行するために家族を演じている、北朝鮮工作員チーム“ツツジ班”だった。 彼らの隣に住むのは、くだらないことでケンカばかりしている、お節介なダメダメ韓国人一家。 工作員たちは「資本主義のバカどもが」と毒づきながらも、彼らに許されない憧れを抱いたり、監視し合いながらも共に暮らす偽家族に、少しずつ心を許していくのだが…。 サスペンス。 ...続きを見る
象のロケット
2014/11/07 13:13
疑似家族〜『レッド・ファミリー』
 RED FAMILY ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2014/11/07 19:38
「レッド・ファミリー」☆アリランを歌おう
予告編を見てからずっと気になっていた作品。 もっとコメディ色が強いのかと思ったら、案外大真面目だった。 ラストの止めようにも溢れ出る涙が抑えられず。 映画のあとに近くで仕事している友人とランチの約束をしていたのを、心から後悔したわ。 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2014/11/07 23:22
レッド・ファミリー/争えるのも自由だから
韓国の鬼才・キム・ギドク監督が脚本・編集・エグゼクティブプロデューサーを務めたドラマ。家族を装い韓国に潜入した北朝鮮の工作員4名が、隣家に影響を受けながら変わっていく姿を描いている。『人形霊の』キム・ユミ、『大韓民国1%』のソン・ビョンホらが出演。監督は今回が長編デビューとなるイ・ジョヒュン。昨年の東京国際映画祭の観客賞受賞作品だ。 ...続きを見る
MOVIE BOYS
2014/11/14 20:35
「レッド・ファミリー」(東京国際映画祭2013)
東京国際映画祭コンペティション作品。コンペの中では恐らくこの作品が一番注目度が高かったんじゃないかな。観客の期待度も。そして見事に観客賞を受賞。泣く子も黙るキム・ギドクが脚本、プロデュース。北朝鮮の知られざる諜報活動をベースにした話、と言えば、そりゃあもう、東京国際映画祭よありがとう!と言いたくもなる。イムジン川のほとり、北と南の国境で、夫婦と兄妹の普通の4人家族がいかにも観光、という体裁で、写真を撮ったり食事を楽しんだりしている。しかし、彼らは南に潜入した北のスパイであり、ひとたび家庭(を装っ... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2014/11/26 13:09
レッド・ファミリー
RED FAMILY 2013年 韓国 100分 サスペンス/コメディ 劇場公開(2014/10/04) ...続きを見る
銀幕大帝α
2015/04/05 14:55
レッド・ファミリー
【概略】 仲睦まじい家族を装うスパイチームは、隣家の日常を見てバカにしつつも、本当の家族に憧れる。ある時、夫役のスパイの妻が脱北に失敗したという情報が入り…。 サスペンス ...続きを見る
いやいやえん
2015/05/26 11:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『レッド・ファミリー』('14初鑑賞71・劇場) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる