みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』('14初鑑賞39・劇場)

<<   作成日時 : 2014/05/10 18:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0




☆☆☆☆★ (10段階評価で 9)
5月1日(木) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン4にて 15:20の回を鑑賞。


解説:
おバカなギャグと野放図なキャラクターでおなじみの幼稚園児野原しんのすけが父親たちによる革命に立ち向かう姿を描く、人気アニメ映画シリーズの第22弾。
父親の復権をもくろむ組織により父ひろしがロボットにされるも、しんのすけとロボットのひろしが巨大な陰謀を阻止すべく奔走する。

脚本を、劇団☆新感線の作家であり『仮面ライダーフォーゼ』シリーズなどの脚本も手掛ける中島かずきが担当。矢島晶子やならはしみきといったレギュラー声優のほか、武井咲とコロッケがゲスト声優として参加する。しんのすけとひろしの絆と奮闘に、心が突き動かされる。

あらすじ:
マッサージに行った父ひろしが、なぜかロボットになって帰ってくる。
リモコンで家事をこなす“ロボとーちゃん”にしんのすけは大喜び。

しかし、それは日本の父親たちの復権をたくらむ「父ゆれ同盟」の陰謀だった。
そして父親革命が発生し、父親たちが暴動を開始!

(シネマトゥデイ)









クレヨンしんちゃん劇場版の完成度の高さ(中には低いものもあるが)は承知していたので
今回はじめて劇場での(野郎独りでの)鑑賞でございます。(^^;


感動するとは数々のレビューを見ていたので解っていましたが、本当に感動してしまい
かなり涙が出てきました。(もともと涙もろいほうではあるが・・・)


ギャグのキレも非常によく、劇場内の老若男女は笑いに包まれておりました。


エステに行ってきて帰宅したとーちゃん(ひろし)がロボットになっていた・・・という
ありえんバカバカしい展開ながらも、家族を思う心は本物同様。


中盤の遠足(?)で建設中の都市の場面での、ロボひろしの園児救出場面は見どころのひとつ。
ハリウッド製アクションものにも負けない演出、すごいと思います。


そしてやはりラスト、五木ひろし型巨大ロボットとの戦いのあと
ボロボロになったロボひろしの姿を観た時に思わず、涙。


そして、ロボひろしがドラム缶を持ってきて、本物ひろしと腕相撲。
このあたりで号泣必至です。


とにかく、名作ですね。Blu-ray出たら迷わず買いの作品でした。


ちなみに、自分が初めて涙した作品はアニメの『フランケンシュタイン』でした。
ロボひろしに同じものを感じたゆえに、ボロボロの姿をみて、涙したのかもしれません。






2014年/日本/97分/ビスタ/
監督:高橋渉/脚本:中島かずき/原作:臼井儀人/
声の出演:矢島晶子、藤原啓治、ならはしみき、こおろぎさとみ/




 ←よろしければ、クリックお願い致します♪



映画 クレヨンしんちゃん バカうまっ! B級グルメサバイバル! ! [Blu-ray]
バンダイビジュアル
2013-11-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 映画 クレヨンしんちゃん バカうまっ!  B級グルメサバイバル! !   [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん
2014年 日本 97分 コメディ/アドベンチャー/ファミリー 劇場公開(2014/04/19) ...続きを見る
銀幕大帝α
2014/11/08 21:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』('14初鑑賞39・劇場) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる