みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『魔女の宅急便(2014)』('14初鑑賞22・劇場)

<<   作成日時 : 2014/03/04 21:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 0




☆☆☆−− (10段階評価で 6)
3月1日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:20の回を鑑賞。


解説:
宮崎駿によってアニメ化もされた、角野栄子の名作児童文学を原作にしたファンタジードラマ。
一人前の魔女になるための修行として、知らない町で1年間生活する13歳の少女キキがさまざまな出来事を通して成長するさまを見つめる。

監督は、『呪怨』シリーズの清水崇。
キキを演じるのは、オーディションで選出され、角野も太鼓判を押したという新星・小芝風花。
尾野真千子、宮沢りえ、筒井道隆といった豪華な顔ぶれの共演陣はもとより、原作の世界観を再現した美術や衣装にも注目。

あらすじ:
魔女の家系である少女キキ(小芝風花)は、13歳になったのを機に魔女になるための修行をすることに。
それは見知らぬ町で、1年間だけ生活するというものだった。

黒猫ジジと空飛ぶホウキに乗って旅に出た彼女は、海辺の町コリコへとたどり着く。
やがて、パン屋の女主人おソノ(尾野真千子)の家に居候し、宅急便屋を開業する。

つらい出来事があっても、母コキリ(宮沢りえ)に言われた笑顔を忘れずに働く中、空を飛びたいと願う少年とんぼ(広田亮平)と出会う。

(シネマトゥデイ)









ジブリアニメの印象が強すぎて、制作側も相当悩み苦労したであろう実写版。
観ている側は、どうしてもジブリアニメと比べてしまいますが、これは全くの別物としてみるべし。


監督が『呪怨』シリーズの清水崇と知って、かなり心配になりました。が・・・
主人公キキを演じる小芝風花ちゃんが、イメージにぴったり。


うまいこと見つけてきたね。(^-^)
”海の見える街” ロケは小豆島のようですが、思った以上に良い雰囲気です。
俯瞰の映像がいっぱいあって、日本でありながら、ファンタジックな雰囲気。美術スタッフ良い仕事している。


黒猫ジジと、子カバのCGは、もうちょっとがんばってほしいところ。
(ジジの声は『けいおん!』のムギちゃん)



物語は、原作を読んでいないのだが、こちらのほうが原作に近いのかな?
というのも、魔女が人間世界にやってきたことで、魔女を警戒する人たちがいて、必要以上に忌み嫌う人間もいて(動物園の飼育員とか)、そのことでキキはスランプに落ち込むわけです。
このあたり、個人的にはジブリアニメよりも深いと思った。


あと、挿入歌。タカミ・カラ演じるマツコ・デラックス・・・じゃなくてYURI。
なかなか良い楽曲&歌声で、サントラ欲しくなった。



クライマックスは飛行船じゃなくて、子カバを助けるため、嵐の中を飛行。
ホラー映画を演出していた監督の演出なので、ところどころホラーっぽく感じるところがありますね。

小さい子どもは、ちょっと怖がっていたね。(^^;;


観終わったあとは、これはこれで、良いんじゃないかと思いました。
名作アニメが先にあって、そのあとにそのイメージも保ちながらの良い仕事だと思います。

とにかく、小芝風花ちゃんが良い♪


ただし、そんなにヒットはしないと思うけど。(^^;;








2014年/日本/108分/ビスタ/
監督:清水崇/原作:角野栄子/音楽:岩代太郎/
出演:小芝風花、尾野真千子、広田亮平、山本浩司、新井浩文、吉田羊、寿美菜子、YURI、LiLiCo、浅野忠信、筒井道隆、宮沢りえ/




 ←よろしければ、クリックお願い致します♪



魔女の宅急便 [Blu-ray]
スタジオジブリ
2012-12-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魔女の宅急便 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(11件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『魔女の宅急便』(2014)
ジブリのアニメ版で有名な角野栄子の小説の実写化作品で、本編へのカメオ出演のみならず、自らナレーションも担当するという力の入れ具合。アニメは見ているけれど小説は読んだことなかったので、この映画版がどの程度原作小説に沿っているのかはわからないけれど、これ、意外とイケるやん。映画化決定の報を聞いた時から全く期待していませんでした。どうせよくある漫画・アニメ実写化の誰得な映画だろうと高を括ってました。正規料金を払うまでもない、サービスデーでの鑑賞が相応しい作品、そう思ってました。……いや、実際には今でも... ...続きを見る
【徒然なるままに・・・】
2014/03/04 22:03
映画「魔女の宅急便」
3月1日のファーストデーに、映画「魔女の宅急便」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2014/03/05 00:18
劇場鑑賞「魔女の宅急便」
届け物屋、始めました… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2014/03/05 07:01
魔女の宅急便
魔女の宅急便 新宿バルト9 3/1公開 ...続きを見る
単館系
2014/03/05 23:56
[映画『魔女の宅急便(2014)』を観た(寸評)]
☆予告編を見て、こりゃ、かなり「ヤバめ(不出来っぽい)」の作品だなぁ、と思いつつの鑑賞。  結果、ハードルを低くして見たので、それなりに楽しめました。  なお、私は、ジブリアニメの『魔女の宅急便』は未見です。^^;  この映画の一番感心する点は、アニメ版... ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッド...
2014/03/06 00:21
魔女の宅急便
CGがしょぼいなぁ。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2014/03/12 00:11
「魔女の宅急便(2014)」 好きなことが魔法になる
魔女は13歳になったら、魔女のいない街に行き、そこで1年間の修行をする。 そのし ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2014/03/15 23:43
魔女の宅急便  監督/清水 崇
【出演】  小芝 風花  尾野 真千子  宮沢 りえ  広田 亮平 ...続きを見る
西京極 紫の館
2014/03/16 20:36
[映画][☆☆☆★★]「魔女の宅急便」(2014年版)鑑賞
 1989年にスタジオジブリでアニメ映画化された、角野栄子原作の児童文学を、「呪怨」の清水崇監督、「おおかみこどもの雨と雪」の奥寺佐渡子脚本で実写映画化。 アニメ版は、言わずと知れた御大・宮崎駿監督の代表作の一つであると同時に、日本が世界に誇る傑作長編ア ...続きを見る
流浪の狂人ブログ〜旅路より〜
2014/03/23 19:36
魔女の宅急便
2014年 日本 108分 ファンタジー/ドラマ 劇場公開(2014/03/01) ...続きを見る
銀幕大帝α
2014/09/23 01:42
魔女の宅急便
【概略】 魔女の血を引く少女キキは13歳になり、一人前の魔女になるための決まりに従い、黒猫のジジとほうきに乗って旅に出る。やがて辿り着いた海辺の町コリコでキキを待ち受けていたのは、パン屋の女将おソノや、空を飛ぶことを夢見る少年とんぼら、個性豊かな住人たち。キキはおソノのもとに居候し、お届けもの屋「魔女の宅急便」を始めるのだが…。 ファンタジー ...続きを見る
いやいやえん
2014/09/26 09:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『魔女の宅急便(2014)』('14初鑑賞22・劇場) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる