みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『エンド・オブ・ザ・ワールド』('14初鑑賞16・WOWOW)

<<   作成日時 : 2014/02/14 15:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0




☆☆☆★− (10段階評価で 7)
2月9日(日) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。


解説:
『40歳の童貞男』のスティーヴ・カレル、『プライドと偏見』のキーラ・ナイトレイら実力派が共演を果たした異色ロマンス。
小惑星衝突による地球滅亡が迫っている中で妻の不貞を知った男が、隣人の女性を道連れにして真の愛を探る旅に出る。

スティーヴが地球滅亡を機に、真面目一筋でさえなかった人生を実りあるものに変えようとする主人公を好演。キーラも奔放なヒロインにふんし、随所で笑いを誘う。
ザ・ビーチ・ボーイズやホリーズなど、全編で鳴り響くポップスとロックの名曲も聴きものだ。

あらすじ:
小惑星の接近で、人類と地球の滅亡が決定的なものに。
保険セールスマンのドッジ(スティーヴ・カレル)は、何も言わずに姿を消した妻を追いもせず、律儀に出社しては単調な業務を続けていた。

そんな中、隣に暮らす自由奔放な女性ペニー(キーラ・ナイトレイ)が母国イギリスへ向かう最後の飛行機に乗れなかったと泣いているのを見掛ける。
それを機に初めて言葉を交わして妻の浮気を知るも、ペニーの家に間違って配達された自分宛ての郵便物から昔の恋人オリヴィアからの手紙を発見して狂喜。

生涯で最も愛した彼女のもとへ駆け付けようとするが……。

(シネマトゥデイ)







いつ劇場公開されたのか、よく知らないのですが、最初はDVDスルーの作品だと思っていました。

小惑星が地球に激突して人類がするまであと3週間に迫った状況。
さてさて、自分だったらどうするか?


壮大なSFっぽい設定ですが、描かれているのは、そういう状況下でも普通に生活する人々。
でも徐々に暴動がおきたり、やけを起こすものがいたり、ドラッグや乱交したりするものがいる状況。


映像的にも、『アルマゲドン』のような派手なものはまったくなく、状況が違えば、退屈なロード・ムービーにしかなりません。


それでも、最後の瞬間が迫った時は、自分はどうするやろ?と自問自答。
そういう意味では、良い作品なのかも。


キャスティングが良いので、深刻な話がぜんぜん、そう感じなくて、コメディっぽく最後まで観れました。


思ったよりも好印象ですが、確かにヒットはせんわなぁ〜と思える作品でした。







2012年/アメリカ/101分/シネスコ/
監督・脚本:ローリーン・スカファリア/
出演:スティーヴ・カレル、キーラ・ナイトレイ、メラニー・リンスキー、アダム・ブロディ/




 ←よろしければ、クリックお願い致します♪ 



エンド・オブ・ザ・ワールド Blu-ray
TCエンタテインメント
2013-06-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エンド・オブ・ザ・ワールド Blu-ray の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『エンド・オブ・ザ・ワールド』('14初鑑賞16・WOWOW) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる