みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 八重の桜 第49回「再び戦を学ばず」

<<   作成日時 : 2013/12/09 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0




大河ドラマ『八重の桜』のお時間です。
あらすじ・・・・


1890(明治23)年に教育勅語が発表されると、覚馬(西島秀俊)は天皇への忠義を課す一節に懸念を抱いていた。

そんな覚馬のもとに東京から健次郎(勝地涼)が訪ねてきた。
健次郎は兄・浩(玉山鉄二)に代わって川崎尚之助(長谷川博己)の会津戦記を仕上げるために、京都でどのように薩長と戦っていたかを覚馬に詳しい話を聞く。しかし、覚馬が薩長にも勤王の志はあったと語ったことに、健次郎も八重(綾瀬はるか)も激しく反論する。

その後、同志社の卒業生たちに不戦の精神を説いた覚馬は、荷を下ろし、安堵(あんど)したかのように病床に就いた。

(公式ホームページより)




前回の襄につづいて、あんつぁま覚馬さんもお別れの回。


世の中が日清戦争へと向かっていく状況。なんだか嫌な空気漂っています。
今回の肝は、覚馬が薩長にも勤王の志はあったと語ったこと。

そりゃそうですわなぁ、各々の立場で志があったわけですから。


それにしても、女優さんが晩年の演技でも若い姿のままっていうのが大河ドラマですが、最近では男優も若い姿のままっていうのは、どうなんでしょう。

松平容保さん、もっと老けメイクさせたほうがよろしいのでは?
個人的には女優さんもしっかり老けメイクしてほしいんですけどね。


いよいよ次回で最終回。
さて、どうまとめますか。見ものです。





 ←よろしければ、クリックお願い致します♪



八重の桜 3 (ジャンプコミックス)
集英社
竹村 洋平

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 八重の桜 3 (ジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大河ドラマ「八重の桜」第49回
みんな傍にいてくれる… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2013/12/08 20:19
大河ドラマ「八重の桜」 #49 再び戦を学ばず
襄が死んでしまい、 今週は・・・ ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2013/12/08 20:47
NHK大河ドラマ「八重の桜」第49回「再び戦を学ばず」
落葉して冬芽残せし偉業かな 我らが兄様山本覚馬様、今宵ついに・・・(涙) ...続きを見る
真田のよもやま話
2013/12/08 20:53
大河ドラマ「八重の桜」信念の人49再び戦争へ!覚馬は戦争への懸念を残して亡くなり八重は今できる事をし...
大河ドラマ「八重の桜」第49話は政府が清国と戦争になろうとする直前の状態で学生を徴兵し戦に備えようとするムードが国中に広まっていた。そんな中で同志社英学校では学生の入 ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2013/12/08 20:57
さらば覚馬 〜八重の桜・第49話『再び戦を学ばず』感想〜
同志社英学校は襄の意思を引き継いで開くと。 一方1890年、帝国議会が発布された一方で、教育勅語が教育に持ち出された。 『和魂洋才』を理念とする明治政府は、どうしてもドイツのように(あるいは本居宣長の国学に基づいたか)、天皇(あるいは皇帝)のもとで一体となって・・・という意向が強くなっていったのだろうか。 ...続きを見る
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
2013/12/08 21:01
「八重の桜」 第49回、再び戦を学ばず
大河ドラマ「八重の桜」。第49回、再び戦を学ばず。 山本覚馬の最期。 日本は日清戦争へと向かう。 ...続きを見る
センゴク雑記
2013/12/09 00:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
八重の桜 第49回「再び戦を学ばず」 みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる