みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『悪の法則』('13初鑑賞98・劇場)

<<   作成日時 : 2013/12/05 20:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 2




☆☆−−− (10段階評価で 4)
11月16日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 16:05の回を鑑賞。


解説:
マイケル・ファスベンダーにブラッド・ピット、ペネロペ・クルスにキャメロン・ディアスにハビエル・バルデムという豪華スターが共演した心理サスペンス。
欲望に駆られて裏社会のビジネスに手を出した弁護士とその仲間たちが、危険なわなにハマり否応なく堕(お)ちて行く姿を描き出す。

メガホンを取るのは『ブラックホーク・ダウン』などの巨匠リドリー・スコット。
セレブリティーたちを破滅へと追い込む謎の黒幕の存在はもとより、予想だにしないラストに驚がくする。


あらすじ:
メキシコ国境付近の町で弁護士をしている通称カウンセラー(マイケル・ファスベンダー)は、恋人ローラ(ペネロペ・クルス)との結婚も決まり人生の絶頂期にあった。

彼は実業家のライナー(ハビエル・バルデム)と手を組み、裏社会のブローカー、ウェストリー(ブラッド・ピット)も交えて新ビジネスに着手する。その仕事は巨額の利益を生むはずが……。

(シネマトゥデイ)










上記解説には”心理サスペンス”とありますが、サスペンス要素は殆どなくて、麻薬売買で一儲けたくらんだ”カウンセラー”がドツボにはまり、「組織」から自分だけでなく恋人やら協力者やらの命が奪われていく・・・状況を描いたもので、要は、「悪いことはしたらあきまへんで!!」・・・ってことを言いたい作品のようです。(^^;;


豪華キャスト無駄遣い!(^^;;


もう最初の方から、キャメロン・ディアスが「組織」の大ボスだとネタばれしてますので、あとは、登場人物がどういう悲惨な死に方するかを眺めるだけ。



ブラッド・ピットがワイヤーを首に巻かれて、機械でそのワイヤーを巻き取られ、動脈が裂けて血がドバー!!っとホラーのような場面もあり。でも、たけしの『アウトレイジ』を観てるので、インパクト弱いなぁ〜と思ったりしました。(^^;;


キャメロン・ディアスの開脚は、もうええ歳やのに、女優さんも大変やなぁ〜と妙に冷めた眼でみてましたし、映画の終わり方も、そこで終わりかいっ! とつっこんでしまいました。


しかし、メキシコの麻薬組織って、ほんと怖いのね・・・。


映画としては全然 面白くなかった。 批評家さんは最高傑作と言ってる方がいますが、わたくしは、これのどこが最高やねん、と言いたくなりました。


感性は人、それぞれですからね。(^^;;










2013年/アメリカ/118分/シネスコ/
監督:リドリー・スコット/脚本:コーマック・マッカーシー/
出演:マイケル・ファスベンダー、ペネロペ・クルス、キャメロン・ディアス、ハビエル・バルデム、ブラッド・ピット/



 ←よろしければ、クリックお願い致します♪



ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2012-09-14

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
劇場鑑賞「悪の法則」
その女、悪女… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2013/12/06 06:29
「悪の法則」 人と運命、獣と弱肉強食
本作が始まる時「劇中のスペイン語は制作者の意図により字幕が出ない」という内容のお ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2013/12/08 17:01
悪の法則
イマイチ面白みに欠ける。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2013/12/16 01:09
悪の法則
THE COUNSELOR 2013年 アメリカ 118分 サスペンス/犯罪 R15+ 劇場公開(2013/11/15) ...続きを見る
銀幕大帝α
2014/04/06 16:22
悪の法則
「黒幕は誰だ」という煽り広告が全然違う内容の話(黒幕が誰かなんてメインの話ではない)。小難しいと聞いていたが、そうでもなかった。しかも台詞回しがやたらと思わせぶりなのがなんだか嫌な感じだ。一瞬の隙で文言に翻弄されストーリーに追いつけなくなる。 婚約した恋人ローラとの幸せな生活のためにちょっぴり儲けようと思ったカウンセラーが、実業家のライナーにもちかけられて、麻薬取引の世界に入る。ウェストリーは麻薬取引の仲介人で、カウンセラーとライナーとウェストリーは大儲けしようとしたものの、何者かに運... ...続きを見る
いやいやえん
2014/08/02 08:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あ〜同じくです〜^^;
深読みしている批評をいっぱい読みましたが、そんな深い物じゃないやと…。
自分も豪華キャスト無駄遣いだと思いましたわ。
残念でした。
くう
URL
2013/12/05 20:52
くうさん>
コメントありがとうございます♪
アメリカでの評価もだいぶ悪いみたいですねぇ。
どうせなら、ブラピの首が派手にちぎれて、ホラー映画にすりゃ良かったのに・・・なんて思ったりしてます。(^^;;
みはいる・B
2013/12/06 21:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『悪の法則』('13初鑑賞98・劇場) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる