みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『永遠の0』('13初鑑賞106・劇場)

<<   作成日時 : 2013/12/23 12:57   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 20 / コメント 0

画像



☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)
12月21日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 12:45の回を鑑賞。


解説:
零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを、『ALWAYS』シリーズなどの監督・山崎貴が映画化した戦争ドラマ。
祖父の歴史を調べる孫の視点から、“海軍一の臆病者”と呼ばれたパイロットの真実の姿を、現代と過去を交錯させながらつづっていく。

主人公の特攻隊員役に、『天地明察』『図書館戦争』などの岡田准一。現代に生きる孫に三浦春馬がふんするほか、井上真央や夏八木勲など若手からベテランまで多彩な俳優が共演する。
生と死を描く奥深い物語はもちろん、サザンオールスターズによる心にしみる主題歌にも注目。


あらすじ:
祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵(岡田准一)の存在を聞いた佐伯健太郎(三浦春馬)。
進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した零戦パイロットだったという祖父のことが気に掛かり、かつての戦友たちを訪ねる。

そして、天才的な技術を持ちながら“海軍一の臆病者”と呼ばれ、生還することにこだわった祖父の思いも寄らない真実を健太郎は知ることとなり……。

(シネマトゥデイ)




画像




原作は未読。監督・脚本・VFXが山崎貴。実写版『宇宙戦艦ヤマト』でやらかしてしまったので、あまり期待せずに鑑賞。(^^;


まず最初に、一部には「戦争を美化している」「特攻隊を美化している」等々、言われてる方もおられますが、この映画を観てどこが美化してるのか、ご教示願いたいものです。


確かに、戦争の根本的原因を真正面から描いた作品には今までお目にかかったことはありません。
そういう作品が出ることを希望しております。


この作品は、否応なしに戦争に巻き込まれた側から描いている。登場人物たちは当時の日本の社会情勢のなかでの「正義」を信じて戦っていたわけで、少しでもそれに対しての疑問を口に出せば、回りから抹殺されてしまう状況です。


主人公:宮部久蔵さんは、愛する家族の為に、絶対死にたくない。
そのことを口に出すと、軍人でありながら命を惜しむのかと、回りから非難轟々、臆病者と罵られるそんな状況。


今現在我々の考え方・思想は通用しない、異常な状況の元、自らの思想を貫き、部下にも「命を大事にしろ、絶対生き抜け!」と訴える人物。

「お国の為に華々しく散る」ことが大義とされた時代にです。
登場人物も言っていますが、宮部さんは、臆病者ではなく、実は一番の勇気を持った人物なのです。





画像





宮部を演じた岡田准一くん(関西では大阪枚方出身ということで、スーパーヒラパーにいさん(^^;)個人的に、ジャニーズでは演技力が一番だと思っておりますが、素晴らしい演技でした。特に、眼差しが良いですね。ホントに良い眼をしています。大河『軍師官兵衛』にも大いに期待。


まわりを固める俳優陣も芸達者な面々ばかり。


現代パートでの、年老いた登場人物では、大御所揃い。


特に田中泯さんが演じたヤクザの親分は、凄まじいほどのド迫力でありました。
当時を振り返り、特攻に行く宮部機を援護するのが役目。自分の命にかえても宮部を守る、どんなことをしても・・・その眼力の物凄いこと!!熱くなります。


『戦場のエンペラー』『そして父になる』に続いて、遺作となった夏八木勲さんの渾身の演技にも注目。
完全に役になりきり、過去の姿(役者さんは当然別の人)と同一人物に見えてしまうから不思議です。
(多少ネタバレ事項なので、あいまいに書いてます。(^^;)



映画の構成は、ミステリーの要素もあり、過去の同じ場面が、その人物の主観によって別の場面に変わるのがお見事。原作通りなのかな?


また山崎さんお得意のVFXにより、「戦争映画としてのエンターテインメント」としての戦闘シーンも実にお見事でありました。
日本映画の「映像」レベルも上がってきたなぁと思える場面です。



ちょっと気になったのは、ラストシーンに至る場面で、孫の健太郎(三浦春馬)がゼロ戦に乗った宮部さんの幻影を観る場面があるのですが、その場面はいらんのちゃうかと思いました。なんかそこだけ、別次元に感じる。



この映画を観て好戦的と感じる人はいないと思うが、もしいたら、根本的な考え方を改める必要があると思う。

大義名分数あれど、やってることは「ただの殺し合い」。自分の家族は殺されるし、相手の家族を殺すことになる。こういうバカなことを昔やってた。今も世界のどこかでやってるという事実。今の政治家には、どうすれば戦争を起こさないで済むか、しっかり考えて頂きたいと思う。



総じて、彼らの犠牲の元に今の時代が築かれているのは確かなことで、宮部さんの言うとおり、どんなことがあっても「生き抜け!」というメッセージは深く心に刻みました。


観るべき映画です。







画像


2013年/日本/東宝/144分/シネスコ/
監督・脚本・VFX:山崎貴/原作:百田尚樹/音楽:佐藤直紀/
出演:岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、
田中泯、山本學、風吹ジュン、平幹二朗、橋爪功、夏八木勲/




 ←よろしければ、クリックお願い致します♪








永遠の0 (講談社文庫)
講談社
百田 尚樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 永遠の0 (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(20件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
永遠の0
130万部の同名の大ヒット小説の映画化。本日二本目。そして、今年(2013年)最後の作品です。 ...続きを見る
勝手に映画評
2013/12/23 16:59
映画『永遠の0』★「必ず戻る」〜永遠の約束〜
&nbsp; &nbsp; &nbsp; 作品について http://cinema.pia.co.jp/title/159874/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 &nbsp; 映画レビューです(ネタバレ表示ですがボカす) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id346152/rid215/p1/s0/c1/ &nbsp; &nbsp; 原作未... ...続きを見る
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)...
2013/12/23 18:40
永遠の0
命を生む零。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2013/12/23 19:54
映画 永遠の0
JUGEMテーマ:映画館で観た映画&amp;nbsp; ...続きを見る
こみち
2013/12/23 20:46
劇場鑑賞「永遠の0」
心に、生き続ける… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2013/12/24 06:38
永遠の0 ★★★★★
零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを、『ALWAYS』シリーズなどの監督・山崎貴が映画化した戦争ドラマ。祖父の歴史を調べる孫の視点から、“海軍一の臆病者”と呼ばれたパイロットの真実の姿を、現代と過去を交錯させながらつづっていく。主人公の特攻隊員役に... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2013/12/24 20:04
命の重さ、尊さ。〜「永遠の0」〜
永遠の0 (講談社文庫)百田 尚樹 講談社 2009-07-15売り上げランキング : 4Amazonで詳しく見る by G-Tools 私がまだバイトしてた頃からこの本はめっちゃ売れてた。 映画化でさらに拍車がかかってるけど、輪をかけて 原作者のテレビ出演が半端ないね。三谷幸喜よかすごい... ...続きを見る
ペパーミントの魔術師
2013/12/26 12:07
映画「永遠の0」
映画「永遠の0」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2013/12/26 21:49
永遠の0  監督/山崎 貴
【出演】  岡田 准一  三浦 春馬  井上 真央 ...続きを見る
西京極 紫の館
2013/12/28 11:50
『永遠の0』
□作品オフィシャルサイト 「永遠の0」□監督 山崎 貴□脚本 山崎 貴、林 民夫□原作 百田尚樹 □キャスト 岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田 岳、新井浩文、染谷将太、       三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中 泯、山本 學、風吹ジュン、       ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2013/12/28 13:41
「永遠の0」祖父の生きた足跡を知った先にみた生き抜く努力の先に本当に守るべき者たちの姿がある事を残さ...
「永遠の0」は2004年に祖母を亡くした孫の娘と息子がかつて祖母の夫であった祖父の太平洋戦争での足跡調べていく事でかつて祖父がどんな人物であり、何を託して行ったのかを知 ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2013/12/29 07:08
「永遠の0」 戦争を語り、戦争を聞く
太平洋戦争が終結し、すでにもう65年以上の月日が経っています。 あの戦争を経験し ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2013/12/29 08:57
永遠の0 : 人を愛すること、時代を繋いでいくこと…。
 私の年になると、師走は何故か落ち着きません。仕事の方は峠を越しているのですが、何なんでしょう。では、本日紹介する作品はこちらになります。 ...続きを見る
こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
2013/12/30 10:13
[映画][☆☆☆★★]「永遠の0」感想
 発行部数累計300万部を越えるベストセラーにして、百田尚樹のデビュー小説を、「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督、「天地明察」の岡田准一主演で映画化。太平洋戦争時、周囲から「臆病者」の謗りを受けながら、愛する妻と子の元へ帰るため、何よりも生きる事に執着 ...続きを見る
流浪の狂人ブログ〜旅路より〜
2013/12/30 21:24
永遠の0
これは戦争ものじゃなくて、ヒューマンドラマでしょうね。 司法試験に落ちて進路に迷う健太郎は、祖母の葬儀の日に驚くべき事実を知らされる。実は祖母にはなくなった夫がいて再婚だったというのだ。 本当の祖父の名前は、宮部久蔵。60年前の太平洋戦争で零戦パイロットとして戦い、終戦直前に特攻攻撃により帰らぬ人となっていた。やがて宮部の事を調べていくに連れて、彼の生き様と真実に直面する事になるのだが…。 これはもう〜〜〜〜岡田君映画でしょう!穏やかな人物像と圧倒的なイケメンぶりが儚さも生んで、ラス... ...続きを見る
いやいやえん
2014/01/02 10:45
永遠の0
さて、こちら年末年始の戦争もの映画ですね 私は数年前に原作をすでに読んでいて、今回の映画も楽しみにしていました ちなみに原作の感想はこちら 読んだのが数年前だったため細部はうろ覚えでの鑑賞でした ...続きを見る
にきログ
2014/01/05 21:26
永遠の0 2Hドラマ(中身60分)で良かったかな。
【今年1本目】 妻と約束していたので今年最初の映画はこれになった、ファーストディで109シネマズ湘南。 元旦のテラスモール湘南はすっごい大賑わい、孫への買い物をしたり、あらと&うっちーとこの王子への出産祝いをむちゃくちゃ思い入れ込めて(妻には「それでええのん?」っと言われながら)購入し、などなど次世代育成モードな我が夫婦は、この映画を観た。 (ちなみに、この映画が「よかった、感動した... ...続きを見る
No War,No Nukes,Love...
2014/01/07 11:39
永遠の0
 『永遠の0』を吉祥寺オデヲンで見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2014/01/17 06:17
映画「永遠の0」レビュー(岡田准一、海軍航空隊一の臆病者と言われた男の真実)
映画「永遠の0」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタ ...続きを見る
翼のインサイト競馬予想
2014/08/16 22:18
『海賊とよばれた男』('16初鑑賞109・劇場)
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 12月10日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:25の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2016/12/23 11:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『永遠の0』('13初鑑賞106・劇場) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる