みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『天地明察』('13初鑑賞95・WOWOW)

<<   作成日時 : 2013/11/30 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0




☆☆☆★− (10段階評価で 7)
11月3日(日) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。


解説:
『おくりびと』で第81回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した滝田洋二郎監督が、冲方丁原作の時代小説を映画化した娯楽大作。
江戸時代前期、800年もの間国内で使用されてきた中国の暦のズレを正し、日本独自の暦作りに専念した実在の人物安井算哲の半生を描く。

算術と星に熱中する主人公を『SP』シリーズの岡田准一が演じ、その妻役を宮崎あおいが務める。
大志を胸に抱き、何度も失敗を重ねながらもあきらめない男の心意気に感動。

あらすじ:
太平の世が続く江戸時代、算哲(岡田准一)は碁打ちとして徳川家に仕えていたが、算術にもたけていた。
もともと星を眺めるのが何よりも好きだった彼は、ある日 会津藩主の保科正之(松本幸四郎)の命を受け、北極出地の旅に出ることになる。
算哲らの一行は全国各地をくまなく回り、北極星の高度を測り、その土地の緯度を計測するという作業を続け……。

(シネマトゥデイ)







鑑賞してから、1ヶ月が経過。
なので、記憶をたどりながらの簡単な感想でございます。(^^;


「暦(こよみ)」を修正することがこれほどまで大変なことだったとは!
当時の算術やら天文学やらを駆使して、自分の足で日本全国をくまなく歩きに歩き、計測して、計算して、歩きに歩き、計測して計算して・・・の気の遠くなる作業の繰り返し。

さらにそれだけでなく、公家たちの権力争いにも巻き込まれ、命をも狙われて、それでも、正しい:真実の暦を探求する、何年もかけて、そういう気の遠くなる作業:努力を続けてこられた方たちのおかげで、今の我々の生活が成り立っているんですねぇ。


そういうことが分かっただけでも、この映画は観る価値があるかも。


正直なはなし、岡田くんのヅラ姿はあまり似合ってない。でこがぼこっと出てるんやね。
宮崎あおいは、安定してますね。


他の方もそうなんですが、男性陣のヅラのクオリティーが低いですな。(^^;
こういうところに、もうちょっと力入れてほしいものですが。


あとは、やっぱり 久石譲さんの音楽。 
メロディーがずーっと耳にこびりついています。(*^^*)










2012年/日本/141分/シネスコ/
監督:滝田洋二郎/原作:冲方丁/
出演:岡田准一、宮崎あおい、佐藤隆太、市川猿之助[4代目]、横山裕/




 ←よろしければ、クリックお願い致します♪




天地明察 ブルーレイ豪華版 [Blu-ray]
角川書店
2013-02-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 天地明察 ブルーレイ豪華版 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
試写会「天地明察」
天は知れば知るほど、奥が深い… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2013/12/01 17:40
天地明察(2012-123)
天地明察 MOVIX川口 ...続きを見る
単館系
2013/12/01 21:56
「天地明察」 宮アあおい論
冲方丁さんの小説「天地明察」が「おくりびと」の滝田洋一郎監督で映画となりました。 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2013/12/01 22:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『天地明察』('13初鑑賞95・WOWOW) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる