みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『マン・オブ・スティール』('13初鑑賞80・劇場)

<<   作成日時 : 2013/09/15 12:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 0




☆☆☆☆− (10段階評価で 8)
9月1日(日) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 15:30の回を鑑賞。


解説:
クリストファー・ノーラン製作、ザック・スナイダーが監督を務めたスーパーマン誕生までの物語を紡ぐアクション大作。
過酷な運命を受け入れ、ヒーローとして生きることを決意する主人公の苦難の日々を驚異のアクションと共に描き出す。

『シャドー・チェイサー』などのヘンリー・カヴィルが主人公を熱演。
悩んだり傷ついたりしながらも前進する主人公の姿が目に焼き付く。


あらすじ:
ジョー・エル(ラッセル・クロウ)は、滅びる寸前の惑星クリプトンから生まれたばかりの息子を宇宙船に乗せて地球へと送り出す。

その後クラーク(ヘンリー・カヴィル)は、偶然宇宙船を発見した父(ケヴィン・コスナー)と母(ダイアン・レイン)に大事に育てられる。そして成長した彼は、クリプトン星の生き残りのゾッド将軍と対峙(たいじ)することになり……。

(シネマトゥデイ)








クリストファー・ノーラン製作ということで、また『ダークナイト』みたく、暗く重苦しい作風になるんちゃうかと危惧しました。(個人的には『ダークナイト』は低評価。暗く重くすれば良いってもんでもねぇだよ)


ダークな作風は観てて疲れます。
特にスーパーマンを重苦しくしてどないすんねん、って思ってますから。

・・・しかし、なかなか良いバランスで仕上がっており、ただの危惧で終わって良かった。
ユーモアは全くと言ってなかったけど。


少年時代の、父親(ケビン・コスナー)との交流をもっと描いても良かったのではないかと思います。
クライマックスのスペクタクル・シーンはちょっと長すぎるので、削っても良かったんちゃうか。


最近のハリウッド大作の傾向として、アクション・シーンを無駄にダラダラと見せすぎだと思うので。
(特に『トランスフォマー』あたりからその傾向が強い)


今回のスーパーマンは結構濃い顔ですよね。演じるのはヘンリー・カヴィル。
実を言うと英国人。最近では『インモータルズ』が印象に残っています。




さすがに、ジョン・ウィリアムズのテーマ曲は使われず、ハンス・ジマー作曲による今作のためのテーマ曲が使われていました。

映画作風にすごく合っていたと思いますが、ハンス・ジーマーの作風としては、すでにマンネリ感もあり、そろそろ思い切った作風の変化が必要かなと 勝手に思っております。(^^;;



映像技術の進歩で、クライマックスの都市崩壊&クリプトン星人同士の派手な格闘シーンは見応えのあるものでした。日本では同時期公開の『スタートレック イントゥ・ダークネス』のクライマックスとイメージが似通った部分があり、(完全に9.11のテロ事件を連想させる映像)、アメリカ人の心に暗い影を落としているのが観てとれます。


さて、既に次回作の製作が決定して、今度はバットマンとの共演。(演じるのはベン・アフレック)



果たして、どうんな作品になるのか、大いに期待したいところです♪










2013年/アメリカ/ワーナー映画/143分/シネスコ/
監督:ザック・スナイダー/脚本:デヴィッド・S・ゴイヤー/音楽:ハンス・ジマー/
出演:ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケヴィン・コスナー、ダイアン・レイン/





 ←よろしければ、クリックお願い致します♪




マン・オブ・スティール オリジナル・サウンドトラック
SMJ
2013-06-26
ハンス・ジマー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マン・オブ・スティール オリジナル・サウンドトラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(11件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
劇場鑑賞「マン・オブ・スティール」
あなたは、奇跡を起こした… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2013/09/15 12:53
■マン・オブ・スティール
第320回「スーパーマンの冠を外したことは吉と出るか、凶と出るか?」 アメリカには2大コミックメーカーがある。「スパイダーマン」や「アイアンマン」「X−メン」などを抱える「マーヴェル社」と「バットマン」や「グリーン・ランタン」「スーパーマン」を抱える「D... ...続きを見る
しんちゃんの徒然なる映画日記
2013/09/16 01:24
「マン・オブ・スティール」 人類は成長することができるのか
なかなか感想を書きにくい作品だなと思いました。 今までのアメコミのヒーロー映画と ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2013/09/16 11:10
マン・オブ・スティール ★★★★★
クリストファー・ノーラン製作、ザック・スナイダーが監督を務めたスーパーマン誕生までの物語を紡ぐアクション大作。過酷な運命を受け入れ、ヒーローとして生きることを決意する主人公の苦難の日々を驚異のアクションと共に描き出す。『シャドー・チェイサー』などのヘン... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2013/09/16 20:02
マン・オブ・スティール
スーパーマンって目からビーム出るんだ!知らなかったよ! ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2013/09/17 01:13
映画:マン・オブ・スティール Man of Steel 今作一押しは=エイミー・アダムス、という結論...
なんたって製作は、クリストファー・ノーラン(「バットマン3連作) で監督は、ザック・スナイダー(「300」「ウォッチメン」「エンジェル ウォーズ」) 凄いメンツ。 ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2013/09/30 02:31
映画「マン・オブ・スティール」闘いのシーンがスーパー眩しくてよく分からない
映画「マン・オブ・スティール」★★★★ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス ケビン・コスナー、ダイアン・レイン ラッセル・クロウ、ローレンス・フィッシュバーン出演 ...続きを見る
soramove
2013/10/04 07:42
『マン・オブ・スティール』お薦め映画
己の正体と使命を知らぬまま放浪の旅を続けていた青年にようやく時が来た。ひとたび空を飛べば、ああ、スーパーマンだと思う。マントをヒラヒラさせながら、何の迷いもない表情で真っ直ぐ飛ぶ姿に胸が熱くなる。どんなことがあってもひねくれない、素直すぎる性格が泣かせ… ...続きを見る
作曲♪心をこめて作曲します♪
2013/10/14 21:31
マン・オブ・スティール
MAN OF STEEL 2013年 アメリカ 143分 アクション/SF/アドベンチャー 劇場公開(2013/08/30) ...続きを見る
銀幕大帝α
2013/12/20 02:12
マン・オブ・スティール
海外ドラマ「ヤングスーパーマン」を(途中まで)見てるからか途中まではなんか違和感あったわ(笑) やはり、地球の父母ジョナサンとマーサ・ケント夫婦の普通の倫理観から正義感が培われているんだなあ。育ての親って重要よね(ヤンスパではまたジョナサンがかっこいいんだ)。 これは、スーパーマンだけどまだスーパーマンになっていない、前日譚のお話。自分の能力への葛藤と出生への戸惑いがよく出ていて、戦う事に慣れていないまだ初々しい超人的な力を持つ宇宙人の話だ。 ヒーローを人間的に捉えなおし、物語をシ... ...続きを見る
いやいやえん
2013/12/20 09:05
マン・オブ・スティール
601 : 名無シネマ@上映中 : 2013/08/30(金) 15:09:17.92 ID:4lRGMnWVケビンコスナーとダイアンレインが一番良かったね。確かに最後のバトルはくどすぎたかも。カツ丼と牛丼を2つ食べる感じ。で ... ...続きを見る
映画大好きだった^^まとめ
2014/07/16 07:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『マン・オブ・スティール』('13初鑑賞80・劇場) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる