みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 八重の桜 第28回「自慢の娘」

<<   作成日時 : 2013/07/15 00:05   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 12 / コメント 4




大河ドラマ『八重の桜』のお時間です。
あらすじ・・・・・・



ついに鶴ヶ城に程近い小田山から砲撃が届き始める。
竹子(黒木メイサ)の死を悲しむ間もなく、八重(綾瀬はるか)は尚之助(長谷川博己)と共に四斤山砲を操って反撃を試みる。その砲弾は見事敵陣に命中。しかし、敵からの砲撃は激しさを増すばかりだった。


そんななか、八重は着弾した砲弾に、濡れた着物を被せて爆発を未然に防ぐという荒技をやってのける。
その様子をかいま見た容保(綾野剛)は、八重を陣所に呼び出して、砲弾の構造を説明させる。
しかしその後、八重の荒技が思わぬ悲劇を生むことになり…。

(公式ホームページより)




まだ会津戦争の場面続けてます。

なんか観てるとイライラしてきました。

どこまで史実か解りませんが、ドラマの演出の仕方が個人的にどうも合わないようです。

鉄砲の玉を子供らに和気あいあいと作らせる演出ってどうやねん。

史実ですか? もしそうなら会津が負けるのも解る。

主人公:八重さんにも、ちっとも感情移入できない。

前に八重さんのことを思慮に欠けると批判してしまいましたが、やっぱりそう思ってしまう。

史実なら仕方ないんですけどね。

大砲の玉の爆発を防ぐやり方、教えたらあかんでしょ。絶対、犠牲者出るんやから。

こういう時は、とにかく遠くに逃げろ!でしょ。あほちゃうかと思います。

すんません。またお叱りを受けるかも。でもそう思ったのは事実です。

佐川官兵衛が寝すごすのも史実? 負けるのも当然。

あ〜も〜観ててイライラする。まだ会津戦争の場面続くんですか。

このドラマが好きな人にはすみません。

前年の『平清盛』、ごっつい批判が多かったですが、私は好きでした。

今回のドラマは 生理的に受け付けない部分があります。

でも、最後まで観るつもり。

読んでいただきありがとうございました。

あくまでも、個人的な「ドラマ」の感想なんで、異論反論、あったとしてもスルーします。





 ← クリックお願いします♪



NHK大河ドラマ「八重の桜」オリジナル・サウンドトラック II
commmons
2013-07-31
坂本龍一 | 中島ノブユキ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by NHK大河ドラマ「八重の桜」オリジナル・サウンドトラック II の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(12件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大河ドラマ「八重の桜」第28回
総攻撃開始… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2013/07/14 20:37
【八重の桜】第28回 「自慢の娘」感想
八重(綾瀬はるか)は、新政府軍の大砲による攻撃が始まったのを知り、尚之助 (長谷川博己)の元へ駆け寄る。 そして、尚之助とともに山砲を操って反撃を試みる。 砲弾は見事に命中。しかし、敵からの砲... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2013/07/14 20:49
大河ドラマ「八重の桜」信念の人28八重の発案で銃弾を確保したものの更なる砲撃を受けて会津は次第に窮地...
大河ドラマ「八重の桜」第28話は籠城戦を続ける中で竹子らの戦死を八重らは知りショックを受けるがショックを受けている暇はなかった。新政府軍は小田山から砲撃を受けるように ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2013/07/14 20:50
NHK大河ドラマ「八重の桜」第28回「自慢の娘」
八重様こと、八重たんこと、綾瀬はるか様!前番組の「ダーウィンが来た!」までも席巻されて!大活躍じゃないですか!これはもう、てこ入れとかそういうのを「はるか」に越えた大活躍!しかもこの後の八重の桜も見てくなんしょって、いやああ、ここまでやられますか、てんてん天下のケチケチケー! ...続きを見る
真田のよもやま話
2013/07/14 20:53
八重の桜 第28回 「自慢の娘」
あれ? なんだか今日のはツナギ回だったような。 ...続きを見る
青いblog
2013/07/14 20:58
『八重の桜』第28回
自慢の娘 ...続きを見る
悠雅的生活
2013/07/14 21:01
「八重の桜」 第28回、自慢の娘
大河ドラマ「八重の桜」。第28回、自慢の娘。 鶴ヶ城での籠城戦が続きます。 はいはい。八重さん大活躍ですね。・・・という第28回。 ...続きを見る
センゴク雑記
2013/07/14 21:56
八重の桜 第28回「自慢の娘」
鶴ヶ城の篭城は続き、ますます戦況は厳しくなっています。恭順を進言するも受け入れられなかった西郷頼母は、城を去ってゆきます。入るのには厳しかった城も、出るときは 案外と簡単なものなのか・・・ ...続きを見る
風のうわさ
2013/07/14 23:15
大河ドラマ「八重の桜」 #28 自慢の娘
追い詰められる会津。 弾が切れてき始めた八重の銃。 頼母は城を追われ・・・。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2013/07/15 08:54
【八重の桜】第28回感想と視聴率「自慢の娘」
【第28回の視聴率は、7/16(火)追加予定】「自慢の娘」官兵衛、朝駆けする筈だったのに、寝坊(汗)情けないですね(汗)誰かもっと早く起こしてあげれば良かったのに(^^;)長命... ...続きを見る
ショコラの日記帳
2013/07/15 21:36
八重の桜 第28回「自慢の娘」
今回は、次回からの大きな流れの前のほんの少しの隙間といった雰囲気のなか、物語は八重の決死の戦いと頼母との悲しい別れ、そして佐川官兵衛が中心になります。頼母については、容保が会津にやってきた頃から... ...続きを見る
ともさんのふむふむ大辞典
2013/07/15 23:51
戦の果てに・・・ 〜八重の桜・自慢の娘感想〜
八重が夜襲を仕掛けた次の日、頼母は会津城を去る。 秋月悌次郎が言うように、こういう皆が一同玉砕を唱えている中で、恭順論を唱える方が勇気があるとのこと。 そりゃあそうだわな。 ともあれ、何が正しい... ...続きを見る
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
2013/07/17 20:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
解りますよ。
ウチも八重かっけー、とワクワク見れませんもん。
女子供が城内で砲弾を作っていたのも佐川の遅刻も史実です。
…が、おっしゃる通り、そんなんだから負けてしまうのだと思います。
元々、勝ち目ないのを無理やりやっているわけだし…。
だからイライラするのかも知れません^^;
清盛、私も好きでしたよ^^
今でも各シーンを懐かしく思い出します。
くう
URL
2013/07/14 20:53
くうさん>
ほんと、すみません。
今回のは、脚本・演出・役者の演技 全てにおいて、どこか鼻につきます。
八重さんみてたら、思いっきりぶん殴りたくなってきました。
作品として、軸がぶれてる感じがするんですよねぇ。。。
(−−;;
みはいる・B
2013/07/15 11:04
ブログの管理者の方まだ若い方なのでしょうか、演出を批判するには見る目が浅いように感じます。

一例をあげると
>大砲の玉の爆発を防ぐやり方、教えたらあかんでしょ

教えないと、やらないと、炸裂弾だから加害半径が広すぎて逃げられません。
速く走れない子供や年寄りを守ることができません。

命がけで焼玉押さえをやらなければいけなかった理由は、とても簡単な理屈だと思いますが?
うわべだけを見て「あほ呼ばわり」しているように思えて、読んだ方から「お叱りを受ける」のもこれでは仕方ないかと。
驚きました
2013/07/15 18:06
驚きました さん>
ここに書いていることが、私の純粋な感想です。
「驚きました」さんが感じたこと、私が感じたこと、人それぞれでしょう。
「驚きました」さんかこの感想を読んで感じられたことは了解しました。
あなた様がどう思われようと自由ですので、私も自由に感想を書かせていただきました。あえて、汚い言葉を使うこともあります。
ちなみに、私はけっこうええ歳してます。(^^;
みはいる・B
2013/07/16 21:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
八重の桜 第28回「自慢の娘」 みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる