みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『終戦のエンペラー』('13初鑑賞68・劇場)

<<   作成日時 : 2013/07/28 14:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 19 / コメント 0




☆☆☆☆− (10段階評価で 8)
7月27日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン5にて 15:50の回を鑑賞。


解説:
岡本嗣郎のノンフィクション「陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ」が原作の歴史サスペンス。
進駐軍を率いて終戦直後の日本に降り立ったマッカーサー元帥から、太平洋戦争の責任者追究を命じられた男が衝撃の事実にたどり着く姿を息詰まるタッチで追う。

監督に『真珠の耳飾りの少女』『ハンニバル・ライジング』のピーター・ウェーバー、出演に『メン・イン・ブラック』シリーズのトミー・リー・ジョーンズ、日本を代表する俳優西田敏行ら、国内外の実力派が結集。
終戦をめぐる謎の数々に肉迫した物語に加え、日米の名優たちが見せる妙演も見ものだ。


あらすじ:
1945年8月30日、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の司令官としてダグラス・マッカーサー元帥(トミー・リー・ジョーンズ)が日本に上陸。
彼は日本文化に精通している部下ボナー・フェラーズ(マシュー・フォックス)に、太平洋戦争の真の責任者を探し出すという極秘任務を下す。

わずか10日間という期限の中、懸命な調査で日本国民ですら知らなかった太平洋戦争にまつわる事実を暴き出していくボナー。
ついに最大ともいうべき国家機密に近づくが、彼と敵対するGHQのグループや日本人たちの一団が立ちはだかる。

(シネマトゥデイ)










いち日本人として、ものすごく興味深く鑑賞しました。
戦争の責任が昭和天皇にあるか、ないか。


非常に重いテーマに、アメリカ人男性と日本人女性の恋愛物語を絡めて、実に解りやすく
まとめた良作だと思います。
こういう歴史ミステリーものは2時間超えるものが普通ですが、今作は短めの107分。


映画冒頭では、テニアン飛行場から原子爆弾を積んで飛び立つ爆撃機B29の記録映像から始まり
広島・長崎の原爆投下の場面を映して、日本が降伏。日本に向かう飛行機内の場面に移ります。


あらすじにある通り、主人公ボナー・フェラーズ准将は、マッカーサー元帥から10日間でこの戦争の真の責任者を割り出し、天皇にその責任があるか・ないか を調べる極秘任務を受けます。


私自身も良く知らないことばかりで、冒頭から作品の世界に没頭しました。



作品としては、日本人の役を、ちゃんとした日本人俳優が演じていたのが良かった。(^^;
アメリカ映画でありがちな、変な日本人は皆無です。

また変な日本描写もなく、ちゃんと歴史考証してくれたのが良かった。


フェラーズ准将の通訳兼ガイドとして登場する、日本人のタカハシ(羽田昌義)が
地味ながら良い役柄です。
フェラーズ准将が皇居に押しかけて、皇居前で警備する憲兵にアメリカ人らしく単刀直入に
言い放った英語を、タカハシさんが日本人らしく丁寧にやわらかく、あいさつ言葉を追加して、
翻訳する場面がすごく印象に残ってしまいました。

こういう細やかな心遣いが日本人らしいところですね。


既にお亡くなりになった夏八木勲さん、西田敏行さんの演技も日本人として誇れるレベルです。
西田さんが演じた鹿島大将が、自分の行った沖縄やサイパンでの出来事を「人間性を失っていた・・・」と後悔する場面も深く印象に残りました。


昭和天皇役の片岡孝太郎さん、イメージ通りの天皇でした。
マッカーサーとの対面の場面、天皇に対して、してはいけないこと(目線を合わせるな・身体にふれるな 等々)を一切無視して、マッカーサーは天皇に握手を求め、有名な写真を撮ります。


そして、天皇がたどたどしい英語で、マッカーサーに語る場面、自然と涙が出てきました。



マッカーサー役のトミー・リー・ジョーンズは貫録の演技。文句なしです。
フェラーズ准将役のマシュー・フォックスも好感持てますね。


そしてなによりも、アヤ役の初音映莉子、控えめで清楚な感じが素晴らしいですね。
これから、ますます活躍してほしいと思います。



この作品で描かれていることが全てではありません。
この作品を観て、この時代の世界や日本人がどういう状況で、どうやって生きてきたのか
考えるきっかけになれば、それで良いと思います。


特にこの夏は 『風立ちぬ』や『少年H』など、同時代を舞台にした作品が公開されるので
映画の登場人物のそれぞれの立場での生き方が追体験できます。



映画を観て 隣国:中国や韓国などの今の状況を考えるのも良い機会かもしれませんね。









2012年/アメリカ、日本/107分/シネスコ/
監督:ピーター・ウェーバー/原作:岡本嗣郎/脚本:デヴィッド・クラス 、ヴェラ・ブラシ/
出演:マシュー・フォックス、トミー・リー・ジョーンズ、初音映莉子、西田敏行、羽田昌義、火野正平、中村雅俊、夏八木勲、桃井かおり、伊武雅刀、片岡孝太郎、コリン・モイ/




 ← クリックお願いします♪



真珠の耳飾りの少女 [Blu-ray]
アミューズソフトエンタテインメント
2013-06-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 真珠の耳飾りの少女 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(19件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画『終戦のエンペラー』★夏八木勲さんの格調高さに本質を見た気がします。
&nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; 作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161669/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 &nbsp; &nbsp; 小学校のときに、先生から 「天皇陛下は、自分は死んでもいいから国民を助けてくださいって、アメリカに言ったんだよ」 という話を、聞いたことがありました。 &nbsp; &nbsp; ... ...続きを見る
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)...
2013/07/28 14:53
「終戦のエンペラー」日本を1つに纏めるために昭和天皇は国民の為に全ての責任を背負われる大きな決断をさ...
「終戦のエンペラー」は太平洋戦争で日本がポツダム宣言を受け入れた降伏後の昭和天皇の処遇を巡る攻防の10日間を描いたストーリーである。日本の戦前と戦後を大きく変えるター ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2013/07/28 16:11
劇場鑑賞「終戦のエンペラー」
天皇に戦争責任はあったのか… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2013/07/28 20:07
終戦のエンペラー
【EMPEROR】 2013/07/27公開 日本/アメリカ 107分監督:ピーター・ウェーバー 出演:マシュー・フォックス、トミー・リー・ジョーンズ、初音映莉子、西田敏行、羽田昌義、火野正平、中村雅俊、夏八木勲、桃井かおり、伊武雅刀、片岡孝太郎、コリン・モイ 戦いの果てに、... ...続きを見る
★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
2013/07/28 21:57
終戦のエンペラー
中々に見応えある内容で良かった。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2013/07/29 00:17
終戦のエンペラー
 日本&アメリカ  ドラマ  監督:ピーター・ウェーバー  出演:マシュー・フォックス      トミー・リー・ジョーンズ      初音映莉子      西田敏行 ...続きを見る
風情♪の不安多事な冒険 Part.5
2013/07/29 14:22
終戦のエンペラー  監督/ピーター・ウェーバー
【出演】  マシュー・フォックス  トミー・リー・ジョーンズ  初音 映莉子 ...続きを見る
西京極 紫の館
2013/07/30 22:21
[映画『終戦のエンペラー』を観た]
☆不思議な映画であった。  日本人にとっては拘りどころの、先の大戦における天皇陛下の存在の意義だが、果たして、この作品を作ったアメリカ人にとって、如何ほどの興味があるのか、と言う問題がある。  そんなにも興味があるとは思えなかった。  日本人の民族的な... ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッド...
2013/07/31 00:29
映画「終戦のエンペラー」
映画「終戦のエンペラー」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2013/08/04 19:53
映画「終戦のエンペラー」これこそ、邦画で見たかった
映画「終戦のエンペラー」★★★☆ マシュー・フォックス、トミー・リー・ジョーンズ 西田敏行、初音映莉子、桃井かおり 伊武雅刀、羽田昌義、火野正平 中村雅俊、夏八木勲出演 ...続きを見る
soramove
2013/08/06 20:41
終戦のエンペラー
 『終戦のエンペラー』を渋谷のシネパレスで見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2013/08/06 20:50
終戦のエンペラー / Emperor
毎年8月頃になるとこの手の戦争ものが出てきますが、こう言う視点での話は初めてではないでしょうか。実語を下にしたフィクションです。 ...続きを見る
勝手に映画評
2013/08/06 21:49
「終戦のエンペラー」 公平な視点で描く
天皇に戦争責任はあったのか? この疑問は日本人にとって今をもってしても非常にセン ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2013/08/10 22:31
終戦のエンペラー 象徴天皇となった一つの要因がよく理解できた
【=39 うち今年の試写会5】 岡本嗣郎著「陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ」を原作として、アメリカで作られた作品(邦画ではないのだ、てことは映画館で気付いた) ...続きを見る
労組書記長(←元)社労士 ビール片手にう...
2013/08/13 10:50
『終戦のエンペラー』
□作品オフィシャルサイト 「終戦のエンペラー」 □監督 ピーター・ウェーバー□脚本 ベラ・ブラシ□原作 岡本嗣郎□キャスト マシュー・フォックス、トミー・リー・ジョーンズ、初音映莉子、西田敏行、       片岡孝太郎、中村雅俊、夏八木勲、桃井かおり ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2013/08/15 09:22
随分好意的なハリウッド映画。(^^;〜「終戦のエンペラー」〜
夏になると必ずといっていいほど この手の戦争もの作品て公開されるんですが。 めったにこういう真面目なのは見ないんだけど なんか気になってね。 思いのほか面白かった・・・いや面白いっていう言い方は変だな。 その世界に入っていきやすかったし クライマックスの 天... ...続きを見る
ペパーミントの魔術師
2013/08/15 15:09
終戦のエンペラー
原題 EMPEROR 製作年度 2012年 製作国・地域 日本/アメリカ 上映時間 107分 原作 岡本嗣郎『陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ』(集英社刊) 脚本 デヴィッド・クラス 、ヴェラ・ブラシ 監督 ピーター・ウェーバー 出演 マシュー・フォックス/トミー... ...続きを見る
to Heart
2013/08/17 12:03
終戦のエンペラー
天皇の戦争責任を問うという日本人には禁断の映画なのかと思っていたら、やっぱりアメリカ・ハリウッド製作の映画だったな、といった印象。 マッカーサーが来日したときに、日本兵が背中をみせている所はまあ実際にあったことだし納得出来たが、焼け野原を昭和天皇を乗せた車が進んで行くなか、当時の日本人が天皇に対して背中をみせるなんておかしいのでは? 監督が「真珠の耳飾りの少女」の方だったので期待したのだが、正直がっかり。要求する事は確かに難しいのかもしれないが…。 主人公フェラーズ准将の恋愛話が話... ...続きを見る
いやいやえん
2014/03/04 09:08
映画評「終戦のエンペラー」
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2012年日本=アメリカ合作映画 監督ピーター・ウェバー ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2014/05/25 12:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『終戦のエンペラー』('13初鑑賞68・劇場) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる