みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『シェルブールの雨傘』('13初鑑賞57・Blu-ray)

<<   作成日時 : 2013/07/03 21:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0




☆☆☆☆− (10段階評価で 8)
6月28日(金) Blu-ray Disc にて鑑賞。


解説:
互いに愛し合っていた傘屋の少女と修理工の若者が、戦争に引き裂かれ、別々の人生を歩くまでを描くミュージカル。
フランスの名匠ジャック・ドゥミ監督は語り調のセリフを排除。すべてを歌で表現する大胆な歌曲形式を採用して、観る者の心を強く揺さぶる感動ドラマを撮り上げた。

ヒロインはフランスの大女優カトリーヌ・ドヌーヴ。
作曲家ミシェル・ルグランのポップな楽曲と、歌うドヌーヴの魅力が全開の悲恋物語に心酔する。


あらすじ:
フランス北西部の港町シェルブールで幸せな恋愛関係を育んでいた傘屋の娘ジュヌヴィエーヴ(カトリーヌ・ドヌーヴ)と自動車修理工のギイ(ニーノ・カステルヌオーヴォ)のもとに、ギイへの徴集礼状が届く。

出兵前夜に結ばれ、ギイとの愛の結晶も宿したジュヌヴィエーヴだが、ギイの不在は彼女にとって堪え難いものだった。

(シネマトゥデイ)









有線放送で必ずと言っていいほど流れるテーマ曲。この曲、なんてタイトルやったかな?
・・・と思ったのがきっかけで、今回初鑑賞となりました。


1963年のフランス映画。 
2010年にデジタル・リマスター版で上映したものを Blu-ray化。


全てのセリフが歌曲として流れる珍しい作品・・・とういうのも、『レ・ミゼラブル』などの作品でも、合間に数か所セリフの場面があるのに、これは、完全に全部歌で構成されているんですね。


お話自体はホントにシンプルなメロ・ドラマ。


観終わったときは、「省略」の仕方が実に巧みやなぁ〜と思いました。
全てを見せるんやなくて、観客に想像してもらう作り。


ミシェル・ルグランの音楽はメロディーラインがほんとに美しく、まさに名曲です。


カトリーヌ・ドヌーヴの場面が切り替わるごとに、ヘア・スタイルやファッションが変わるのも必見です。


そして、切なくも、暖かい ラスト・シーン。
名作と言われる所以がここにあるんですね。(*^^*)










1963年/フランス/91分/ビスタ(ヨーロッパ・ビスタ?)/
監督・脚本:ジャック・ドゥミ/音楽:ミシェル・ルグラン/
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、ニーノ・カステルヌオーヴォ、マルク・ミシェル/




 ← クリックお願いします♪



シェルブールの雨傘 [Blu-ray]
Happinet(SB)(D)
2011-07-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シェルブールの雨傘 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
シェルブールの雨傘
★★★★  1964年カンヌ国際映画祭グランプリ受賞の不朽の名作が甦った。それにしても映像が美しい。デジタルリマスターの技術力には舌を巻くばかりである。 恥かしながらこの名作を観るのは初めてである。だが主演がカトリーヌ・ドヌーヴであること、主題曲がミシェル ...続きを見る
ケントのたそがれ劇場
2013/07/07 14:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『シェルブールの雨傘』('13初鑑賞57・Blu-ray) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる