みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『インポッシブル』('13初鑑賞54・劇場)

<<   作成日時 : 2013/06/21 22:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0




☆☆☆☆− (10段階評価で 8)
6月16日(日) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン6にて 15:40の回を鑑賞。


解説:
ナオミ・ワッツとユアン・マクレガーが主演を務め、スマトラ島沖地震後に発生した津波に遭遇した一家の実話を基に描く感動の人間ドラマ。

突如襲った災害により一時は離散してしまうも、諦めることなく生き抜いた家族の絆を描き出す。
監督を務めるのはデビュー作『永遠のこどもたち』も好評だったスペインの新鋭フアン・アントニオ・バヨナ。危機的状況の中、サバイバルする人々の姿をパワフルな映像と胸打つ物語でつづるバヨナ監督の手腕にうなる。


あらすじ:
2004年末、マリア(ナオミ・ワッツ)とヘンリー(ユアン・マクレガー)は、3人の息子と共にタイにやって来る。
トロピカルムードあふれる南国で休暇を過ごすはずだったが、クリスマスの次の日、彼らは未曾有の天災に巻き込まれる。
一瞬にして津波にのみ込まれ、散り散りになった家族はそれぞれの無事を祈りつつ再会への第一歩を踏み出す。

(シネマトゥデイ)








2004年のスマトラ沖地震による津波の被害。
クリント・イーストウッド監督作品『ヒア アフター』でも描かれていました。
あの時は、3.11の大地震と重なって、映画の公開が自粛してましたね。


この映画、いまの日本人、特に3.11で被災した方々の鑑賞には、まだ耐えられないかも知れません。
日本に住んでいるセレブな家族がクリスマス休暇でタイにやってきて、被災するという実話。


津波に流される場面が、まるでドキュメンタリーを観ているかのよう。


家族はバラバラになり、カメラは長男と母親についていきます。


我がままだった長男が傷ついた母親をいたわりながら、成長していく姿。

地域の病院はまさに戦場。

私自身、阪神淡路大震災を経験していますので、津波こそなかったけども、この混沌たる雰囲気は観ててきついものがありました。


映画では奇跡が重なってハッピーエンド。このくだりは脚色かな?


一番印象に残った場面は、父親(ユアン・マクレガー)が、同じく被災して脚をケガした男性から携帯電話を借りて、家族に電話し、「自分は無事だが、長男と妻が見つからない。どうすればいいかわからない!」と思わず弱音を口に出し、泣き叫んでしまう。

他の人も電話したいから・・・と一旦電話を切りますが、電話を貸してくれた男性から

 「今のじゃダメだ。 もう一度電話するんだ。」・・・と促され、はっと我に戻って

 「明日、全ての避難所と病院を探してみる。絶対に見つける!」

・・・と、気持ちを切り替える場面。思わず涙でした。



野戦病院と化した敷地内には、遺体がたくさん並べられている。



奥さん(ナオミ・ワッツ)が別人と間違われて、他人の名前を腕に書かれて、ユアン・マクレガーが、電話を貸してくれた男性の家族の名前を書いたメモを観るラストシーン、自分たち家族は無事にタイから離れることができたけど、飛行機の窓からみた被災地は・・・ ほかの皆は・・・


複雑な感情が沸き立つラスト。 この映画はしっかり観ておく必要があると思います。




 



2012年/アメリカ、スペイン/114分/シネスコ/
監督:J・A・バヨナ/脚本:セルヒオ・G・サンチェス/
出演:ユアン・マクレガー、ナオミ・ワッツ、トム・ホランド、ジェラルディン・チャップリン/




 ← クリックお願いします♪



永遠のこどもたち [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2012-05-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 永遠のこどもたち [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
インポッシブル
2004年・タイ。 仕事の都合で日本に住んでいるイギリス人男性ヘンリーと妻マリア、そして3人の息子たちは、冬季休暇を過ごすためタイのカオラック・ビーチを訪れた。 滞在3日目の12月26日、ホテルの屋外プールにいた彼らは、大津波に遭遇する。 ヘンリーはとっさに側にいた下の息子2人を抱え上げるが、マリアと長男ルーカスは濁流に押し流されてしまう…。 スマトラ沖地震に襲われた一家の実話ヒューマンドラマ。 ...続きを見る
象のロケット
2013/06/24 00:09
インポッシブル
 『インポッシブル』をTOHOシネマズシャンテで見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2013/07/12 22:14
「インポッシブル」
泣く、と判っていたけれど、本当に泣けました。津波の恐怖や、災害時に家族の消息がわからない不安感、それにももちろん同化して胸が苦しくなったけれど、最も泣けたのは、家族の中の長男が、精神的に少年から青年に成長して行く姿。 ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2013/10/11 13:33
インポッシブル
ナオミ・ワッツ、ユアン・マクレガー共演。 2004年のスマトラ島沖大地震の災害ヒューマンドラマ映画ですので、どうしてもそういう目線でみてしまいます。 バカンス中に津波に遭遇してばらばらに流されてしまったスペイン人一家の実話を基にしたお話で、美しい自然を堪能してから、大津波のスペクタクル映像ですぐに家族は悲惨な状況下に追いやられます。現実に起こっていたとは思えない、本当に悲惨な光景です。もう冒頭15分目あたりから涙がでてきちゃったもんね…。 ...続きを見る
いやいやえん
2013/11/20 09:23
インポッシブル
【THE IMPOSSIBLE/LO IMPOSIBLE】 2013/06/14公開 スペイン/アメリカ 114分監督:J・A・バヨナ出演:ユアン・マクレガー、ナオミ・ワッツ、トム・ホランド、ジェラルディン・チャップリン、サミュエル・ジョスリン、オークリー・ペンダーガスト 生きる希望は、奪えな... ...続きを見る
★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
2013/11/27 12:58
『インポッシブル』
ブログの更新をしていなかった間に鑑賞済の映画の感想も、ちょっとずつアップしていこうと。 そして、やっぱり今年一番の衝撃を受けた作品ということで、この作品から。 ナオミ・ワッツ、ユアン・マクレガー共演の『インポッシブル』です。 ...続きを見る
Cinema+Sweets=∞ 映画+ス...
2013/12/16 19:35
映画『インポッシブル』を観て
13-54.インポッシブル■原題:Lo Imposible(英題:The Impossible)■製作年、国:2012年、スペイン■上映時間:113分■料金:1,800円■観賞日:6月29日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷) □監督:J・A・バヨナ◆ナオミ・ワッツ◆ユアン・マグレガー◆トム・ホラ... ...続きを見る
kintyre&#039;s Diary...
2013/12/22 18:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『インポッシブル』('13初鑑賞54・劇場) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる