みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 八重の桜 第21回「敗戦の責任」

<<   作成日時 : 2013/05/27 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0




大河ドラマ『八重の桜』のお時間でごぜえやす。
あらすじ・・・・・


1868(慶応4)年1月に始まった「鳥羽・伏見の戦い」で、会津藩は苦戦を強いられていた。
そのころ八重(綾瀬はるか)は、みねと共に訪れた神社で神保修理(斎藤工)の妻・雪(芦名星)に会う。
雪は、風が吹くなか一心に夫の無事を祈っていた。
しかし、その後も戦況は好転せず、初陣を果たしたばかりの弟・三郎(工藤阿須加)も敵弾に倒れる。

そして、敗色濃厚と知った慶喜(小泉孝太郎) は、夜陰に乗じて容保(綾野剛)に供を命じ密かに大坂から脱出。
会津藩士たちも後を追って江戸へ敗走した。
会津は徳川と共に朝敵とされ、敗戦の責任は慶喜の江戸帰還を進言した修理ひとりが負うことになる。

(公式サイトより)




大河ドラマや日本の歴史ものには、絶対ある場面。
正直、こういう場面を観るのは、かなり生命力いります。

それに、好きではない。(好きな人はおらんと思うが・・・)


主君やもろもろの為に切腹。日本人にしかわからん場面かもれませんが、わたし日本人やけど
解りたいとは思いません。そういうDNAが組み込まれてないんかもしれん。(きっぱり)


・・・ま、それはともかく、このあたりの歴史的史実は、かなり面白い部分でありまして
榎本武揚が知らん間に船を横取りされて取り残されるって、おもしろいですよね。
『新選組!』では草薙くんがゲスト出演で演じてたっけ。


「ならぬものはならぬ」が悪い方に出てしまった状態ですね。
八重ちゃん夫婦もどうなるやら。







 ← クリックお願いします♪







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
八重の桜 第21回「敗戦の責任」 命中とは、命の中に弾を撃つこと・・・
慶応4年1月3日に始まった 鳥羽伏見の戦い正月だったのですね。雪が舞っています。ここから、戊辰戦争 が始まるのですね。銃を手に、初めて実戦に出た 八重の弟・三郎。八重の教えを思い浮かべながら撃った弾は「命中!」命中とは、命の中に弾を撃つこと・・・薩摩軍の側に、なんと 錦の御旗 が揚がります。「あるはずがない! 岩倉あたりが こしらえたのだ!」はい、そのとおりです。名探偵・慶喜、見事な推理ですね。 ...続きを見る
風のうわさ
2013/05/26 22:30
大河ドラマ「八重の桜」第21回
神保修理、切腹… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2013/05/27 05:46
大河ドラマ「八重の桜」 #21 敗戦の責任
戊辰戦争へとまっしぐら。 近代装備に押される会津軍。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2013/05/27 22:48
三郎・修理、散る 〜八重の桜・敗戦の責任〜
最新の装備を利用した薩長に、旧幕府軍は相手にならず・・・。 ようやく大砲を装備して反撃にでたものの、ついに出た錦の御旗。 これで旧幕府軍は賊軍ということになり、さらに劣勢となる。 戦勝を祈る雪の... ...続きを見る
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
2013/05/28 20:22
「八重の桜」 第21回、敗戦の責任
大河ドラマ「八重の桜」。第21回、敗戦の責任。 鳥羽・伏見の戦い、決着! 山本三郎、神保修理の死。 ...続きを見る
センゴク雑記
2013/05/28 23:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
八重の桜 第21回「敗戦の責任」 みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる