みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 八重の桜 第12回「蛤御門の戦い」

<<   作成日時 : 2013/03/24 21:01   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 7 / コメント 0




『八重の桜』のお時間です。
あらすじ・・・


1864(元治元)年7月、長州が洛中へ向けて兵を進め、禁門の変(蛤御門の戦い)の火ぶたが切られる。
蛤御門では、御所に向け銃を放つ長州に対し、覚馬(西島秀俊)ら鉄砲隊が応戦する。

長州の勢いに押され、慶喜(小泉孝太郎)や容保(綾野剛)が率いる幕府軍は劣勢を強いられるが、そこへ西郷吉之助(吉川晃司)が率いる薩摩藩の鉄砲隊が現れる。
薩摩の助けもあり、勝利を収めた会津藩。しかし、覚馬は爆裂により眼部に深手を負い、焼け野原と化した都の惨状に心を痛める。


一方、会津では八重(綾瀬はるか)が、開戦直前に覚馬から手紙で勧められた尚之助(長谷川博己)との縁談に心を悩ませていた。
八重はずっと兄のように慕ってきた尚之助と夫婦になることに戸惑いを隠せずにいたのだった。

(公式サイトより)




なかなか見応えのある回でした。

幕末ものでは、ポピュラーな部分で何度も描かれてたところの映像化ですが、映画並みの迫力があったように思います。

それ故に、これって、なんのドラマやったかいな?と首を傾げたくもなります。
”幕末のジャンヌ・ダルク”と謳っておりますが、八重さんの出番はまだまだ先のようです。


自分たちの戦いが原因で、京を焼野原にしてしまった現実を目の当たりにるす覚馬さん。
彼の心情がどう変わっていくのかも、気になるところ。


八重さんが銃をぶっ放すことの意味と、その結果どうなるのかが問われるこの先の展開に期待したいですね。・・・・って、作り手がどこまで考えてるのかは解りませんが。(^^;





 ← クリックお願いします♪







八重の桜 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
NHK出版
2012-12-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 八重の桜 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
八重の桜 第12回「蛤御門の変」
これまで幕末の動乱を描くドラマの中で蛤御門の変は、どちらかというと旧態依然とした幕府を打ち破って新しい世の中を作ろうという、どちらかというと長州よりの描写が多かったのですが、今回はその逆の立場で幕府や朝廷を守ろうとする立場から見ることができました。 同じ出来事でも立場が違うとここまで解釈が異なるんだと、新しい発見の連続でした。幕府は何となく小泉孝太郎さんが引いている関係上頼りなく移ってしまいますが、会津軍は勇猛果敢に戦っている様子を臨場感溢れる描写でみることができます。特に弾が飛び交う状況はこれ... ...続きを見る
あしたまにあーな
2013/03/24 22:02
大河ドラマ「八重の桜」信念の人12八重に尚之助との縁談も八重は断り長州軍の京都攻撃に一時助勢になるも...
大河ドラマ「八重の桜」第12話は長州軍が京都御所を攻めてきた。これに幕府軍は対抗し京都御所を守るが見通しが甘く京都御所まで長州軍は迫り一時守りが手薄になるも覚馬の奮闘 ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2013/03/25 00:14
大河ドラマ「八重の桜」第12回
覚馬、負傷… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2013/03/25 05:53
「八重の桜」 第12回、蛤御門の戦い
大河ドラマ「八重の桜」。第12回、蛤御門の戦い。 長州藩との武力衝突が起こる。 ...続きを見る
センゴク雑記
2013/03/25 20:14
大河ドラマ「八重の桜」 #12 蛤御門の戦い
ついに会津、薩摩と長州の激突です。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2013/03/27 21:10
八重の桜 - 2013年大河ドラマ 綾瀬はるか
2013年大河ドラマ「八重の桜」 日曜 NHK 2013年1月6日 - 12月(予定)(50回) ...続きを見る
新ドラマQ
2013/03/29 13:13
八重の桜 第12回「蛤御門の変」
これまで幕末の動乱を描くドラマの中で蛤御門の変は、どちらかというと旧態依然とした幕府を打ち破って新しい世の中を作ろうという、どちらかというと長州よりの描写が多かったのですが、今回はその逆の立場で幕府や朝廷を守ろうとする立場から見ることができました。 同じ出来事でも立場が違うとここまで解釈が異なるんだと、新しい発見の連続でした。幕府は何となく小泉孝太郎さんが引いている関係上頼りなく移ってしまいますが、会津軍は勇猛果敢に戦っている様子を臨場感溢れる描写でみることができます。特に弾が飛び交う状況はこれ... ...続きを見る
あしたまにあーな
2013/03/31 21:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
八重の桜 第12回「蛤御門の戦い」 みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる