みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』('13初鑑賞12・劇場)

<<   作成日時 : 2013/02/10 10:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 11 / コメント 0




☆☆☆★− (10段階評価で 7)
1月26日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:20の回を鑑賞。


解説:
世界的な文学賞ブッカー賞に輝いたヤン・マーテルのベストセラー小説「パイの物語」を、『ブロークバック・マウンテン』などのアン・リー監督が映画化。
動物園を経営する家族と航行中に嵐に遭い、どう猛なトラと一緒に救命ボートで大海原を漂流することになった16歳の少年のサバイバルを描く。

主演は、オーディションで選ばれた無名のインド人少年スラージ・シャルマ、共演にはフランスの名優ジェラール・ドパルデューが名を連ねる。
227日間という長い漂流の中で、主人公がどのように危機的状況を乗り越えたのかに注目。


あらすじ:
1976年、インドで動物園を経営するパイ(スラージ・シャルマ)の一家はカナダへ移住するため太平洋上を航行中に、嵐に襲われ船が難破してしまう。
家族の中で唯一生き残ったパイが命からがら乗り込んだ小さな救命ボートには、シマウマ、ハイエナ、オランウータン、ベンガルトラが乗っていた。

ほどなくシマウマたちが死んでいき、ボートにはパイとベンガルトラだけが残る。
残り少ない非常食、肉親を失った絶望的な状況に加え、空腹のトラがパイの命を狙っていて……。

(シネマトゥデイ)









2D・字幕版で鑑賞。
でもこの作品に関しては、3Dで観ても良かったかも知れません。

画面は基本的に9:16に近いビスタ。でも、2か所、トビウオの大群が空を飛ぶ場面では、ビスタの画面にマスクがついてシネスコ・サイズになって、トビウオが画面をはみ出して飛び出します。
そして、もう一か所、漂流する小舟を上空から捉えたショットが、3:4のスタンダード・サイズになる場面があり、アン・リー監督らしい映像表現だなと思いました。


TVのコマーシャルでは、まるでアドベンチャー大作のような印象で売っていますが、実際は、かなり深い、哲学的なお話でした。

最近の20世紀FOX(JAPAN)の宣伝の仕方は、少々問題があるなぁ・・・。



さて、この映画を観たあとの感触は・・・

あまりにも悲惨な状況を経験すると、人は自己防御するために、脳内でファンタジーを作り出すと聴いたことがありますが、まさに、それを描いたもの。

現在の主人公:パイが当時を思い出して語るかたちで進行していきますが、パイのナレーションの内容と映像が微妙に食い違っている場面がありました。(もちろん意図的に)


そういうことから、後半に語られる、セカンド・ストーリーのほうが真実なのだと解ります。

でも、最初に語られたトラと漂流した話と、後に語られたセカンド・ストーリーとどちらが好きか?との問いに、日本の保険会社の調査員も、作家の男性もトラの話が良いと結論。


トラとは、主人公:パイのもう一つの姿でした。



前半に語られた、幼少時代の物語(自分のあだ名パイの由来や、さまざまな宗教に傾倒したことなど)、そして、日本国籍の貨物船に乗り込んでカナダを目指す船内でのやりとりを、じっくり描いたのは、すべて、この後半のストーリーのためでした。


だから、(最近変なゴシップが多い)ジェラール・ドパルデューが短い場面で登場したりする意味があるんですよね。



私は、感想記事を書くときは、観たときの感情をそのままストレートに、あまり深読みせずに書くように努めています。
この作品は、哲学と宗教が協調されていますが、いまの日本人には、あまり馴染みのないテーマなので、全体的に評価はそれほど高くないだろうなと思います。
人が生きていくためには、崇高な哲学が必要。そしてそれがあるのは、崇高な宗教だと思っています。

主人公:パイは自分の外に神はないと悟ったのでした。



子供には難しいかなぁ・・・
と思いましたが、むしろ子供のほうが敏感になにか感じるかもしれませんね。(^^)









2012年/アメリカ/20世紀FOX/127分/ビスタ(一部シネスコ、スタンダード)/
監督:アン・リー/原作:ヤン・マーテル/
出演:スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、アディル・フセイン、タブー/




 ← クリックお願いします♪




パイの物語(上) (竹書房文庫)
竹書房
ヤン・マーテル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by パイの物語(上) (竹書房文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(11件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
劇場鑑賞「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」
希望は、失わない… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2013/02/10 12:44
映画『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』★感謝に生かされて トラと漂流しませんか♪
&nbsp; &nbsp; 映画レビューです(ネタバレ表示ですが、オチ?はぼかす) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id344013/rid68/p1/s0/c1/ &nbsp; &nbsp; 作品について http://cinema.pia.co.jp/title/160803/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 &nbsp; &nbs... ...続きを見る
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)...
2013/02/10 19:26
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 だから人は物語る
世界は無慈悲なまでに人とは関係なく存在する。 圧倒的な世界を前にして、人は自分と ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2013/02/11 07:29
映画:「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」〜劇場で
3Dで見てきました。どうせ見るなら、よくよくの理由のない限り3Dをお勧めします。なにせ、監督自身が「2Dで作れってなら、俺は降りる」って言ったようですから〜。 → 「2Dなら監督降ります」アン・リ... ...続きを見る
David the smart ass
2013/02/12 00:14
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
幻想的な映像美は見応えあり。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2013/02/12 01:47
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日 : 圧倒的な映像美と骨太のあらすじ
 柔道全日本女子の園田隆二監督の問題は、対応のまずさがうきぼりになりましたねぇ。教会の理事連中も園田監督と大差ないダメダメ人間ですね。では、本日紹介する作品は、こんな ...続きを見る
こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
2013/02/13 11:09
『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
 動物ものはあまり好みではありませんが、世評が高いので観に行きました。  予想していた筋立ては、少年とトラの漂流という牧歌的でありながら緊張感を孕む展開という程度にすぎないだろうとタカをくくっていました。  しかしながら、最後にあのようなどんでん返しが隠されているとは予想もしませんでした。  ストーリーは大きく分けて3部構成ですが、全体を大人になった主人公が回想するという形式を取っています。... ...続きを見る
シネクリシェ2.0
2013/02/16 09:52
『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』お薦め映画
スピリチュアル(神秘的)な考え方が根底にある。しかし、そんなに深読みしなくてもいいと思う。相棒ではあるが決して友達にはなれない、獰猛なトラと心優しい少年の不思議な冒険物語。空と海だけの美しさに慣れていた目を、島の動植物の色鮮やかさが刺激する。CGを駆使し… ...続きを見る
名機ALPS(アルプス)MDプリンタ
2013/02/18 17:54
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
【=15 うち今年の試写会2】 今日と明日は滋賀県大津市でお仕事、この週末は波乗り出来そうにないので、出張出発前に地元の海で1ラウンドやっておきたかったので昨日寝るのが遅かったにも関わらず、今朝頑張って早起きしたが、あいにく波無かった、しばらく塩分不足にな... ...続きを見る
労組書記長(←元)社労士 ビール片手にう...
2013/02/26 13:43
漂流の果てに
28日のことですが、映画「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」を鑑賞しました。 ...続きを見る
笑う社会人の生活
2013/02/27 20:32
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
LIFE OF PI 2012年 アメリカ 127分 アドベンチャー/ドラマ 劇場公開(2013/01/25) ...続きを見る
銀幕大帝α
2013/07/27 02:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』('13初鑑賞12・劇場) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる