みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ダイ・ハード/ラスト・デイ』('13初鑑賞18・劇場)

<<   作成日時 : 2013/02/26 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 0





☆☆☆−− (10段階評価で 6)
2月16日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 15:00の回を鑑賞。


解説:
大事件に巻き込まれる不運でタフな刑事ジョン・マクレーンをブルース・ウィリスが演じる、大ヒット・シリーズの第5弾。
モスクワで警察のお世話になってしまった息子ジャックを引き取りに向かったマクレーンが、ロシアの命運を左右する陰謀に巻き込まれていく姿を壮大に活写する。

『マックス・ペイン』のジョン・ムーアが監督を務め、テレビドラマ「スパルタカス」で注目されたジェイ・コートニーがジャックを熱演。
ジョンとジャック親子の掛け合いや連携バトルに加え、ヘリや装甲車も動員したド派手な見せ場にも注目したい。


あらすじ:
久しく会っていなかった息子ジャック(ジェイ・コートニー)がロシアでトラブルを起こした上に、ある裁判の証人となったと知らされた刑事ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)。

身柄を引き取りに現地を訪れた彼だが、そこでテロ事件に巻き込まれてしまう。
相変わらずの運の悪さを呪いながらも、混乱状態に陥った状況下でジャックと再会するマクレーン。
しかし、なぜか親子一緒に次期ロシア大統領候補の大物政治家、大富豪、軍人らが複雑に絡む陰謀の渦中へと引きずり込まれるハメになり……。

(シネマトゥデイ)









4作目から6年経過しての第5作。
ヒットしてるようですが、個人的にはかなり残念な仕上がり。


単純に、アクション映画としてみると、ド迫力のアクションの連続で、ストレス解消にはもってこいの作品でしょう。確かに面白かったです。

オープニングは1作目を意識したのか、かすかにベートーヴェンの第9が流れています。
スペクタクルなアクション・シーンも健在。


エレベーターの中で流れるBGMは決まって「イパネマの娘」なんですよねぇ。(^^;
笑えるシーンもあるんですけども・・・『ダイ・ハード』シリーズとしてみると・・・




正直なはなし、シリーズ中最低の作品と言わざるを得ません。
まず、画面がビスタなのが減点。

(私の場合、生涯初めて映画館でみた映画が、シネマスコープだったので、横長の画面じゃないと、「映画」を観ている気がしないのです。(^^; ちなみに何の映画だったかというと深作欣二監督『仁義なき戦い』でした。)


『ダイ・ハード』シリーズは横長シネマ・スコープの大画面で、横長の画面の利点を生かした構図でのスペクタクルなアクション・シーンが売りなはず。
それが、ハイビジョン・テレビサイズとほぼ同じのビスタ。
予告編みたときに、いや〜な予感はしていたんですが、その予感が当たってしまいました。
(『アベンジャーズ』の時も同様。。。)


そして、今回の上映時間が98分・・・短すぎる。 
『ダイ・ハード』シリーズは2時間超えのはず。 
そもそもなぜ2時間超えなのか、それは、巧妙に張り巡らされた伏線を描いたため、つまり脚本の完成度の高さ故でした。


人物をしっかり描いて、ドラマを深く描いていたからこそ、意味のあるアクションとなったはず。
ところが今回は、ただただ、派手なアクションを並べただけの安っぽくて、風格のかけらもない作品となってしまいました。


・・・と、厳しい評価を書きならべましたが、特撮ファンとしては、なかなか胸躍る場面もありまして、それはそれで良かった。


でも、次回作る時は、もっと脚本を練って練って、昔からのファンをがっかりさせないものを作ってほしいですね。






2012年/アメリカ/98分/ビスタ/
監督:ジョン・ムーア/脚本:スキップ・ウッズ/音楽:マルコ・ベルトラミ/
出演:ブルース・ウィリス、セバスチャン・コッホ、ラシャ・ブコヴィッチ、コール・ハウザー、ユーリヤ・スニギル/




 ← クリックお願いします♪



ダイ・ハード:クアドリロジーブルーレイBOX<5枚組>(初回生産限定) ダイ・ハード/ラスト・デイ スペシャル・ディスク付 [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2013-01-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ダイ・ハード:クアドリロジーブルーレイBOX<5枚組>(初回生産限定) ダイ・ハード/ラスト・デイ スペシャル・ディスク付 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
劇場鑑賞「ダイ・ハード/ラスト・デイ」
親は子に尽くす… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2013/02/26 07:35
ダイ・ハード/ラスト・デイ
モスクワでロシア語を話すなって、そない理不尽なこと言われても・・・。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2013/02/27 00:18
ダイ・ハード/ラスト・デイ
今まででいちばん大味。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2013/02/27 10:21
『ダイ・ハード ラスト・デイ』
良くも悪くもジョン・ムーア監督らしいポップコーンムービー。 これはもう『ダイ・ハード』シリーズではありません。ただのジョン・マクレーン刑事が登場するド派手なアクション ... ...続きを見る
こねたみっくす
2013/02/27 16:35
『ダイ・ハード ラスト・デイ』
□作品オフィシャルサイト 「ダイ・ハード ラスト・デイ」□監督 ジョン・ムーア□脚本 スキップ・ウッズ、ジェイソン・ケラー□キャスト ブルース・ウィリス、ジェイ・コートニー、セバスチャン・コッホ、       ラシャ・ブコヴィッチ、コール・ハウザー、ユ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2013/03/15 22:47
「ダイ・ハード/ラスト・デイ」 もうシリーズ、厳しいのでは?
ただのアクション映画としてならば、及第点なのかもしれないのですけれど。 やはりあ ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2013/03/20 22:02
ダイ・ハード/ラスト・デイ
ジョン・マクレーンに息子なんていたっけ?と、まず思った作品でした。過去作見直してみないとわからないなあ。そんな設定あったのか。「アウトロー」で敵役だった青年です。 1989年 高層ビル、1990年 空港、1995年 ニューヨーク、2007年 アメリカ全土、そして今度は海外。こう考えると限定された場所というよりは次第に舞台も広がっていたんだなあ。 息子は実はCIA職員。重大な任務を帯びてモスクワで事件を起こした…はずが、父ちゃんのせいで台無し!というパターンです。 カーチェイスシーン... ...続きを見る
いやいやえん
2013/07/06 08:57
ダイ・ハード/ラスト・デイ
A GOOD DAY TO DIE HARD 2012年 アメリカ 98分 アクション/サスペンス PG12 劇場公開(2013/02/14) ...続きを見る
銀幕大帝α
2013/07/06 13:57
映画評「ダイ・ハード/ラスト・デイ」
☆☆★(5点/10点満点中) 2012年アメリカ映画 監督ジョン・ムーア ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2014/01/13 10:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ダイ・ハード/ラスト・デイ』('13初鑑賞18・劇場) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる