みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 平清盛 第49回「双六が終わるとき」

<<   作成日時 : 2012/12/18 21:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0




遅れましたが、『平清盛』のお時間です。
あらすじ・・・・・


清盛(松山ケンイチ)の五男・重衡(辻本祐樹)が南都(現在の奈良)を焼き打ちにしたことにより、天下の人心はもはや平家からまったく離れていた。各地で謀反が相次ぎ、平家は次第に四面楚歌となっていく。さらに不幸なことに、病床にふしていた高倉上皇(千葉雄大)が世を去ってしまう。高倉上皇は最期まで后である徳子(二階堂ふみ)の行く末を案じながら、21歳の若さでの崩御だった。

高倉上皇の崩御は、上皇の父・後白河法皇(松田翔太)の院政が、約1年半ぶりに復活することを意味していた。鳥羽離宮での幽閉を解かれ、久方ぶりに清盛と対面した後白河法皇は、清盛がおこしたクーデター、「治承三年の政変」も自分のシナリオどおりだったことをにおわせ、清盛をがく然とさせる。平家一門も、法皇は幽閉されながら世を操っておられたのだとぞっとする。

清盛は、高倉上皇をなくしたばかりの娘・徳子のもとへ時子(深田恭子)を行かせ、法皇の後宮に入るよう説得させる。しかし、徳子はかたくなに拒否。それでもあきらめず、「また別の手を打つ」という清盛を、時子はやさしくとりなし、励ますのだった。


一方、鎌倉の頼朝(岡田将生)のもとには、梶原景時(浜田学)をはじめ、続々と武士たちが集まる。頼朝は彼らを御家人(ごけにん)と呼び、新たな「武士の世」の政治体制を作り始めていた。

京の上西門院統子(愛原実花)の館では高倉上皇をしのぶ歌会が催された。上西門院は後白河法皇の姉であり、高倉上皇は甥にあたる。その歌会には西行(藤木直人)の姿もあった。西行は戦乱で多数の人が亡くなったことを詠み、それこそが高倉上皇の心労のもとであったことを嘆いた。そして歌会の後、かつて待賢門院に仕えていた堀河局(りょう)と、久方ぶりに再会する。昔は恋の歌をかわした二人だった。世の行く末を嘆く堀河局に西行は今宵を楽しもうと誘う。

ある日、西行は清盛をたずね、鎌倉での頼朝の町づくりを語った。頼朝は源氏の守り神である鶴岡八幡宮の参道沿いを中心に、次々と住いや道が整えられ、そこに御家人たちを住まわせ、新しい仕組みのもと統率していた。そのことを聞いた清盛は、貴族の世が終わりを告げ、武士が覇を争う世が到来したことを実感。ある決意をもとに後白河法皇をたずね、双六の勝負を申し込む。負けた者が勝った者の願いを聞き届けるという約束ごとで。双六をしながら二人はこれまでのお互いを振り返った。若き日から二人はまさに双六のようにお互いが賽をふりながら数々の勝負を続けてきたのだ。そして今宵の一戦で勝ちをおさめ清盛は、勝者として望みを語った。それは後白河法皇との双六勝負はこれで最後にしたいということだった。
「これより先は、すでに朝廷に力はなく、武士同士が覇権を争う世である。武士はもう王家の犬ではない」と告げると、後白河法皇は寂しげな表情で現実をうけとめた。


その後、清盛は頼朝への闘志を燃やし、源氏討伐の準備を整えていた。そんな折、清盛は突然の熱病に倒れ、危篤状態に陥る。同じ頃、伊勢にある西行の庵にある男が訪ねてきていた。それは清盛の生霊だった。

(公式ホームページより)




ついにあと1回。 1年経つのは早ものです。(毎年同じような書き出し(^^;)

平家の福運も全て尽きた・・・そんな感じの状況。

対する源氏の頼朝はますます力をつけて、御家人も多く集ってきます。
対象的な二人の姿。


後白河と続けてきた双六も、ついに終焉。それと同時に、清盛の命も尽きようとしております。

なんか最後で、超自然的(オカルト)っぽい演出ですね。生霊が西行のもとに現れるとは。
批判も多いかも、いや、でも、この時代、普通にこういうことが起こっていたんじゃないかなと思ったりもします。

現代に比べて、各個人個人の心のつながり、魂のつながりが強固な時代だったのだと思う。


次回、早々に清盛が死んで、壇ノ浦の平家滅亡、そして、義経の最期も(断片的に)描かれるようで、はたして、どう結ぶのか、非常に興味深いところ。


最後の最後まで、楽しませてくれますね♪(*^^*)





 ← クリックお願いします♪










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大河ドラマ「平清盛」第49回
双六が、終わる… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2012/12/19 05:28
大河ドラマ「平清盛」 #49 双六が終わる時
昨日は出張。 そして、帰宅すると選挙特番だったので、 今見ています。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2012/12/19 19:09
NHk大河ドラマ『平清盛』第49回「双六が終わるとき」
ちょっと週末バタバタしていて、 感想を書く気持ちにならなかったのでした(^_^;A ...続きを見る
よくばりアンテナ
2012/12/21 23:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
平清盛 第49回「双六が終わるとき」 みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる