みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 平清盛 第47回「宿命の敗北」

<<   作成日時 : 2012/12/03 00:05   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 16 / コメント 0




今週も大河ドラマ『平清盛』のお時間です。
あらすじ・・・・・



1180年、源頼朝(岡田将生)が打倒平家を掲げて挙兵。武士の心を取り戻した清盛(松山ケンイチ)は、すぐに孫の維盛(井之脇海)を総大将、忠清(藤本隆宏)を軍師に任命し、頼朝追討を命じる。

頼朝たちは石橋山に陣を構えて援軍を待っていたが、平家の追討軍である大庭景親(木下政治)と伊東祐親(峰竜太)から攻撃を受け大敗を喫する。逃亡した頼朝たちは洞窟に身をひそめ、隠れていると、敵方の武将・梶原景時(浜田学)はあえて頼朝たちを見逃し、九死に一生を得る。

頼朝挙兵の知らせは奥州平泉の義経(神木隆之介)へも届いた。義経は義兄・頼朝のもとへはせ参じたいと藤原秀衡(京本政樹)に願い出るが、その身を案ずる秀衡は猛反対。そのとき、弁慶(青木崇高)が自身の頭上の的を射よと義経に命じ、自分たちの運と度胸を試してみよと言いだす。そして義経は見事に的を射ぬき、ついに秀衡が折れることになった。

各地でも次々に源氏武士が決起。平家一門も追討の準備をすすめ、福原の清盛の前に集まった。清盛は戦のかたわら福原の内裏建築も進めていたが、一門の誰もが、未だ遷都に疑問を感じていた。しかし、清盛は国づくりを成し遂げることこそが真の勝利だと言い放つ。


下総(今の千葉県)で態勢を立て直していた頼朝のもとへ、二千騎という大軍を率いた上総広常(高杉亘)が参じた。しかし頼朝を侮るような高飛車な態度の広常に、頼朝は去るよう命じる。その毅然とした態度に広常は感服し、こうして頼朝は東国の名だたる武士たちの心を捉えていった。そして父・義朝(玉木宏)の悲願であった武士の世をつくるため、義朝が居をかまえた鎌倉を源氏の本拠地とし、平家軍に備えよと一同に話す。

京の六波羅では平家軍の総大将・維盛と忠清が出陣をめぐって口論していた。日柄が悪いため出陣を延期しようとする忠清を押し切り、維盛は強引に出陣をした。

鎌倉に入った頼朝のもとを政子(杏)が訪ねてくる。すると平家軍が駿河へ入ったという報が届き、くつろぐ暇もなく頼朝は出陣を命じる。

富士川をはさんで頼朝の源氏軍と維盛の平家軍が対峙した。甲斐源氏の二千騎と合流し、数を増した源氏軍とは対照的に、平家軍は兵糧不足に悩み、四千騎の大軍が半分に減っていた。また平家軍に合流するはずの軍勢たちは源氏に阻まれていた。追いつめられた維盛は兵の士気をあげるため、遊女を連れてこいと命じる。

一方、清盛は内裏の速やかな完成を祈願するために、厳島神社を訪れていた。戦況を心配する佐伯景弘(温水洋一)に清盛は、自分は父の悲願である武士の世をつくらねばならないと告げる。そして福原に内裏をつくり、自分の血を引く帝をたてて政をおこなうことを、友である義朝の子に見せてやるという思いを語った。

一方、富士川では酒宴に興じていた平家軍は、水鳥が飛び立つ音を敵襲と間違え慌てふためき、総崩れとなってしまう。圧倒的勝利を手にした頼朝は逆に平家のあまりの弱さに失望するものの、清盛と対峙すべく京に兵を進めるように命ずる。だが、時政(遠藤憲一)たち重臣から、鎌倉に戻り、足元を固めることが先決であると進言を受け、聞き入れる。そこへ義経が奥州から参上、頼朝は運命の対面を果たす。

六波羅に逃げ帰った維盛と忠清の前に現れた清盛は激怒した。維盛を殴りつける清盛に、忠清は自らの死をもって責任をとりたいと言う。そして首をはねられる覚悟で忠清は、「平家はもはや武門ではござりませぬ。殿ご自身が、もはや武士ではありませぬ」と痛烈に清盛を批判する。忠清の言葉に衝撃をうける一門と清盛。激情にかられた清盛は宋剣で忠清を斬ろうとするが、剣の重さに振り回され尻餅をついてしまう。一門が絶句して見つめる中、清盛の心の中には父・忠盛(中井貴一)のある言葉がよみがえっていた。

「おのれにとって生きるとは何かを見つけたとき、心の軸ができる。心の軸が体を支え、心を支えるのだ」清盛は今、心の軸を失っていた。

(公式ホームページより)












清盛も頼朝も目指すところは”武士の世”。
同じ志(こころざし)なのに、こうも違ってしまうとはねぇ。


松ケン 清盛、ほんと良い芝居してるなぁと毎回思います。
頼朝も、やっと活躍の時。 アクアタルカスがすっかり源氏のテーマになってしまいました。(^^;


今回は、『義経』でも描かれた富士川の場面がしっかり描かれておりますね。


奥州平泉の”京さま”藤原秀衡さん、やっぱこの人だけ、目張りメイクで浮いてますねぇ。
青木弁慶も板についてきました。


武田って源氏やったんやねぇ。忘れとった。


それにしても、木曽義仲が出てきませんが・・・このドラマでは出てこないのでしょうか?


そういや、今回は後白河法皇の出番なかったね。(^^;



心の軸・・・そうそう、そういうことを言ってましたなぁ。
さぁ、あと3回です。どう描くのか、最後までしっかり見守っていきたいとおもいまする。







 ← クリックお願いします♪





NHK大河ドラマ 平清盛 完全版 Blu-ray-BOX 第弐集
ジェネオン・ユニバーサル
2013-03-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by NHK大河ドラマ 平清盛 完全版 Blu-ray-BOX 第弐集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(16件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大河ドラマ「平清盛」第47回
  第四十七回「宿命の敗北」1180年、頼朝の挙兵を知った清盛は、高倉上皇の名のもとに孫の維盛を総大将として追討軍を派遣。一方、頼朝は石橋山の合戦で苦渋を味わうものの、各地... ...続きを見る
日々“是”精進!
2012/12/02 20:55
【平清盛】第47回 「宿命の敗北」感想
頼朝(岡田将生)の挙兵を知った清盛(松山ケンイチ)は、孫の維盛(井之脇海)を 総大将として追討軍を派遣。 一方、数万に膨れ上がる源氏軍は西へ兵を進め、両軍は富士川を挟んで対じする。 しかし敵軍... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/12/02 21:04
大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男47頼朝討伐に軍を送るも既に平家は武士じゃなくその現実に清盛は崩れ...
大河ドラマ「平清盛」第47話は頼朝は挙兵し各地を転戦したものの石橋山の合戦で敗走したが九死に一生を得た。その頃清盛は頼朝の挙兵に激怒し維盛を総大将として追討軍を派遣す ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2012/12/02 21:22
平清盛 第47回 宿命の敗北
『宿命の敗北』 ...続きを見る
レベル999のgoo部屋
2012/12/02 21:34
〔NHK大河ドラマ〕平清盛 第47回「宿命の敗北」 最終回まであと4話
武士は武力で政権奪取するので、当然に本分は武力なんだけど 政権を獲った後は、行政能力こそが問われる。 石田三成なんかもそうで、 豊臣政権が50年続いていればさぞ幸せな生涯をおくっていた事かと考えられる。 (特に今「のぼうの城」読んでるし) ...続きを見る
しっとう?岩田亜矢那
2012/12/02 21:37
大河ドラマ「平清盛」 #46 宿命の敗北
頼朝の挙兵から一気に雪崩をうって出てきた平家打倒の動き。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2012/12/02 21:37
平清盛 第47回 「宿命の敗北」
武士とは勝つことじゃ! 勝ち続けることじゃ!! ...続きを見る
青いblog
2012/12/02 21:39
NHK大河ドラマ『平清盛』第47回「宿命の敗北」
いやぁ〜〜〜面白かった〜〜〜 ...続きを見る
よくばりアンテナ
2012/12/02 21:50
大河ドラマ「平清盛」 第47話 あらすじ...
頼朝挙兵-------------!!ついに源平合戦の最終局面を迎えたこの戦い。終焉が近づいてきましたね。すぐさま頼朝追討を命じる清盛。頼朝たちは伊豆を出るも・・・平家の軍勢に囲まれ、... ...続きを見る
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
2012/12/02 22:19
大河ドラマ「平清盛」 第47話 あらすじ感想「宿命の敗北」
頼朝挙兵-------------!! ...続きを見る
★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★
2012/12/02 22:19
『平清盛』 第47回「運命の敗北」
JUGEMテーマ:大河ドラマ 治承四年(1180年)の九月、清盛は頼朝の挙兵を受け、出陣を命じました。大将は、重盛の長男の維盛です。そのころ頼朝は、石橋山の合戦に敗北しましたが、洞窟に隠れたりして落ち延び、再起します。(洞窟の頼朝を、梶原景時が見のがすエピソードが、一応ありました)このとき、多数の兵をひきいて来た上総広常の参陣で、ますます勢力をのばしました。政子も合流し、大きな勢力となった源氏軍は、鎌倉に入ります。奥州の義経も、藤原秀衡に懇願して出発し、頼朝のもとへ向かいました。(なんだか喜劇め... ...続きを見る
ふるゆきホビー館
2012/12/02 22:20
平清盛 第47回「宿命の敗北」
残りもわずかになり、来年の主人公である綾?はるかさんが様々な番宣で登場し始める昨今、物語の主体は平氏から源氏に明確に移動するようになってきました。平氏の面々は意図的に弱そうな感じの演出になり、中でも今回総大将に命じられた維盛は、戦になれていないばかりではなくプライドが強く命令を出しまくって、遊女を使って武士の士気を高めようとする前代未聞な状況してしまいます。結果として水鳥が飛び立つ音に驚いて撤退することになります。 後に、死を覚悟で忠清が述べ言葉が強烈に耳に残っています。たった一言で物語に重みを... ...続きを見る
あしたまにあーな
2012/12/02 22:31
「平清盛」 第47回、宿命の敗北
大河ドラマ「平清盛」。第47回、宿命の敗北。 石橋山の戦い〜富士川の戦い。 源氏側の方が見所満載になってきた第47回。 ...続きを見る
センゴク雑記
2012/12/02 22:44
NHK大河ドラマ「平清盛」第47回「宿命の敗北」
いよいよオーラスの最終月!あと何回ですか?今宵も含めてたったの4回?いやあ〜、なんでしたらこれだけでワンクール使っていただきたいくらいの源平合戦を果たしてここに盛り込んでいただけるのかとおおお〜!・・・それをするためには清盛様にはさっさとご退場願わなければなりませんでしたか?うわあああ、アンビバレンツ!こうなったら来年は「源頼朝」で、再来年は「北条時宗」とか・・・ってのは無理ですよねええ?ううう〜む・・・ ...続きを見る
真田のよもやま話
2012/12/02 23:23
「平清盛」第47話。
「平清盛」第47話の感想です。最終回まであともうちょっと…寂しいのう。 ...続きを見る
Flour of Life
2012/12/03 12:49
平清盛 #47
#「宿命の敗北」 ...続きを見る
義風捫虱堂
2012/12/04 08:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
平清盛 第47回「宿命の敗北」 みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる