みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 平清盛 第41回「賽の目の行方」

<<   作成日時 : 2012/10/21 21:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0




今週も大河ドラマ『平清盛』のお時間でございます。
あらすじ ロング・バージョン


1176(安元2)年。
平清盛(松山ケンイチ)と後白河法皇(松田翔太)との関係をとりもってきた建春門院滋子(成海璃子)が急死した。今後も後白河法皇との関係を良好に保つため、高倉天皇(千葉雄大)の中宮となった清盛の娘・徳子(二階堂ふみ)が皇子を産むことを願う清盛だが、徳子に懐妊の兆しはなかった。そこへ、不穏な知らせが舞い込む。後白河法皇が、仏門に入っていた2人の息子を都に呼び戻し、高倉天皇の養子にしたというのだ。それは高倉天皇を政治の場から遠ざけるための布石のように清盛は感じた。

清盛は長男・重盛(窪田正孝)を後白河法皇のもとへさしむけ、法皇への忠誠心を訴えるとともに、四男・知盛(小柳友)を蔵人頭にするよう頼むが、後白河法皇は受け入れない。

危機感を募らせた清盛は、友好関係にある比叡山の僧・明雲(腹筋善之介)を呼び出し、いざというときには力を貸すよう念を押す。


伊豆では、頼朝(岡田将生)のことが気になる政子(杏)が、頼朝に源氏重代の太刀を見せてくれと懇願した。その熱意に押された頼朝は太刀を見せ、強き父・義朝(玉木宏)の記憶を話し始める。そんな父も清盛に敗れ、伊豆に流された自分にはもはや無念さしか残されていないと語る。そんな頼朝に政子は、東国武士のために立ち上がるべきだと訴えるが、頼朝は清盛という男の恐ろしさを語るのみだった。

1177年、後白河法皇は千僧供養のため福原を訪ねた。清盛とのわだかまりは消えたかに思えたが、後白河法皇は、「もうここへは来ない」と清盛に告げる。清盛はいざという時がきたことを覚悟した。

やがて明雲の命を受けた山法師による強訴が起きる。訴えの内容は、法皇の側近・西光(加藤虎ノ介)の2人の息子を流罪にせよというもの。加賀守目代である息子・師経(清水優)が加賀にある比叡山の末寺ともめた際、焼き打ちにしたことがその理由であった。

後白河法皇は重盛に強訴鎮圧を命じる。重盛は即座に兵を内裏に配置するが、清盛と比叡山との良好関係にも配慮し、あくまでおどしをかけるだけにしろと命じる。しかし、兵たちは強訴の集団と衝突する中で、神聖な神輿(しんよ)に矢を射てしまう。

内裏には矢が刺さった神輿が、運び込まれていた。神罰が下ると恐れる公卿たちは、比叡山の要求どおり西光の息子たちを流罪とする決定を下す。重盛は福原の清盛の元へ行き謝罪するが、清盛は逆によくやったと重盛をほめた。そもそも一連の事件は清盛が明雲と仕組んだもの。西光の息子を流罪にして西光の力を削ぎ、西光が仕える後白河法皇の力を削ぐという企てだったのだ。

清盛の王家に対する忠誠心を疑問に思う重盛は、清盛に真意を問うと、賽の目は変わるものだとはぐらかす。

一方、後白河法皇は今回の事件が清盛の企てによるものだと見抜き、側近の西光や成親(吉沢悠)ともども平家に対する憎悪を深めていた。

この事件はすぐに伊豆にも伝わった。改めて平家の恐ろしさを感じた北条時政(遠藤憲一)は政子を呼び出し、平家にゆかりのある家に嫁ぐことをすすめた。


京の鞍馬寺にいる遮那王(のちの義経:神木隆之介)は僧になるのをためらっていた。かつて五条大橋で武蔵坊弁慶(青木崇高)と出会った際、自分が源義朝の子であることを知ったからだ。平家を倒そうという弁慶の誘いをその時は断ったが、いつまでも遮那王の心に引っかかっていた。

誰もが清盛の力の前に屈するしかなかった。しかし平家への不満は募る一方であった。そんななか、京の鹿ヶ谷にある山荘には平家を憎悪する人々が集まっていた。その中には西光や成親、そして後白河法皇の姿もあった。

(公式ホームページより)









この BLOGのシステム上のトラブルで、書き込みどころか閲覧もできない状態が長く続き、BLOGを書く情熱も若干失いつつあるこの頃ですが、大河の(簡単な)感想はしっかり続けていきたいと思います。(^^;


徐々に滅亡へと突き進む平家ですが、 清盛のゴッドファーザーっぷりが特に楽しめた回でした。
松ケンの清盛メイクも徐々に老け顔になり、なかなか狡猾なダークサイドの片鱗がみえる表情がお見事でありました。


伊豆の頼朝は、まだ覚醒しない模様。
鞍馬寺の遮那王は、弁慶から事の次第を聴き、僧になることをためらいます。


清盛と後白河法皇のすごろく遊び、まだ、もうちょっと続きますね。
画面から目が離せない、おもしろい回でありました。(*^^*)




 ← クリックお願いします♪









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大河ドラマ「平清盛」 #41 賽の目の行方
いよいよ鹿ケ谷の陰謀へ。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2012/10/21 22:18
平清盛 第41回「賽の目の行方」
今回の内容は完全に平清盛と後白河院のそれぞれの静かなる戦いに終始します。直接それをいうことはせずに、あえて賽の目という今まで比喩的に使っていたものを全面に出して話を進めていくのですが、なんとなく上手く機能したのかは微妙な状況となりました。 しかし、それ以外の内容については非常にワクワクするもので内容的には濃かったと感じます。今までナレーションの中でしか表現されてこなかった「平氏の思うままの世の中」があまりしっくり来なかった状況の中で、その状況を打破しようとして次々と反平氏の皆様が登場してきたこと... ...続きを見る
あしたまにあーな
2012/10/21 22:49
大河ドラマ「平清盛」第41回
いざという時が、やって来た… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2012/10/22 05:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
平清盛 第41回「賽の目の行方」 みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる