みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 平清盛 第39回「兎丸無念」

<<   作成日時 : 2012/10/07 22:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 5 / コメント 0




今週も大河ドラマ『平清盛』のお時間です。
あらすじ(ロング・バージョン)


1171(承安元)年12月。遮那王(のちの義経:神木隆之介)は京・五条大橋の上で、弁慶(かつての鬼若:青木崇高)と鉢合わせする。遮那王を、平家の密偵・禿(かむろ)だと勘違いした弁慶は容赦なく斬りかかる。それをたくみにかわす遮那王との攻防の末、弁慶は目の前の少年がかつて世話をした常盤(武井咲)の子・牛若だと気づき、思わず抱きかかえた。

大輪田の泊(神戸港)の改修をおこなう平清盛(松山ケンイチ)は、宋国の使者と後白河法皇(松田翔太)の面会を成功させ、次は宋の高官を迎え、正式な交易を始めたいと考えていた。大願成就のために行った万灯会(まんとうえ)では、松明(たいまつ)の明かりを眺めながら、泊(とまり)の改修を一任している兎丸(加藤浩次)が民の信頼厚いことを実感。工事も順調に進んでいることに安堵(あんど)していた。

しかし兎丸は、禿を使った時忠(森田剛)の手荒なやり口と、それを黙認し続ける清盛に不満を募らせ、禿を野放しにすれば、痛い目を見るぞと、清盛に苦言を呈す。一方、福原での万灯会に招かれた西行(藤木直人)は、その後京の時子(深田恭子)を訪ね、清盛への不安な思いを吐露するのだった。

やがて清盛のもとに、宋の皇帝の名代とも言える宋・明州の長官が、3か月後に福原を訪れるという知らせが舞い込む。清盛は、それまでに泊の改修を完了せよと兎丸に命じる。早くても完成に半年はかかると見立てていた兎丸は反発するが清盛の意志は固かった。兎丸たちは何とか間に合わせようとするが、無理に急いだため、けが人が続出する。それでも現場の声に耳を貸さない清盛に、兎丸はいよいよ爆発。自らの利を追求しているだけだと清盛を責め、仲間とともに京に帰ってしまう。

五条大橋の下で仲間たちと酒を飲む兎丸。妻の桃李(柊瑠美)は仕事を続けるように説得するが、兎丸は何十年にもわたる清盛との因縁や信頼関係を思い出し、裏切られた悔しさと悲しみにとらわれていた。そして平家をののしりながら酒を飲みつづけ、一人になった兎丸の前に禿があらわれた。悪事をやめるように説得する兎丸に禿は襲いかかった。

行方不明になったという兎丸を探しにきた清盛は、すでに息絶えていた兎丸を発見する。そこには禿の仕業だとわかる赤い羽根が無数に残されていた。清盛は無言で死体を抱きしめた。悲しみにくれる平家一門の前で、兎丸の葬儀を盛大におこなうよう命じた清盛の目に禿たちの姿がうつる。清盛を尊敬のまなざしで見つめる彼らには罪の意識はまったく感じられない。清盛は自らの行いを悔い、時忠に禿を始末するよう命じた。

亡き兎丸への思いや、自らが進む修羅の道を反省していた清盛は、難航する工事への対処として、海に経文を書いた石を沈めることを思いつく。経文とともに兎丸の志も海に沈め、新しい泊の礎にしたいと考えたのだ。それは人柱という無慈悲な風習を避けることでもあった。そして清盛や兎丸の家族や部下たちの目の前で、経文を書いた大量の石を積んだ船が海に沈んでいった。

やがて清盛は一年をかけて大輪田の泊を完成させ、宋国の使者を迎えることができたのである。

(公式ホームページより)











アバンタイトルで、五条の大橋 ”遮那王:牛若(後の義経)VS.弁慶” の戦い。
『義経』の時の馬鹿でかいお月様と桜乱舞にくらべると地味な絵ですが、個人的には今回の演出のほうが好きです♪(*^^*)


弁慶が牛若のことを知っているのは、今作のオリジナルの脚色ですけども。


禿(かむろ)が妖しく、絵的にも紅い衣装が映えて、良い感じじゃないですか。


この気味悪さ、上手くいったと思います。
今回の主役は、「海賊王になる!」兔丸です。
禿と絡めたあたり、良い脚本だとおもいましたが、いかがでしょう?


今回もドラマチックな展開で、非常におもしろく鑑賞しました。(*^^*)



ちなみに『義経』の五条の大橋






 ← クリックお願いします♪





平清盛 完全版 Blu-ray-BOX 第壱集
ジェネオン・ユニバーサル
2012-11-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 平清盛 完全版 Blu-ray-BOX 第壱集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
NHK大河ドラマ「平清盛」第39回「兎丸無念」
いやあ・・あたふたあたふた・・台風は来るわ暑さがぶり返すわ、せっかくしまった半袖を出すわのどうのこうののてんやわんやのピーヨコちゃん!皆様いかがお過ごしですか?今週も平清盛の時間がやってまいりました。なんですかこのタイトル!もう何が起こるか大体わかってしまいますねええ。いよいよですか・・兎丸殿。 ...続きを見る
真田のよもやま話
2012/10/07 22:59
平清盛 第39回「兎丸無念」
長くこのドラマの中で準主役のような待遇を受けていた兎丸も今回、ついに終了します。この人物が本当に存在していたのかどうかは引っかかる部分ではありますが、それでも清盛に誰も物言いをできなくなるほど権力が高まった状況において、対等な立場で清盛に意見をいうことができる唯一の人物であったことが、彼の存在価値のひとつだったのだと思います。 そんな兎丸は、大輪田の泊の普請作業について無茶苦茶なスケジュールをいう清盛に、マジギレしてしまいます。このような早く完成させて欲しいという要望元と、依頼先の関係というのは... ...続きを見る
あしたまにあーな
2012/10/08 00:43
大河ドラマ「平清盛」第39回
兎丸、死す… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2012/10/08 05:36
大河ドラマ「平清盛」 #39 兎丸無念
なぜかブログサイトにログインできず。 何でだ? いきなり五条大橋の決戦。 そこに禿が大量登場。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2012/10/08 08:04
「平清盛」 第39回、兎丸無念
大河ドラマ「平清盛」。第39回、兎丸無念。 今回は大輪田泊の普請を任されている兎丸と、 京で反平家勢力を押さえつける禿の話。 まあ、今までの続きみたいなものですが。 ...続きを見る
センゴク雑記
2012/10/08 20:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
平清盛 第39回「兎丸無念」 みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる