みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『トータル・リコール(2012)』('12初鑑賞81・劇場)

<<   作成日時 : 2012/09/26 00:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 12 / コメント 0




☆☆☆−− (10段階評価で 6)
8月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:20の回を鑑賞。


解説:
フィリップ・K・ディックの短編小説「トータル・リコール(旧題:追憶売ります)」を映画化し、大ヒットした『トータル・リコール』をリメイクしたSF大作。
監督を務めるのは『ダイ・ハード4.0』のレン・ワイズマン。

かつてアーノルド・シュワルツェネッガーが演じた主人公を『フライトナイト/恐怖の夜』などのコリン・ファレルが演じ、その妻を『アンダーワールド』シリーズのケイト・ベッキンセイルが熱演する。
迫力満点のアクションがさく裂する斬新な映像に目を奪われる。


あらすじ:
容易に記憶を金で手に入れることができるようになった近未来、人類は世界規模の戦争後にブリテン連邦とコロニーの二つの地域で生活していた。
ある日、工場で働くダグラス(コリン・ファレル)は、記憶を買うために人工記憶センター「リコール」社に出向く。
ところが彼はいきなり連邦警察官から攻撃されてしまう。そして自分の知り得なかった戦闘能力に気付き、戸惑いながらも家に帰ると妻のローリー(ケイト・ベッキンセイル)が襲ってきて……。

(シネマトゥデイ)








今回の『トータル・リコール』は火星には行きません。なので、イメージ・カラーもグレー。


シュワちゃん主演作が、ひとつひとつの素材の味がものすごく濃いごった煮料理であったのに対して、
今回のこれは、かなりの薄味に感じました。

もちろん、シュワちゃん主演作を観ていることが前提です。


どうしても、比べてしまいますよねぇ。それに、何故、今頃リメイクするのか?
ホントにハリウッドもネタが尽きた・・・ということでしょうか。



地球→火星 の行き来が、 ブリタニア連邦(現在のイギリス)とコロニー(オーストラリア)を
地球の中心を貫くパイプによってつながっている設定。


この設定自体はすごく面白いですね。


アジア風味のコロニーのデザインも面白く、普通にSF映画として観れば楽しめます。
縦横無尽に移動するエレベーターのアクションも面白い。この場面『キューブ』を連想しました。


でも、コリン・ファレルは 似合っていないような。
追いかけてくるのも、ケイト・ベッキンセイルの一味だけっていうのも迫力不足。


シュワ主演作では、変装がばれるシーン(顔が分かれる)とか、作り物とすぐに解ってしまうけど
印象に残るシーンがありましたが、今回のは、そういう印象に残る場面が無いのが残念ですね。


音楽面も ジェリー・ゴールドスミス大御所は亡くなっているので仕方ありませんが、
オリジナルと比べると、カスみたいな(単に打ち込みで作ったような・・・)つまらない音楽で、
本当に至極残念な出来栄えであります。



オリジナル(シュワちゃん主演作)を観ていない方は楽しめるでしょう。(^^;;









2012年/アメリカ/ソニー・ピクチャーズ/112分/シネスコ/
監督:レン・ワイズマン/脚本:カート・ウィマー 、マーク・ボンバック/音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ/
出演:コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセイル、ジェシカ・ビール、ブライアン・クランストン、ジョン・チョー/





 ← クリックお願いします♪



トータル・リコール [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2012-08-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by トータル・リコール [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(12件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
トータル・リコール
鬼嫁がサイコーすぎる。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2012/09/25 17:00
劇場鑑賞「トータル・リコール」
陰謀を、阻止せよ… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2012/09/25 19:10
トータル・リコール
テンポよくて面白かったな。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2012/09/26 00:28
トータル・リコール
戦争で地球の大部分が居住不可能となり、富裕層が暮らす“ブリテン連邦(UFB)”と、その支配下にある地球の反対側の貧しい地区“コロニー”だけが残った21世紀末。 人工記憶センター・リコール社で「スパイになったつもりの記憶」を買い、毎日の単純作業の憂さ晴らしをしようとしていた工場労働者クエイドは、突然、ロボット警官の襲撃を受ける。 何とか自宅に戻った彼に、今度は妻が襲いかかって来るのだが…。 近未来SFサスペンス・アクション。 ...続きを見る
象のロケット
2012/09/26 05:10
『トータル・リコール』(2012)
フィリップ・K・ディックの短編小説『追憶売ります』二度目の映画化!――ではなく、ポール・バーホーヴェン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の映画『トータル・リコール』のリメイク版です。 ...続きを見る
【徒然なるままに・・・】
2012/09/26 23:27
映画:トータル・リコール
 アーノルド・シュワルツェネッガー主演のオリジナル作品がとても好きだったので、予告編を見た時から、見たくて見たくて、待ち遠しくて待ち遠しくてたまらなかったリメイク版トータル・リコールの記事です。 ...続きを見る
よしなしごと
2012/10/20 22:58
映画『トータル・リコール』を観て
12-69.トータル・リコール■原題:Total Recall■製作年・国:2012年、アメリカ■上映時間:118分■字幕:林完治■観賞日:8月25日、新宿ピカデリー(新宿) TOTAL RECALL TRAILER 1990年版 □監督:レン・ワイズマン□原作:フィリップ・K・ディック◆コリン・ファレ... ...続きを見る
kintyre&#039;s Diary...
2012/12/16 09:45
「トータル・リコール(2012)」 SF設定の使い方が絶妙
アーノルド・シュワルツェネッガー主演、ポール・ヴァーホーベン監督のオリジナルの「 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2012/12/27 20:00
トータル・リコール
シュワちゃん主演の「トータル・リコール」のリメイク。コリン・ファレル主演。 シュワちゃん版は私大好きな作品のひとつです。小さい頃に見たものだから、色々強烈に写ったんだよね。で、これ。火星はないしで色々変わってます、もはや別の映画。 SFとしての世界観や映像はなかなか凝っているのですが、耳に残るテーマ曲もなく、普通の面白いSFアクション映画に感じました。やはり、毒があってもエンタメ性の強い前作のほうが「楽しかった」ように思う。 ...続きを見る
いやいやえん
2013/01/23 09:52
トータル・リコール
TOTAL RECALL 2012年 アメリカ 118分 SF/アクション PG12 劇場公開(2012/08/10) ...続きを見る
銀幕大帝α
2013/08/12 00:17
映画評「トータル・リコール」
☆☆☆(6点/10点満点中) 2012年アメリカ映画 監督レン・ワイズマン ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2013/08/16 10:38
【映画】トータル・リコール…の記事&2014年あけましておめでとうございます!
皆様、新年あけましておめでとうございます 当ブログ、今年(もなんとか)始動できました 本年も宜しくお願いいたします ...続きを見る
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
2014/05/10 23:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『トータル・リコール(2012)』('12初鑑賞81・劇場) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる