みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 平清盛 第37回「殿下乗合事件」

<<   作成日時 : 2012/09/24 12:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 0




今週も一日遅れで 大河ドラマ『平清盛』のお時間です。
あらすじ・・・・・・


新しき国づくりをめざす平清盛(松山ケンイチ)は、宋との交易の窓口を大宰府ではなく福原にするため、宋の要人を福原に招くことを考える。さらに正式な国交を開くため、その場に後白河法皇(松田翔太)にも列席してほしいと願う。

宋から要人を招くためには、貢ぎ物として金(きん)が必要だった。そこで清盛は、奥州を治める藤原秀衡(京本政樹)を鎮守府将軍という要職につけ、その見返りに奥州特産の金を入手することに成功する。しかし、後白河を招くには問題があった。まず、法皇が宋人と面会することは前例がなく、先例を重んじる朝廷の猛反対が予測された。さらにせんだっての強訴の一件から、後白河との関係は悪化したままであった。

そこで清盛は、官職を解かれて暇を持て余していた時忠(森田剛)を後白河への使者として送る。人の心を読むことを得意とする時忠は、後白河に奥州の鳥の羽根を献上。新し物好きの彼の好奇心をたくみにあおり、宋人との面会の約束を取り付ける。

そんな平家の動きをいまいましげに見ていた摂政・基房(細川茂樹)。ある日、基房は平家を陥れる機会を手にする。京の橋で鷹(たか)狩りから帰る途中の重盛(窪田正孝)の嫡男・資盛(すけもり・大西健誠)と鉢合わせした基房は、因縁をつけて従者たちに資盛を襲わせる。礼儀を重んじる重盛ならば、わが子が辱めを受けても摂政の基房には復しゅうすることはないと計算しての犯行だった。
基房の予想どおり、重盛はこの事件について礼節を欠いていた資盛を叱るのみだった。時子(深田恭子)は、平家と藤原摂関家の一大事であり、訴えるべきだと主張するものの、重盛は聞き入れない。このことを知った福原の清盛や盛国(上川隆也)は、重盛らしい公明正大な裁断だと評するが、その場にいた時忠は正しすぎることは間違っていることと同じだと非難した。

1170年9月、清盛はついに福原に宋国の使者と後白河を招き、対面させることに成功した。こうして、宋との交易を要とする国づくりが実現に一歩近づいた。法皇が宋人と会ったという前代未聞の出来事に朝廷は混乱するが、基房は再び平家の輿(こし)でも襲い、平家の土台をたたき壊せばいいと息巻いた。

そのころ福原では、新しき国づくりに専念するため、清盛が時忠に都での憂いを取り除くように命じていた。京・六波羅では平家一門が集まり、相変わらず基房への仕返しをすべきだと重盛を問い詰めていた。ほかならぬわが子が侮辱されたにもかかわらず、重盛は棟梁たるもの私心で物事を決める訳にはいかないとはねつける。

そんな折、事件は起きた。基房の輿を謎の武装集団が襲ったのだ。次々と従者たちの髷(まげ)が切り落とされて、基房も底知れぬ恐怖感を抱く。それはすべて時忠の策略だった。内裏に出仕した重盛は、基房をはじめ貴族たちが突然、平家に対して従順になっているので、何かがあったと察する。慌てて館に帰ると基房が襲われた一件は、すべて重盛の策略だったということになっており、平家一門はよくぞ復しゅうしてくれたと重盛を褒めたたえた。

重盛は妻・経子(高橋愛)とふたりきりになると泣き崩れ、穏便に事をすませようとした自分を責め、父・清盛のように冷酷にはなれぬと嘆いた。

その後、都には赤い装束を身に着けた少年の一団があらわれ、平家を悪く言う人々を捕まえるようになった。彼らは禿(かむろ)と言い、しだいに人々は平家に恐怖感を抱くようになっていった。

一方伊豆では、頼朝(岡田将生)が相変わらず毎日を無為に過ごしていた。
側近の藤九郎(塚本高史)は外に出ようとしない頼朝を北条時政(遠藤憲一)の館へと連れ出す。宴(うたげ)が始まり、集まった東国武士たちが酒のさかなに都での平家の横暴についてうわさ話を始めた。そして、平家に独善的な政治を許しているのも、かつて平治の乱で源義朝(玉木宏)が浅はかな行動をとり、源氏が失墜したせいだとの話になった。それを聞いていた頼朝が突然、声を荒げた。「源氏は滅びぬ」と。

(公式ホームページより)











清盛のゴッド・ファーザーの片鱗が見えてきましたね。
嫡男で棟梁:重盛は自身のアイデンティティーと大きすぎる父:清盛との挟み撃ちで
精神的に不安定になっております。


重盛役の窪田正孝、観ていくうちに、貫録が出てきたような気がします。



伊豆の源頼朝も、相変らずウツ状態ですが、いよいよ源氏 復興の第一声を放ちました。


都では平家への悪口などを厳しく取り締まる動き。詳しくは次回ですね。(^^;
今回も、かなりおもしろく観させて頂きました。



奥州平泉の藤原秀衡役の京本さん、メイクが別の時代劇になっておりますが、大丈夫か?(^^;;




次回、平家の驕りが頂点に達し、滅亡へのカウントダウン。








 ← クリックお願いします♪






NHK大河ドラマ《平清盛》オリジナル・サウンドトラック 其の二
日本コロムビア
2012-09-19
吉松隆

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by NHK大河ドラマ《平清盛》オリジナル・サウンドトラック 其の二 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【平清盛】第37回
1170年、清盛(松山ケンイチ)は後白河法皇(松田翔太)を福原に呼び、宋人と会わせる。 治天の君が京を離れ、外国人と会うという前代未聞の行いに、貴族たちは驚がくする。 そんな折、重盛(窪田正孝)の... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/09/24 13:13
大河ドラマ「平清盛」第37回
父上には、なれない… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2012/09/24 14:44
貴族のねたみ 〜平清盛・殿下乗合事件感想〜
日宋の貿易を本格的に行おうとする清盛。 それには金が必要と考え、金の多い奥州の藤原秀衝を鎮守府将軍に懐柔したりと、やることやってる。 続いて時忠に頼んで後白河法皇を懐柔。 時忠は弁が立つからねえ... ...続きを見る
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
2012/09/24 16:38
NHK大河ドラマ「平清盛」第37回「殿下乗合事件」
自分のやりたいことをやりたいように進めてらっしゃる清盛様、まさにこれわが世の春なり〜。でもその陰で何から何まで思い通りにならず胃潰瘍にでもなりそうな苦いお顔なのが何を隠そう跡取りの重盛様!そしてそここそが平家のウィークポイントだと見通してしまったハイボール番長の基房様。風雲急を告げてまいりました。今週はもうもうもうもう、栄華を誇る清盛様の足元が揺らぐ大事件が起こるのかもおお〜〜〜? ...続きを見る
真田のよもやま話
2012/09/24 19:06
大河ドラマ 「平清盛」 #37 殿下乗合事件
清盛のあと、重盛がしきる平家。 でもいろいろゴタゴタがあるようで…。 そして藤原秀衡登場。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2012/09/24 22:29
大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男37清盛は後白河法皇に宋の使者と対面を実現させ基房の報復に対して報...
大河ドラマ「平清盛」第37話は清盛が宋との貿易を本格化させるために後白河法皇を福原に招き宋の使者と面会させる事にした。後白河法皇の説得には時忠があたり珍しい物好きの後 ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2012/09/24 22:36
「平清盛」 第37回、殿下乗合事件
大河ドラマ「平清盛」。第37回、殿下乗合事件。 清盛は福原で日宋貿易の話を進める。 一方、京では事件が発生。 何か今回もすっきりしない話・・・ ...続きを見る
センゴク雑記
2012/09/25 01:45
平清盛、主犯は重盛!!
殿下乗合事件(でんかのりあいじけん) 後の人がこう名付けたのでしょうが、何とも安直な呼び名です。 殿下とは摂政・藤原基房のことですね。 乗合とは一般的には不特定多数の人が同乗する事ですが、貴人 と出会った時に降りずに乗ったままでいる事も乗合と言うそうです... ...続きを見る
函館 Glass Life
2012/09/25 10:13
『平清盛』 第37回「殿下乗合事件」
JUGEMテーマ:大河ドラマ清盛は、しだいに日宋貿易を本格化させます。このため、後白河法皇を福原に招き宋の使者と面会してもらうことに。法皇が京を抜け出して外国人と直接会うなど前代未聞と、貴族たちは恐れおののくばかり。そんな中、摂政・藤原基房に重盛の子たちが侮辱されるという事件が。牛車の行列が行き会い、資盛の側が基房の家来たちに乱暴されたのです。重盛は摂政の顔を立て、問題を穏便に解決しようとするものの、平家一門の怒りはおさまらず。わが子のことなので、時子さえ怒りを露にしています。そのことを知った清... ...続きを見る
ふるゆきホビー館
2012/09/26 19:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
平清盛 第37回「殿下乗合事件」 みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる