みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 平清盛 第31回「伊豆の流人」

<<   作成日時 : 2012/08/05 21:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 2




今週も大河ドラマ『平清盛』のお時間です。
あらすじ(ロングバージョン)・・・・・・



1164年、伊豆・蛭ケ小島(ひるがこじま)。
そこに18歳に成長した源義朝の子・頼朝(岡田将生)がいた。5年前、清盛(松山ケンイチ)によって流罪となった頼朝はここに流され、家人の藤九郎(塚本高史)とともにひっそり暮らし、地元の豪族・伊東祐親(すけちか・峰竜太)は頼朝を厳しく監視していた。


京の清盛は、日宋貿易実現に向け、朝廷での力をのばして港湾の整備、瀬戸内海の開削などに乗り出そうとしていた。
その年の11月、後白河上皇(松田翔太)と対立する二条天皇(冨浦智嗣)に子が生まれた。そのため、滋子(成海璃子)との子を世継ぎにすることも難しく、頭を痛めた後白河上皇は、何かにすがるように仏教に深く帰依(きえ)するようになった。清盛は後白河上皇に蓮華王院(三十三間堂)を献上し、嫡男・重盛(窪田正孝)を公卿にするよう働きかけ、実現させる。おくれをとった重盛の叔父・頼盛(西島隆弘)は病にふせる母・池禅尼(和久井映見)を見舞う。池禅尼は頼盛の境遇を憂い、また平家の繁栄とはうらはらにむなしい胸中を語った。
伊豆の伊東祐親は内裏を警固する大番役として京へ上ることとなった。家人たちに頼朝の監視を怠らないよう厳しくいいつける一方、娘の八重姫(福田沙紀)には、勤めを終えた後、美しく成長した姿を見るのが楽しみだと優しく声をかけた。

そのころ頼朝の館には地元の豪族・北条時政(遠藤憲一)が訪れ、自ら育てた野菜を届けるなど親交を深めていた。そんな頼朝のもとへ祐親の家人・伊三郎(やべきょうすけ)が八重姫を連れてきた。姫に京の作法を身につけさせるため、頼朝の教えを請いにきたのだ。そこで出会った頼朝と八重姫は、お互い意識したかのように見つめあう。
京では後白河上皇が癇癪(かんしゃく)を起こしていた。蓮華王院に二条天皇が訪ねてこないためだ。父である自分をないがしろにする天皇の態度に怒っていた。そのころ清盛は重盛を連れて二条天皇に謁見していた。そこで突然重盛は二条天皇に、父の気持ちを察して蓮華王院へ行くことを勧める。二条天皇は不快感を表し立ち去ると、清盛は激しく重盛をしかりつける。その夜、重盛は妻・経子(高橋愛)と語り合う。かつて鳥羽法皇(三上博史)と崇徳上皇(井浦新)の仲をとりもとうと力を尽くした清盛の姿を思い出し、今の父は修羅の道を突き進んでいるとしか思えないと話した。

京へのぼった祐親から頼朝の様子などを聞いていた清盛のもとへ、二条天皇が病になったという知らせが入った。
急ぎかけつけた清盛に、二条天皇は直ちに譲位の準備をするよう命じた。後白河上皇の院政が再開されるのを防ぐため、生後間もない順仁親王を即位させようというのだ。そしてまだ乳飲み子の六条天皇が誕生。その後まもなく二条は若くして崩御した。

清盛は重盛をともなって祐親ら大番役が警固する内裏を訪れた。公卿らも次々に弔問に訪れる中、にわかに比叡山の悪僧たちが鐘や太鼓を打ち鳴らしながら押し寄せてきた。彼らを引き連れてきたのは後白河上皇だった。蓮華王院に来なかった二条を弔うため、千人の僧を連れてきたのだという。そして悪僧たちが騒々しく読経を始めた。

清盛は読経をやめさせ、我が子の死に向き合えない後白河上皇を赤子同然だと一喝して引き下がらせた。上皇にもひるまず厳しく接する清盛の様は、重盛や祐親たちに強烈な衝撃を与えた。だが、後白河上皇は清盛のこうした態度に、底知れぬ野心を感じ取っていた。一方、重盛は修羅の道を進む父を支えようと決意を固める。そして清盛は大納言に昇任した。その喜びに浸る間もなく、清盛たちに池禅尼危篤の報がもたらされる。かけつけた清盛に、池禅尼は平家の行く末を託す。さらに頼盛にのみ、平家を絶やさぬように告げて生涯を終えた。


大納言となった清盛を見つめる祐親は、清盛の恐ろしさを改めて胸にきざんでいた。だが、そのころ伊豆では八重姫が頼朝と深い仲になっていた。

(公式サイトより)









第3部突入ということで、オープニングの映像も若干の変化がありました。
今まで鎧兜姿の清盛でしたが、今回から、烏帽子を被ってお公家姿の舞を舞う姿に替わりました。


「伊豆の流人」ってことで、伊豆に流された、源頼朝の姿から始まりました。
家の梁にヤモリが張り付いてますが、『ALWAYS 三丁目の夕日』の出だしとかぶってますね。(^^;;


流人というふうにはみえない暮らしですね。けっこう開放的でいい感じなんですけど。


まとにかく、京では、平家一門が清盛を囲んで、大和田に港を作ろうと会議中。
平家のこういう雰囲気はじつに好感持てます。










後白河上皇と二条帝の親子(・・・にはみえませんが)のなんやよーわからん複雑な感情。
まぁ、朝廷の連中の関係性が解りにくいんですが・・・・


葬式で後白河上皇を一喝する清盛はかっこ良かったですね♪
このことで、長男:重盛も、父の修羅の道にしっかりとついていこうと決意しました。


さて伊豆では、なにやらロマンスがはじまっております。



来週は、オリンピック中継のためお休み。
再来週を楽しみにしたいですね。






 ← クリックお願いします♪







平 清盛 三
NHK出版

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 平 清盛 三 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
NHK大河ドラマ『平清盛』第31回「伊豆の流人」
オリンピックが見どころ満載でも、 平清盛はやっぱりはずせません。 ...続きを見る
よくばりアンテナ
2012/08/05 22:11
大河ドラマ 「平清盛」 #31 伊豆の流人
流石に先週の件があるから、延長はせず行うんですね、今週は。 さて第3部です。源氏の反撃が始まります。 岡田頼朝も本格登場です。 オープニングも清盛の弓のシーンが、舞をさすシーンに変わりましたねぇ。見とれてしまいました。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2012/08/05 22:14
大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男31清盛は崩御した二条天皇の遺言を受け継ぎ朝廷で大きく権力を握り出...
大河ドラマ「平清盛」第31話は伊豆に流された頼朝は幽閉生活から5年の月日を経ていた。この時の頼朝は清盛の政治を遠くから眺めている事しかできなかった。一方清盛は朝廷の中で ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2012/08/05 23:09
平清盛 第31回「伊豆の流人」
今回は、題名の上からも頼朝に注目されまくりの内容になるかと思いきや、平氏の様子、朝廷の様子も含めてバランスいい配分であったような気がします。ただし、前回からの前振り的な要素があまりないため、今回の内容が物語全体の中で一体どのような関係にあって、どのような観点で見ればいいのか視聴者としては混乱してしまったのではないでしょうか。 頼朝が有名で、いずれ平氏を破って鎌倉幕府を開くのは、誰でも分かることなのですが、清盛の生きる時代にあって頼朝がどのような状況の中で立ち振る舞っていたのかを把握している人は、... ...続きを見る
あしたまにあーな
2012/08/06 00:04
大河ドラマ「平清盛」第31回
清盛、大納言に… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2012/08/06 06:21
「平清盛」 第31回、伊豆の流人
大河ドラマ「平清盛」。第31回、伊豆の流人。 ドラマは第三部へ。 今回も非常にいい内容でした。 まあ、題名が例によって合ってないのはともかく、 今回のポイントは、怖い人としての清盛と後白河との対立の始まりですかね。 ...続きを見る
センゴク雑記
2012/08/07 02:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
投資
URL
2012/08/11 21:15
投資さん>
コメントありがとうございます♪(*^^*)
みはいる・B
2012/08/12 09:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
平清盛 第31回「伊豆の流人」 みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる