みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『キャタピラー』 ('12・初鑑賞40・WOWOW)

<<   作成日時 : 2012/04/06 21:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0




☆☆★−− (10段階評価で 5)
3月31日(土) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。


解説:
映画『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)』など独特の視点で問題作を発表し続ける
若松孝二監督が、戦争の愚かさと悲しみを描いた反戦ドラマ。
太平洋戦争のさなかに手足を失って帰還した傷病兵とその妻の姿を描く。

四肢を失い、顔は焼けただれた姿となって戦場から戻る久蔵に大西信満。
その久蔵を看病するシゲ子を寺島しのぶが演じ、第60回ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞
を受賞した。正義のための戦争などないという若松監督の痛切な思いが、過激な描写で
語られていく。


あらすじ:
勇ましく戦場へと出征していったシゲ子の夫、久蔵。しかし戦地からシゲ子(寺島しのぶ)の元に
帰ってきた久蔵(大西信満)は、顔面が焼けただれ、四肢を失った姿だった。

多くの勲章を胸に、「生ける軍神」と祭り上げられる久蔵。
シゲ子は戸惑いつつも軍神の妻として自らを奮い立たせ、久蔵に尽くしていくが……。

(シネマトゥデイ)








昨年の秋ごろにWOWOWで放送したものを録画したまま、やっと今頃鑑賞。
内容が内容だけに、観るのに少々勇気がいりますね。


タイトルの『キャタピラー』とは、”芋虫”という意味。
解説では太平洋戦争と書いていますが、日中戦争で中国に進軍して、現地の女性たちを
レイプし、殺す場面から始まります。


そして故郷に帰ってきた久蔵。両腕、両足が無くなって、顔面に醜いヤケドの跡。
喉にも深い傷があって、耳はほとんど聞こえない、声も出すことができない、そして
動き回ることができない。


そんな夫の姿を観た主人公:シゲ子(寺島しのぶ)は、驚いて家を飛び出す。



ほとんど肉のかたまり状態。
そんな夫は村人から軍神と崇められますが、献身的に(仕方なく)介護をするシゲ子。


食う・寝る・排泄、そして、妻の身体を要求する久蔵。
食欲と性欲だけは旺盛。



・・・・・84分と、短い作品なんですが、観てて、けっこうしんどかった。(−−;
戦闘シーンのない反戦映画です。 反戦映画はいっぱい作れば良いと思います。


ここで描かれているのは、どうしようない人間の業。
妻の身体を求めているうちに、中国で自分が犯した女性の顔を思い出すようになり
恐怖と苦悩に陥る久蔵。


妻のほうは、まったく「反応」しなくなった夫にいら立ち、暴言を吐き、殴るようになります。

これには伏線があって、出征前、この夫は子供が産めない妻にたいし「石女」と暴言を吐き
暴力をふるっていたことが明らかになり、立場が逆転したことが解ります。


まさに「因果応報」。


戦争によって運命を狂わされた・・・のではなくて、身から出た錆。


でもちょっと疑問が。 戦争に絡める必要があったのか。
なんとなく、焦点がずれたような感じでした。


反戦映画にするのなら、もっと別のアプローチがよかったのでは?と思いましたが、
戦争という最低最悪の状況に置かれて、その人物が持っている業(毒)が表面に現れた
ともいえますね。


文字通り「キャタピラー」の演技:大西信満 はお見事。
ベルリン映画祭で主演女優賞を獲得した寺島しのぶの体当たり演技も必見。


でも一回観たら、充分だな。









2010年/日本/84分/ビスタ/
監督: 若松孝二/脚本:黒沢久子 、出口出/
出演:寺島しのぶ、大西信満、吉澤健、粕谷佳五、増田恵美/




 ← クリックお願いします♪



キャタピラー [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2011-04-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キャタピラー [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
キャタピラー
主演の寺島しのぶが今年のベルリン国際映画祭最優秀女優賞に輝いた作品。最前線での戦いではなく銃後の戦いを描いた反戦映画だ。監督は『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)』の若松孝二。共演に「実録・連合赤軍」の大西信満、篠原勝之、粕谷佳五、増田恵美らが出演している。「忘れるな、これが戦争だ!」という監督のメッセージがダイレクトに伝わる作品だ。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2012/04/06 22:13
キャタピラー
キャタピラー [DVD]平和な田園風景を背景に、一組の夫婦の生き様から戦争の愚かしさを炙り出す強烈な反戦映画だ。太平洋戦争末期、シゲ子の夫・久蔵は、盛大な見送りを受けて戦地へ ... ...続きを見る
映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち...
2012/04/07 23:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『キャタピラー』 ('12・初鑑賞40・WOWOW) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる