みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『半次郎』 ('12・初鑑賞47・WOWOW)

<<   作成日時 : 2012/04/22 13:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




☆☆★−− (10段階評価で 5)
4月16日(月) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。


解説:
俳優の榎木孝明が企画を立ち上げ、明治維新の時代に活躍した薩摩武士・桐野利秋
(中村半次郎)の生涯を描いた時代劇。
『地雷を踏んだらサヨウナラ』の五十嵐匠が、西南戦争で非業の死を遂げるまでの桐野利秋
(中村半次郎)を描く。

主人公の半次郎を演じるのは、13年かけて企画を実現させた榎木孝明。
EXILEのAKIRAが、親友の永山弥一郎役で時代劇に初挑戦する。
現代の世の中に大切な何かを問いかける半次郎の生きざまを堪能したい。


あらすじ:
幕末の動乱期。薩摩の若き侍たちの中心的存在である西郷吉之助(田中正次)が京に上ると
聞いた中村半次郎(榎木孝明)は一行に加わることに。

上京した半次郎は、人並み外れた度胸の良さと剣の腕などで、たちまち名をとどろかせるように
なる。さらに半次郎は、長州藩士の鮎川小次郎(葛山信吾)や薩摩藩士の永山弥一郎(AKIRA)
と交流を深め……。

(シネマトゥデイ)








俳優:榎木孝明さんの一人舞台のような作品。

半次郎の10代から晩年(最期)まで榎木孝明が演じていて、若いころの演技はさすがに
見た目に無理があるなぁ〜と思いました。(^^;


2時間ほどの尺に、幕末から西南の役まで描こうとしているので、脚本自体にも、ちょっと
無理があるなぁ〜と思います。(^^;;


これなら、西南の役だけに焦点を絞って描いたほうが、よっぽど良かったんちゃうかな。


歴史ものとしては、少々解りづらい。



AKIRAの「時代劇」出演は、こっちのほうが先やったんですね。
このあとに大河ドラマ『江 〜姫たちの戦国〜』に出演したということですか。

AKIRAの描き方は、なかなかカッコよく描かれておりました。


とにかく、榎木孝明の力の入れ具合は半端なく、この作品に対する熱は伝わってきました。
でも、観終わったあと、熱かったなぁという感じだけで、作品自体の想いは空回りしている
ような感覚に陥りました。


音楽も少々安っぽく感じた。


余計な場面が、ちょっと多いよね。
すこし残念な作品。






2010年/日本/121分/シネスコ/
監督:五十嵐匠/脚本:丸内敏治 、西田直子/音楽:吉俣良/
出演: 榎木孝明、AKIRA (EXILE)、白石美帆、津田寛治、坂上忍/




 ← クリックお願いします♪




半次郎  [DVD]
ポニーキャニオン
2011-08-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 半次郎  [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『半次郎』 ('12・初鑑賞47・WOWOW) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる