みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 平清盛 第15回「嵐の中の一門」

<<   作成日時 : 2012/04/16 20:04   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 11 / コメント 0




はい、今週も『平清盛』のお時間でございます。
昨日は、鹿にエサをやりに、奈良まで遠出していたもので、本日の更新でございます。(^^;
あらすじ・・・



1149年3月、熊野詣の帰途に落馬した家盛(大東駿介)は、そのまま帰らぬ人となった。
宗子(和久井映見)は悲しみのあまりとり乱し、忠正(豊原功補)は家盛が死んだのは清盛(松山ケンイチ)が神輿(しんよ)を射た報いであり、「お前が死ねばよかったのだ」と罵声を浴びせる。

後日、清盛の館を弟の頼盛(西島隆弘)が訪ねると、失意の清盛に家盛が落馬寸前に発した言葉を告げる。「兄上」というひと言だった。また自分は清盛が苦手であること、それでも伝えに来たのは、父母を同じくする唯一の兄・家盛のことを思ってのことだと伝えた。

忠盛(中井貴一)は喪が明けるとすぐに鳥羽院(三上博史)に謁見し、変わらぬ忠誠を誓う。そして、高野山の宝塔再建という鳥羽院の命を受け、自分の名代を清盛に務めさせたいと申し出る。清盛は戸惑いながらも引き受け高野山を訪れると、そこで陸奥(むつ)国への長旅から戻ったという僧・西行(藤木直人)、かつての義清(のりきよ)と再会を果たす。


そのころ、藤原摂関家の兄弟争いは激しさを増していた。
1150年に近衛天皇が元服すると、すぐに弟・藤原頼長(山本耕史)は養女・多子(まさるこ・中田美優)を入内(じゅだい)させた。兄・忠通(堀部圭亮)は対抗すべく、得子(松雪泰子)の養女・呈子(しめこ・伊藤麻実子)を自分の養女にし、入内に向けて動き始める。

一方、崇徳院(井浦新)の御所には権力争いから遠ざけられた兄弟が暮らしていた。
兄・崇徳院と弟・雅仁親王(松田翔太)である。歌ってばかりの雅仁親王に、政治に復帰する野心がないのかと崇徳院が問うと、雅仁親王は笑い飛ばし、野心があるのは兄ではないかと言い当てる。


家盛の一周忌がやってきた。
供養のため家盛の愛用品を正倉院に収める支度をする忠盛に、宗子が清盛の生みの母・舞子の形見である鹿の角を差し出した。亡き舞子の志を遂げたいと忠盛が思っていたために家盛が死んだのだと宗子は感情をぶつけた。

ある日、清盛の館を西行が訪ねて来た。
清盛は西行に、平氏一門は嵐のただなかにあるが、その嵐のもとは自分であり、自分に宝塔再建の大役は果たせないと弱音を吐く。西行は、清盛にしかできないことがあるはず、嵐の中に身を置いて務めを一心にはたすべきだと清盛を諭す。清盛はふっきれたように宝塔の再建に全力を注ぎ始める。

一方、源義朝(玉木宏)は藤原摂関家に言いなりの父・為義(小日向文世)と衝突を繰り返していた。
ある日、義朝は常盤(ときわ・武井咲)が貴族の家人らしき男ともめているのに出くわす。実は忠通が呈子の入内を華々しいものにするため、見目麗しい女性を都じゅうから集めていた。そこで、病人の母を抱える貧しい家の娘・常盤に白羽の矢が立ったのだ。嫌がる常盤に向かい義朝は、呈子に仕えれば親孝行になると説得。常盤は集められた千人の中で随一の美女に選ばれ、宮中に入ることになった。


美福門院となった得子に呼ばれた忠盛は、この再建が落成のあかつきには、公卿の地位も夢ではないということをほのめかされる。しかしその直後、頼長が忠盛の前に現れ、家盛が死に至ったてんまつを告白する。家盛は自らが平氏の棟りょうとなるために全てを自分に差し出し、自ら平氏一門を売った小心者だと馬鹿にし、家盛の死を「犬死にだ」と笑い飛ばす。忠盛の心中には、やり場のない怒りが充満していた。


高野山に納める曼荼羅(まんだら)を彩色する様子を見つめていた清盛は、絵師にすすめられ、筆をいれようとしていた。そこへ忠盛があらわれ、清盛に今すぐ中止しろと叫ぶ。志のために家盛に犠牲を強いてきたと自らを責め、もはや自分が出世のために努力を重ねてきたことすべてが無駄だったと悔い叫ぶ。だが清盛は、曼荼羅の彩色を止めようとせず、そんな清盛を忠盛は幾度となく投げ飛ばす。それでも清盛は、自分は家盛の兄だと叫び、額から流れた血を筆につけ、曼荼羅の中央にある大日如来の唇を塗った。

そんな清盛を忠盛はただ涙を浮かべながら、もはや見守るしかなかった。

やがて、宗子もその場にきて曼荼羅に見入った。家盛が兄上によろしくと言っていると、宗子はほほえみかけると清盛はすでに疲労のあまり、深い眠りについていた。


こうして平氏一門が嵐を乗り越えて結束を深めた一方で、源氏一門の絆を危うくする事件が起きようとしていたのだった。

(公式サイトより)









視聴率悪いですねぇ。。。最近こういう出だしばっかりですが、このドラマの面白さが解らんのかなぁ?
ちょっとネガティブ・キャンペーンに振り回されすぎちゃうん?
まぁ、とにかく、今回は登場人物がやたら多い回でした。(^^;


史実(・・・とされている事柄)と創作が良い感じに入り乱れて、大変面白く鑑賞させていただきました。


藤本有紀さんの脚本は『ちりとてちん』のときから好き。


家盛の遺体に 「触れるでない!」と叫ぶ宗子さん。
忠盛、清盛、宗子 それぞれの複雑な心境が描かれていて、観ていて苦しくなる場面でしたね。


でも今回一番やったのは、藤原頼長を演じている山本耕史。
あの人間的いやらしさをほんま お見事に演じておりました。 横からのアングルで、目玉が
飛び出さんばかりに眼をむいて厭味ったらしく演じていたのが素晴らしい。(^^;


主人公:清盛は、豪快な部分と繊細な部分を併せ持つ人物ということで、いまのところクヨクヨ
悩む部分の方が多いですね。

いやでも、実際こうやったんちゃう?って思いますわ。
あんだけ親族から嫌われ暴言吐かれたら、へこんで当たり前やっちゅうーねん。


でも良い友人を持っていたことが、彼の福運でしたね。


西行いわく 「辛く厳しい冬の時代を経験した者でしか観れない美しきものがある」




今回は画的にすきな場面がいくつかありました。
特に藤原頼長と平忠盛のカットと、曼荼羅に自分の血で彩色する清盛のカット。


作り手の皆様には、印象に残る絵作りにも、もっと頑張ってほしいですね。応援しております。






 ← クリックお願いします♪



源平武将伝 平清盛 (コミック版日本の歴史)
ポプラ社
水谷 俊樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 源平武将伝 平清盛 (コミック版日本の歴史) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(11件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大河ドラマ「平清盛」第15回
家盛の兄は、自分… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.A
2012/04/16 20:11
平清盛 第15回 嵐の中の一門
『嵐の中の一門』 ...続きを見る
レベル999のgoo部屋
2012/04/16 20:24
【平清盛】第15回
家盛(大東駿介)は、頼長(山本耕史)の謀略にはまり失意のうちに落馬死する。 家盛の死に絆強き平氏一門は初めて大きく揺れる。 ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/04/16 20:52
感じられておいでじゃ
「まこと変わらぬ」佐藤義清改め西行は坊主になっても、モテモテぶりは変わらず盛国は、目をパチクリして驚いた平清盛第15回嵐の中の一門熊野詣から、亡骸になって帰ってきた家盛... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2012/04/16 21:15
感じられておいでじゃ
「まこと 変わらぬ」佐藤義清改め西行は坊主になっても、モテモテぶりは変わらず盛国 ...続きを見る
虎団Jr. 虎ックバック専用機
2012/04/16 21:15
NHK大河ドラマ「平清盛」第15回「嵐の中の一門」
嵐!変身忍者でもゲームセンターでもなく、平氏一門を翻弄する嵐!いよいよ今週ピークと決着と後始末とつじつま合わせと雨降ってジ・アルフィーを残らずやっつけちゃおうって勢いですよ!奥様! ...続きを見る
真田のよもやま話
2012/04/16 21:32
平清盛 第15回 「嵐の中の一門」
家盛が病で亡くなる。 母・宗子がパニック。 父・忠盛は頼長から息子と関係があった話を直接聞かされ、犬死だとからかわれ、激怒して自分が家盛を殺してしまったと己を責める。 頼盛は清盛に向かって... ...続きを見る
青いblog
2012/04/16 22:12
大河ドラマ 「平清盛」 #15 嵐の中の一門
平家分裂の兆し。 家盛の死が大きくのしかかる。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2012/04/16 23:55
平清盛 第15話 感想「嵐の中の一門」
平清盛ですが、家盛(大東駿介)が落馬して亡くなると平家一門は悲嘆にくれます。もり役の平維綱(尾美としのり)は男泣きですが、家盛の晴れ姿を満足気に見ていたのも今思えば物哀しいです。 忠盛(中井貴一)も悲痛な顔で一言も発しません。宗子(和久井映見)が泣き叫ぶ姿は痛々しいかぎりですが、清盛(松山ケンイチ)が家盛にかけよると「触るでない!」と毒々しい声で清盛を睨みつけます。 もう修羅場ですが、ここで平忠正(豊原功補)が清盛を引きずり倒して「貴様が神輿など射たから家盛に神罰が当たったのだ!」と罵倒しま... ...続きを見る
一言居士!スペードのAの放埓手記
2012/04/17 00:18
「平清盛」 第15回、嵐の中の一族
大河ドラマ「平清盛」。第15回、嵐の中の一族。 平家盛の急死により荒れる一族。 毎度のようにハブられる清盛。 ...続きを見る
センゴク雑記
2012/04/17 20:38
平清盛、子が親を越えた瞬間かも??
叔父の忠正からは『お前が死ねばよかった!!』と言われ、母・宗子からは 『触れるな!!』と言われすっかり意気消沈の清盛ですね 祇園社事件で神輿に矢を射った清盛ですが、その祟りが家盛の死に繋 がったと皆が思っているのですから居場所が無くなるのも仕方あません ...続きを見る
函館 Glass Life
2012/04/19 15:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
平清盛 第15回「嵐の中の一門」 みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる