みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ツレがうつになりまして。』 ('11初鑑賞135・劇場)

<<   作成日時 : 2011/10/09 10:53   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 16 / コメント 2




☆☆☆★− (10段階評価で 7)
10月8日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 16:15の回を鑑賞。


解説:
夫がうつ病になったことをきっかけに、これまでの自分たちの姿を見つめ直し、共に
成長していく夫婦のきずなを描いた感動のラブストーリー。
細川貂々のベストセラーコミックエッセイを、『半落ち』の佐々部清が映画化。

大河ドラマ「篤姫」でも夫婦を演じた宮崎あおいと堺雅人が、互いを思いやろうとする
主人公夫婦を絶妙なコンビネーションで演じている。
シリアスな題材でありながら、ハートウオーミングな感動を与えてくれる一作。


あらすじ:
仕事をバリバリこなすサラリーマンの夫、通称ツレ(堺雅人)が、ある日突然、
心因性うつ病だと診断される。

結婚5年目でありながら、ツレの変化にまったく気付かなかった妻・晴子(宮崎あおい)は、
妻としての自分を反省する一方、うつ病の原因が会社にあったことからツレに退職を迫る。
会社を辞めたツレは徐々に体調を回復させていくが……。
(シネマトゥデイ)








劇場内は、わりと年配の方が多かったですね。
やっぱ、『篤姫』のコンビが出演してるってことで、夫婦で見に来てるようです。


「うつ」をテーマにしたコミック・エッセイを原作にした今作。
ナイナイの岡村が療養中にこのコミックを読んでたみたいですね。


作品自体は、全体的にかなりゆったりと、地味に、淡々と描いております。
これを観る前に『猿の惑星:創世記』を観てたので、このギャップの差に少々戸惑いました。(^^;


テーマがテーマだけに、こういう描き方になるのは仕方ない・・・のか?
個人的には、映画作品としてもっとテンポよく、もっとコメディタッチでも良いのでは?


このあたりに、日本人の妙な遠慮深さが感じられて、ちょっと残念な気がした。
アメリカ映画だったら、思いっきり笑わせて、ほろっとさせて、深く考えさせてくれる
良作を作るんやろなぁと思う。





私の周りにも、「うつ」で苦しんでる人がたくさんいて、実際にその状況を目の当たりに
してきました。


ほんとに当たり前のようにリスト・カットしたり、ふつうに首を吊ろうとする現場に遭遇した
こともあり、重いウツ症状の大変さを感じてきたひとりです。


ただ自分がうつになったことはないので、当の本人の苦しさは想像するしかありません。



この作品で、「ツレ」が恵まれていたことは、「ハル」さんという奥さんがいたこと。
彼女の根本的な人としての強さが、「ツレ」の支えになっていた。


「ツレ」のうつのおかげで、「ハル」さんも強くなれた。
「ツレ」が言います。

 「病気になった”原因”を考えるのではなく、病気になった”意味”を考えるようになった」



そして、結婚式をあげた教会での場面


 「健やかなるときも、病めるときも・・・」


これぞ本当の夫婦の姿なんやろなぁ〜と思いました。
この場面で思わず涙。



映画では振り子のように、良くなったり悪くなったりを繰りかえして、ゆっくりと回復していく。
三寒四温ともいいますよね。





宮崎あおい の空気感は心地よいなぁ。(*^^*)


イグ(ペットのイグアナ)になりたい・・・と嘆くツレに、ハルさんがツレの手を自分の胸に
触らせて、「イグ(冷血動物)になったら、こんなにあったかくないんだぞ!」と言う場面が好き♪


「がんばらないぞ!」





堺雅人と宮崎あおいの絶妙なコンビネーション。
演出的には多少不満は残るが、観といたほうがいい良作だと思います。(^-^)









2011年/日本/東映/121分/ビスタ/
監督:佐々部清/脚本:青島武/原作:細川貂々/
出演:宮崎あおい、堺雅人、吹越満、田山涼成、大杉漣、余貴美子/




 ← クリックお願いします♪



 
 
 

ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)
幻冬舎
細川 貂々

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
その後のツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)
幻冬舎
細川 貂々

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by その後のツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
7年目のツレがうつになりまして。
幻冬舎
細川 貂々

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 7年目のツレがうつになりまして。 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(16件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ツレがうつになりまして。
漫画家・細川貂々の同名ベストセラーを『日輪の遺産』の佐々部清監督が実写映画化。ある日突然夫がうつ病になったのをきっかけに、夫婦の絆と成長していく姿を描いたハートフルドラマだ。主演『日輪の遺産』の堺雅人と『神様のカルテ』の宮崎あおい。共演に吹越満、大杉漣、余貴美子らが出演している。細川貂々の直筆漫画を交えたユーモラスなタッチが重いテーマを和らげる。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2011/10/09 21:03
ツレがうつになりまして。
宮崎?あおいとアマンダ・セイフライドサイフリッド 公式サイト。細川貂々原作、佐々部清監督、宮?あおい、堺雅人、吹越満、津田寛治、犬塚弘、梅沢富美男、田山涼成、大杉漣、 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2011/10/09 21:55
「ツレがうつになりまして。」頑張り過ぎてうつになった先にみた妻の献身的な支えと夫婦の絆
「ツレがうつになりまして。」は結婚5年目の夫婦に突然夫がうつ病となり、うつ病を治すために妻が献身的な看護で夫を支えていくストーリーである。誰にもうつ病になる可能性のあ ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2011/10/11 00:17
ツレがうつになりまして。(2011-078)
漫画家・細川貂々の同名ベストセラー作品を篤姫の夫婦役を演じた 堺雅人と宮崎あおいで実写映画化。 監督は佐々部清 ...続きを見る
単館系
2011/10/11 22:16
出来ない事よりも出来る事を見つける事。『ツレがうつになりまして。』
細川貂々のベストセラーコミックエッセイを実写版映画化した作品です。 ...続きを見る
水曜日のシネマ日記
2011/10/11 22:43
ツレがうつになりまして。
ヤバい!宮崎あおいが最高にイイ。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2011/10/12 00:30
『ツレがうつになりまして。』
□作品オフィシャルサイト 「ツレがうつになりまして。」□監督 佐々部清 □脚本 青島 武□原作 細川貂々 □キャスト 宮崎あおい、堺 雅人、吹越 満、津田寛治、犬塚 弘、梅沢富美男、大杉 漣、余貴美子■鑑賞日 10月10日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2011/10/13 12:06
「ツレがうつになりまして。」感想♪
「がんばらないぞ!」に 「ジンっ」 とした---(涙) ...続きを見る
★ Shaberiba 
2011/10/14 23:27
「ツレがうつになりまして。」 病気になってわかること
宮アあおいちゃんファンなので、さっそく観に行ってきました。 「神様のカルテ」でも ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2011/10/15 06:56
ココロが風邪をひいたら〜『ツレがうつになりまして。』
 売れない漫画家のハル(宮崎あおい)は、几帳面で真面目な夫・ツレ(堺雅人) と二人暮らし。結婚5年目のある日、ツレが「うつ」になってしまう。 ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2011/10/15 12:37
ツレがうつになりまして。
 『ツレがうつになりまして。』を渋谷TOEIで見てきました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2011/10/19 05:19
【ツレがうつになりまして。】病める時も健やかなる時も
ツレがうつになりまして。 ...続きを見る
映画@見取り八段
2011/10/23 14:00
「ツレがうつになりまして。」(日本 2011年)
イグアナと亀。 はしごたか。 本当に描きたい匁。 ...続きを見る
三毛猫《sannkeneko》の飼い主の...
2011/11/22 22:15
■映画『ツレがうつになりまして。』
宮崎あおいちゃんが、映画『神様のカルテ』に続き、“ハルさん”と呼ばれるほのぼの奥さんを演じた映画『ツレがうつになりまして。』。 ...続きを見る
Viva La Vida! <ライターC...
2011/11/25 00:30
映画:ツレがうつになりまして。
 この映画、暗くなりそうで見ないつもりでした。けれど部長がエキストラで出演しているということで、急遽見に行くことに。そんな理由でいいのか??と言うわけで、ツレがうつになりまして。を見てきました。 ...続きを見る
よしなしごと
2011/12/10 18:54
映画評「ツレがうつになりまして。」
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2011年日本映画 監督・佐々部清 ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2013/03/18 10:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
宮崎あおいさんが出る作品は、演出が極抑えられてるの多いと思いますね。作品のテーマの経験者ならば多くの人が共感できますが、ハリウッド映画
のようにエキサイティングではないので慣れないと眠たくなる。
それでも一度見た人には忘れられない作品が多いので新しい作品ができる
とまたみにいってしまうかも。
眠たい
2011/10/09 18:59
眠たいさん>
コメントありがとうございます♪(^-^)
過剰な演出をしないのが日本映画の良いところでもありますが、あまりに地味なのもどうかな?と思ってしまいました。
悪くはないんだけど、もっと良い演出ができるんちゃうかなぁと思います。
宮崎あおいの出てる映画は好きなものが多いです。(^-^)
みはいる・B
2011/10/09 22:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ツレがうつになりまして。』 ('11初鑑賞135・劇場)  みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる