みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『うさぎドロップ』 ('11初鑑賞115・劇場)

<<   作成日時 : 2011/08/23 20:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 19 / コメント 4




☆☆☆−− (10段階評価で 6)
8月20日(土) 神戸国際松竹 スクリーン2にて 16:05の回を鑑賞。


解説:
宇仁田ゆみ原作の人気コミックを、『蟹工船』のSABU監督が映画化したヒューマン・ドラマ。
ひょんなことから一緒に暮らすことになった6歳の少女と男の珍妙な共同生活を描き出す。

不器用だが心の温かい主人公を演じるのは、『DEATH NOTE デスノート』シリーズの
松山ケンイチ。彼のキュートな相棒を、『告白』などの子役の芦田愛菜が演じている。
香里奈や池脇千鶴、風吹ジュンら豪華キャストらと共に織り成す感動の物語が胸を打つ。


あらすじ:
27歳独身のダイキチ(松山ケンイチ)は、祖父の葬式に出席するため久しぶりに帰省する。
彼はその席で6歳の少女りん(芦田愛菜)に目を留めるが、何と彼女は祖父の隠し子だと
いうことで親族一同がパニックに陥ってしまう。

ダイキチは施設に入れられそうになっていたりんをふびんに思い、つい自分が彼女を
引き取って育てると言ってしまい……。
(シネマトゥデイ)









正直な話、観るつもりはなかったんですが、映画公開時期に合わせてはじまった
アニメ版をなんとな〜く観てるうちに、すっかり はまってしまい、映画も鑑賞してきました。


原作コミックは読んでません。


当然のことながら、アニメ版とは設定が微妙に違ってまして、ダイキチのキャラ設定も
アニメ版とはちょっと違いますね。(原作:30歳、映画:27歳)


映画は、りんちゃん:芦田愛菜 目当てで見に来られる方が大半ではないでしょうか。
私個人としては、子役で成功することに、あんまり良い印象がないのです。

なので、今は可愛いくて良いけども、これからの愛菜ちゃんの人生が幸せになれるのか
映画とは全く関係ないんですけども、余計な心配をしてしまいます。(^^;;



この子は、ホントに自然な演技ができる、立派な女優さんですよね。

大河『江』で、茶々の子供時代を演じてましたけど、脚本があまりにも酷いので
せっかくの演技力が活かされていませんでした。



さてさて、映画の感想。



アニメを先に観てしまったので(・・・といっても、まだ3話しか観てないが・・)、
アニメが基本になってしまいます。ご了承ください。


映画オリジナルの余計な場面・・・ダイキチの妄想シーン(含む下手くそなダンス)などが
映画全体のテンポを悪くしてしまい、非常に残念。

こんな場面、入れる必要ないでしょう。



りんちゃんのキャラ。 やはりアニメ版のほうが自然な感じがする。
愛菜ちゃんの演技が悪いわけではありません。


ありきたりなクライマックス。 ワンパターンといいますか・・・。


文句ばっかり言ってますが、子供を育てる・・・ということの大変さ重要さ、それについての
心構え・・・みたいなものは、しっかり描かれていたように思います。


高畑淳子さんが演じる杉山さんとダイキチとの車の中でのやりとりが、
実をいうと一番印象に残っている。


いろんな事情はあるのでしょうけども、簡単に子供を捨てる・子供を愛せない親が多くなった
現代ですから、杉山さんの言葉はちょっときついけど、しっかり心にとどめなければと思います。



・・・・・って、私 まだ独身ですが。。。(^^;;



ダイキチのがんばりはホントに尊敬します。
愛菜ちゃんのかわいさに癒されます。 でも、やっぱり将来が心配。。。(−−;



エンディングで流れるPUFFYの歌、最初、原由子さんが歌っているのかと思った。(^^;







2011年/日本/114分/シネスコ/
監督:SABU/原作:宇仁田ゆみ/
出演:松山ケンイチ、香里奈、芦田愛菜、桐谷美玲、キタキマユ/



 ← クリックお願いします♪



うさぎドロップ (1) (FC (380))
祥伝社
宇仁田 ゆみ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by うさぎドロップ (1) (FC (380)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(19件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
うさぎドロップ
お父さん、あのね 公式サイト。宇仁田ゆみ原作、SABU監督。松山ケンイチ、香里奈、芦田愛菜、池脇千鶴、木村了、キタキマユ、風吹ジュン、中村梅雀。祖父鹿賀宋一はジジイになるま ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2011/08/23 21:21
うさぎドロップ
宇仁田ゆみ原作の人気コミックを『蟹工船』のSABU監督が実写映画化。祖父の隠し子を引き取って育てることになった主人公が四苦八苦しながらも親になることの意味を悟ってゆくハートフルドラマだ。主演は『GANTZ』、『ノルウェイの森』の松山ケンイチとドラマ「マルモのおきて」が大ヒットし、今ノリにノッている芦田愛菜。共演に香里奈、桐谷美玲、中村梅雀、風吹ジュンらが出演している。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2011/08/23 23:48
松ケンと愛菜ちゃん最高!! 【映画】うさぎドロップ
【映画】うさぎドロップ 宇仁田ゆみ原作の人気コミックを、 『蟹工船』のSABU監督が映画化。 ...続きを見る
B級生活 ゲームやら映画やらD-POPや...
2011/08/24 22:46
うさぎドロップ
宇仁田ゆみの人気コミックスを「GANTZ」「ノルウェイの森」の松山ケンイチ とTV「Mother」「マルモのおきて」の芦田愛菜主演で実写映画化した ハートフル・ドラマ。 ひょんなことから亡き祖父の隠し子である少女を引き取ることになった 独身サラリーマンが、子育てとい… ...続きを見る
だらだら無気力ブログ
2011/08/25 02:07
「うさぎドロップ」 子供との時間も、自分の時間だから
芦田愛菜ちゃんが反則的にカワイイ。 僕自身は結婚もしてないし、(当然のことながら ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2011/08/25 20:51
『うさぎドロップ』
□作品オフィシャルサイト 「うさぎドロップ」□監督 SABU□脚本 林民夫、SABU □原作 宇仁田ゆみ □キャスト 松山ケンイチ、香里奈、芦田愛菜、桐谷美玲、キタキマユ、佐藤瑠生亮、       綾野剛、木村了、高畑淳子、池脇千鶴、風吹ジュン、中村梅雀■... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2011/08/26 12:18
うさぎドロップ
うさぎドロップ ★★★☆☆(★3つ) ...続きを見る
食はすべての源なり。
2011/08/26 13:45
映画「うさぎドロップ」松山ケンイチと芦田愛菜の芸達者ぶりを見る
「うさぎドロップ」★★★☆ 松山ケンイチ、香里奈、芦田愛菜、 池脇千鶴、木村了、キタキマユ、 風吹ジュン、中村梅雀出演 ...続きを見る
soramove
2011/08/28 10:23
うさぎドロップ(2011-066)
27歳独身のダイキチ(松山ケンイチ)は、 祖父の葬式に出席するため久しぶりに帰省する。 彼はその席で6歳の少女りん(芦田愛菜)に目を留めるが、 何と彼女は祖父の隠し子だということで 親族一同がパニ... ...続きを見る
単館系
2011/09/02 22:45
映画「うさぎドロップ」
先月の話になりますが、映画「うさぎドロップ」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2011/09/06 21:46
映画『うさぎドロップ』
松ケンファンの私はずいぶん前から楽しみにしてました、この作品。 ...続きを見る
よくばりアンテナ
2011/09/09 18:47
■映画『うさぎドロップ』
松山ケンイチと芦田愛菜が急ごしらえの親子になっていく様子を描く映画、『うさぎドロップ』。 ...続きを見る
Viva La Vida! <ライターC...
2011/09/12 01:54
うさぎドロップ
まわりを見渡せば、 世界は愛で溢れてるー。 ...続きを見る
Peaceナ、ワタシ!
2011/10/04 16:46
【うさぎドロップ】大吉さんがとにかくカッコいいっす!
うさぎドロップ ...続きを見る
映画@見取り八段
2011/10/12 01:34
うさぎドロップ
うさぎドロップ'11:日本◆監督:SABU「蟹工船」「ホールドアップダウン」◆出演:松山ケンイチ、香里奈、芦田愛菜、桐谷美玲、佐藤瑠生亮◆STORY◆27歳で独身サラリーマンのダイキチは祖 ... ...続きを見る
C'est joli〜ここちいい毎日を〜
2011/10/14 16:42
うさぎドロップ
11年/日本/114分/ドラマ/劇場公開 監督:SABU 過去監督作:『疾走』 原作:宇仁田ゆみ 脚本:SABU 主題歌:PUFFY『SWEET DROPS』 ...続きを見る
銀幕大帝α
2012/02/03 00:14
映画:うさぎドロップ
 去年の夏頃公開された映画ですが、DVD発売直前に劇場で見てきました。と言うわけで今回の作品は2本だての1作目、 うさぎドロップです。 ...続きを見る
よしなしごと
2012/02/18 20:14
うさぎドロップ(感想239作目)
10月2日 うさぎドロップ(感想239作目) ...続きを見る
スポーツ瓦版
2012/10/02 20:56
映画評「うさぎドロップ」
☆☆☆(6点/10点満点中) 2011年日本映画 監督SABU ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2012/10/30 10:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ものすごくお久しぶりです(^^ゞ
アニメの方のうさぎドロップは楽しんで観てます。
映画の方はどうしようか迷ってますね。

子供を育てるのはホントに大変ですね。
まあ、僕も独身ですが(笑)しかも童貞…。
姪や甥の面倒は見ているので、これが毎日かと思うと自分に子供が育てられるのか自信はないです(^^ゞ
りく
2011/08/23 22:05
りくさん>
ほんま、おひさしぶりです。(^-^)
元気にしてますか?

この映画、原作・アニメファンからは評価低いですね。
でもまぁ、別物として割り切ってみれば悪くはないですよ。

お互い独身ってことで、福運積んでいきませう。
絶対的幸福境涯になれたら、それで良いですよ。
(それが一番難しいけど。。。(^^;;)
みはいる・B
2011/08/24 20:50
子供を育てるということの大変さ重要さ

これが表現されていれば十分ですよ。映画だと時間も限られますし。

ホントにすごいと思うのは、原作者の宇仁田さん。
こんな感動作をよくぞ作ってくれました!
しかもこの方の才能をあぶり出したサイトまであるんでビックリですわ。
http://www.birthday-energy.co.jp/

緩急自在、勢いのある色気タップリな表現力、
自己に苦悩しながらも世間を観察する力量
際限のない何でもありそうな少女的感性

そしてやっぱり勢いあるんですね!
akasaku
2011/08/24 23:19
akasakuさん>
コメントありがとうございます。(^-^)

そうですね、限られた時間内で如何に描くか
作り手の腕の見せ所ですよね。

アニメは観てますが、原作はまだなので
こんど原作を読んでみたいと思います。(^-^)

みはいる・B
2011/08/25 20:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『うさぎドロップ』 ('11初鑑賞115・劇場) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる