みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『黄色い星の子供たち』 ('11初鑑賞101・劇場)

<<   作成日時 : 2011/07/26 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 0




☆☆☆☆− (10段階評価で 8)
7月23日(土) シネ・リーブル神戸 シネマ2にて 11:50の回を鑑賞。


解説:
1942年、フランス政府によって行われたユダヤ人一斉検挙「ヴェル・ディヴ事件」を、過酷な
運命に翻弄(ほんろう)された子どもたちの視点から描いた真実の物語。
フランス国内で長年タブーとされてきた同事件の全ぼうを、一斉検挙された子どもたちの中
で生き残った数少ない人物の証言などを基に、元ジャーナリストのローズ・ボッシュ監督が
あぶり出す。

キャストには、祖父がアウシュヴィッツに強制収容されていたという『オーケストラ!』の
メラニー・ロラン、フランスを代表する名優ジャン・レノらが名を連ねる。


あらすじ:
1942年ナチス占領下のパリ、ユダヤ人は胸に黄色い星をつけるよう義務付けられ、公園や
映画館、遊園地への立ち入りが禁じられていた。それでも11歳のジョー(ユゴ・ルヴェルデ)と
家族、隣人たちは、ささやかな暮らしは続くと信じていた。

同年7月16日、フランス警察によるユダヤ人一斉検挙が始まり、およそ1万3,000人もの人々が
ヴェル・ディヴ(冬季競輪場)へと送られる
(シネマトゥデイ)








フランスで生活していたユダヤ人を、フランス政府主導(もちろん、背後にはナチス・ドイツ)
で迫害した事件をフランスが映画化。


ユダヤ人とは、ユダヤ教を信仰する人、または、その人を親に持つ人 を指す意味だそうで
ユダヤという国があるわけではない。

映画でも、”フランス国籍のユダヤ人”という セリフもありました。



ドイツ・ナチス党総統 アドルフ・ヒトラーの号令で、一斉にユダヤ人の迫害(ホロコースト)
が始ったのですがユダヤの人々をかくまう国家もあって、フランスもその一つでした。


ですが、ナチスの圧力に屈して、迫害してしまう。



『シンドラーのリスト』や『戦場のピアニスト』など、ホロコーストを扱った映画を何本か鑑賞
してきましたが、家族が離れ離れになる場面、警察から不当な暴力を受ける場面をみると
腹の底から怒りが湧いてきます。


涙よりも、どうしようもない、怒り。 自分だったらどうするか。 
映画を観ながら、自分に置き換えた状況を同時に想像しながらの鑑賞でした。


冬季競輪場に閉じ込められた、何万人ものユダヤの人々。


消防士の隊長(フランス人)が、彼らのために水を分け、密かに手紙を受け取って
隊員たちに「明日は仕事を休んで、遠い街に行って手紙をポストに入れろ」と言う場面
熱いものを感じた。



ジャン・レノはユダヤ人の医師、メラニー・ロランは看護師を熱演。



収容所に入れられ、不自由な生活を強いられる。



その後は、今まで何度も見たり聞かされたりしたお話、また家族とバラバラになり
つぎつぎとガス室に送られ殺されていく。・・・ちなみにこの映画では、そういった場面はありません。


メラニー・ロランが男の子たちと再会するラスト・シーンでは、思わず涙が溢れてしまいました。


真実故に、ものすごく重たい物語ですが、しっかりと見ておかないといけない作品だと思います。
そして、なんでこんな残酷なことが平然と行われたのか、考える必要がある。









2010年/フランス、ドイツ、ハンガリー/125分/シネスコ/
監督・脚本:ローズ・ボッシュ/
出演:メラニー・ロラン、ジャン・レノ、ガド・エルマレ、ラファエル・アゴゲ、ユゴ・ルヴェルデ/



 ← クリックお願いします♪



シンドラーのリスト スペシャル・エディション 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]
UPJ/ジェネオン エンタテインメント
2009-07-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シンドラーのリスト スペシャル・エディション 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
戦場のピアニスト [Blu-ray]
アミューズソフトエンタテインメント
2009-11-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 戦場のピアニスト [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ヨーロッパ推奨映画×4:(1)黄色い星の子供たち LA RAFLE 自由の都パリでも吹き荒れたホロコ...
優れたヨーロッパ映画を続けて×4も観たので、シリーズでその感想を。 ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2011/07/25 22:40
黄色い星の子供たち
1942年にフランスで行われた「ヴェロドローム・ディヴェール大量検挙事件」を描いたリアルストーリー。フランスがホロコーストの片棒を担いだこの事件を、当時の数少ない生き残りの方々からの証言で構築された。出演は『オーケストラ!』のメラニー・ロラン、ジャン・レノら有名俳優もさることながら、子役たちの活躍が素晴らしい。監督は元ジャーナリストのローズ・ボッシュが務めた。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2011/07/25 23:24
黄色い星の子供たち
第二次世界大戦中。 ナチス支配下のフランス・パリでは、ユダヤ人は衣服の胸に黄色い星をつけることが義務付けられ、公共施設への立ち入りも禁じられていた。 そして1942年7月16日。 夜明け前に始まったユダヤ人一斉検挙で、1万3千人もの人々が逮捕され、“ヴェル・ディヴ(冬季競輪場)”に押し込められた。 赤十字から派遣された看護師アネットはその光景に愕然とするが…。 実話に基づく戦争ヒューマンドラマ。 ...続きを見る
象のロケット
2011/07/26 04:42
黄色い星の子供たち
 『黄色い星の子供たち』をTOHOシネマズシャンテで見てきました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2011/08/03 06:28
映画『黄色い星の子供たち』を観て
11-46.黄色い星の子供たち■原題:La Rafle■製作年・国:2010年、フランス・ドイツ・ハンガリー■上映時間:125分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:7月23日、新宿武蔵野館■料金:1,800円 □監督・脚本:ローズ・ボッシュ□衣装:ピエール=ジャン・ラロック□撮影監督... ...続きを見る
kintyre&#039;s Diary...
2011/09/21 23:32
「黄色い星の子供たち」
「La raffle」 …aka「The Round Up」2010 フランス/ドイツ/ハンガリー ...続きを見る
ヨーロッパ映画を観よう!
2011/09/25 19:19
黄色い星の子供たち
切なくて哀しい見応えのある作品・・・。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2011/12/12 00:56
【黄色い星の子供たち】灰は語らない
黄色い星の子供たち〜 La Rafle. : The Round Up 〜 ...続きを見る
映画@見取り八段
2012/01/22 18:50
映画評「黄色い星の子供たち」
☆☆☆(6点/10点満点中) 2010年フランス=ドイツ=ハンガリー合作映画 監督ローズ・ボッシュ ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2012/09/19 15:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『黄色い星の子供たち』 ('11初鑑賞101・劇場) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる