みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 龍馬伝 第23回「池田屋に走れ」

<<   作成日時 : 2010/06/06 20:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 21 / コメント 2




『龍馬伝』のお時間です。(^-^)
まずは あらすじ・・・・・


龍馬(福山雅治)、勝(武田鉄矢)ら勝塾の面々は、近藤長次郎(大泉洋)と大和屋の娘・徳
(酒井若菜)の婚礼を祝う。そして、いよいよ神戸海軍操練所が完成する。


待ちに待った操練所で操船術や砲術について学ぶ龍馬たち。しかし、そのなかで、ひとり
望月亀弥太(音尾琢真)は思い悩んでいた。かつての勤王党の仲間たちが土佐藩に捕らえられ、
攘夷を叫んだ長州藩が朝廷から追われ、時代は亀弥太が思い描く方には向かっていなかった。


同じころ、薩摩藩と会津藩らによって京を追われた長州の久坂玄瑞(やべきょうすけ)たちは、帝を
攘夷派の手に奪い返そうとたくらんでいた。

過激な攘夷派は土佐でも弾圧され、後藤象二郎(青木崇高)による武市半平太(大森南朋)への
尋問は厳しさを増していた。


時代の流れからひとり外れた岩崎弥太郎(香川照之)は、妻の喜勢(マイコ)との間に長女が誕生し、
幸せをかみしめていた。


操練所では、紀州脱藩浪士の陸奥陽之助(平岡祐太)が憎まれ口をたたきながら秀才ぶりを発揮
していた。龍馬は望月亀弥太の姿が見えないことに気づく。
亀弥太は京の池田屋で長州藩の志士たちと会い、帝を奪う計画を立てていた。
龍馬は亀弥太を探して京に向かう。




非常に盛りだくさんな内容でありました。

オープニングから近藤長次郎の結婚、それと同時に、神戸海軍操練所の完成。
神戸での訓練の日々、亀弥太の苦悩。

京では攘夷派の会合があって、土佐では弥太郎に長女誕生。
ぶっきらぼうな物言いはそのままですが、どこか人間的な優しさを見せた
弥太郎さんでした。

そして武市さん、伊蔵と再会。

神戸では、亀弥太が姿を消し、龍馬が再び京へ。
奇しくも、池田屋事件の当日。


・・・・・・と、ドラマ45分間で描くには、ちょっと詰め込みすぎかな?と思いました。


サブタイトルが「池田屋へ走れ」ですから、ちょっと期待しましたが、
このドラマ、主人公は龍馬ですから、こういう描き方で妥当なんですよね。

今回も龍馬は熱い。



神戸の場面が神戸っぽく見えないのはご愛敬ですね。
あの位置やったら、六甲山系の山々も見えるはずやし、海は大阪のほうが薄らと見えますから。(^^;





ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(21件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
NHK大河ドラマ「龍馬伝」第23回「池田屋に走れ」
驚きましたねえ!ソフトバンクのCM!お父さん選挙出馬編のBGMにあの勇壮なテーマが!いろいろ、いろいろ思い出して感無量。ちゃんっちゃちゃ〜ちゃかちゃっちゃかちゃ〜ちゃ〜・・・って、閑話休題。 さああって今週の龍馬君は・・・ポテチ?は小池屋でしたか、池田屋池田屋、池田屋と言えば新撰組による血の粛清?いよいよ今宵あの方が?うわあ・・・カクカクカクカク・・・ ...続きを見る
真田のよもやま話
2010/06/06 20:52
「龍馬伝」第23回
   第23回「池田屋に走れ」勝や龍馬ら勝塾の面々は、長次郎と大和屋の娘、徳の婚礼を祝う。いよいよ神戸海軍操練所が完成し、龍馬らは待ちに待った操練所で操船術や砲術につい... ...続きを見る
日々“是”精進!
2010/06/06 21:07
★「龍馬伝#23」弥太郎に娘が♪
饅頭屋の長次郎が結婚〜そして弥太郎には赤ちゃんが坂本龍馬(福山雅治) 岩崎弥太郎(香川照之) 権平にぃやん(杉本哲太) 乙女ねぇやん(寺島しのぶ) 岩崎弥次郎(蟹江敬三... ...続きを見る
・*:・ふわゆら生活・:*・
2010/06/06 21:30
大河ドラマ 龍馬伝 第23回 「池田屋へ走れ」
この、小憎たらしい、皮肉屋の 陸奥陽之助 これから海援隊までずーっと龍馬と行動を共にする 後の「カミソリ大臣」と呼ばれた 陸奥宗光外務大臣ですな。 ...続きを見る
しっとう?岩田亜矢那
2010/06/06 21:32
大河ドラマ 龍馬伝 第23回 「池田屋へ走れ」
この、小憎たらしい、皮肉屋の 陸奥陽之助 これから海援隊までずーっと龍馬と行動を共にする 後の「カミソリ大臣」と呼ばれた 陸奥宗光外務大臣ですな。 ...続きを見る
こちら、きっどさん行政書士事務所です!
2010/06/06 21:32
『龍馬伝』第24回「池田屋に走れ」
長次郎、徳を嫁に貰った。祝言。龍馬、心から喜ぶ。惣之丞、亀弥太も。勝もわざわざ京から祝いに来た。そして神戸海軍操練所が完成したという報せ。新婚早々、離れ離れの長次郎。。... ...続きを見る
strの気になるドラマ 気になるコト
2010/06/06 21:40
大河ドラマ 「龍馬伝」 #22 池田屋に走れ
ついに池田屋事件。 新撰組はここから一躍名を上げ、 攘夷派は一気に衰退していく。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2010/06/06 21:46
【龍馬伝】第二十三回
近藤長次郎とお徳の婚儀の席で、勝は神戸村の海軍操練所の完成を発表した。神戸へ移動し、初めて本物の軍艦を目にし、ますます目を輝かせて訓練に励む訓練生たち。土佐では、武市が... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2010/06/06 22:04
龍馬伝 第23回「池田屋に走れ」
あれだけ大きく志士たちの心を動かした尊皇攘夷はなかなか完全に消えたりはしませんでした。いつかの大河ドラマで誰かが言っていましたが、力で押さえつけられたものは、必ず逆に力で押さえつけようとするのです。長州藩や土佐藩の土佐勤王党の面々は、そのように押さえつけられてしまったからこそそれを跳ね返そうと力で抵抗したのかもしれません。今回はその重いテーマを最後に残しつつ、残りの40分くらいはハッピームードで物語が進んでいきます。 まず、1つ目のハッピーストーリーは、長次郎の結婚でした。前々から一目惚れだった... ...続きを見る
あしたまにあーな
2010/06/06 22:15
『龍馬伝』第23回
〜池田屋へ走れ〜 ...続きを見る
悠雅的生活
2010/06/06 22:35
大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者23船を動かすには1人も欠いては動かん!全員の力が必要だと言って池田...
6日大河ドラマ「龍馬伝」第23話を視聴した。 ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2010/06/07 00:48
龍馬伝「池田屋に走れ」 邂逅のヒーロー
六月になりまして、一回目の「龍馬伝」であります。 この日本国土の平成の時代の現在では、小・鳩政権が終焉の時を迎えました。 誕生したのは、管直人総理大臣です。 年金未納問題を自民党内閣に問い詰めていた当時、管さんにも未納が見つかって、 (のちに手違いがあったと判 ...続きを見る
よかったねノート 感謝の言葉にかえて
2010/06/07 06:15
龍馬伝23 ネガティブ新撰組が斬新でカッコ良すぎる?
何という グッドタイミング! 本日の龍馬紀行は 神戸海軍操練所跡。 ...続きを見る
ぱるぷんて海の家
2010/06/07 09:40
大河ドラマ「龍馬伝」第23回『池田屋に走...
いつもながらの一言突っ込み感想です。ネタバレを含みますのでご注意下さい。23回目だというのに、龍馬はまだ操練所で汗かいてる・・・・・・・このペースで後半の見せ場にどう時... ...続きを見る
徒然”腐”日記
2010/06/07 14:20
【大河ドラマ】龍馬伝第23回:池田屋に走れ
圧倒的じゃないか、我が軍(新選組)は!【今回の流れ】・長次郎と徳の婚礼を祝う龍馬・海軍操練所が完成し、熱気に満ちて学ぶ龍馬達 秀才だが憎まれ口を叩いてしまう陸奥 捕らわ... ...続きを見る
山南飛龍の徒然日記
2010/06/07 18:25
「龍馬伝」第二十三話
時代の流れと理想。 第二十三話『池田屋に走れ』 ...続きを見る
三毛猫《sannkeneko》の飼い主の...
2010/06/07 18:32
大河ドラマ 『龍馬伝』 第23回 レビュー
大河ドラマ 『龍馬伝』 第23回 「池田屋に走れ」を観ましたー☆ ...続きを見る
サブカルチャー・ショック
2010/06/07 21:44
「龍馬伝」 第23回、池田屋に走れ
大河ドラマ「龍馬伝」。第23回、池田屋に走れ。 今回は池田屋がメインという題名ですが・・・・・・ 視聴後も何がメインだったかが分からずw ...続きを見る
センゴク雑記
2010/06/07 22:34
大河ドラマ「龍馬伝」 第23回「池田屋に走れ」
今年の大河ドラマ「龍馬伝」{/hikari_blue/}毎回欠かさず見ております{/face_yaho/} 近年稀に見る、熱中度です{/face_yoka/} ...続きを見る
空色レールウェイ
2010/06/07 22:47
≪竜馬伝≫☆23
文久3年9月20日 近藤長次郎は大和屋の娘 徳を妻に娶った。 ...続きを見る
まぁ、お茶でも
2010/06/08 08:18
龍馬伝 あらすじ 原田泰造
風の日記: 龍馬伝 第24回 愛の蛍 冨と半平太は、離れていても心は通じ合っているみたい。船に乗っている龍馬のところにも、蛍が飛んできました。伏見に到着した龍馬は、母親の幸にそっくりな寺田屋の登勢(草刈民代)に驚きます 大河ドラマ 龍馬伝 その他の回のあらすじと感想 ...(続きを読む) 龍馬伝 第24回 そこまでして、龍馬を登場させる必要があるのか ... 『龍馬伝』の主役で有る以上、龍馬の出番が皆無と言う訳には行きません。かと言って、無理をしてまで出番を増やす必要は有りませんよね。今までの中... ...続きを見る
龍馬伝 最新情報
2010/06/16 21:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私もこないだ神戸のポートタワーのあたりを見にいったので神戸には見えませんでした。
あの時代は神戸はたんなる漁村に過ぎなかったんですね。
海軍を作る龍馬たちの志の深さと時代の暗雲が対照的でした。
まり
2010/06/08 17:49
まりさん>
もっと神戸に雰囲気が近いところでロケすれば良かったのにね。
勝海舟は神戸にとっては恩人なんですね。
この回の龍馬紀行 勉強になりました。
この調子でいくと、後半ものすごく駆け足になりそうな感じがします。
みはいる・B
2010/06/08 20:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
龍馬伝 第23回「池田屋に走れ」 みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる