みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『パニッシャー:ウォー・ゾーン』 ('10初鑑賞48・WOWOW)

<<   作成日時 : 2010/04/03 13:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0




☆☆−−− (10段階評価で 4)
4月2日(金) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。


解説:
過去に2度映画化されたマーベル・コミックの人気ヒーロー、パニッシャーを主人公にした
バイオレンス・アクション。ニューヨークを舞台に、パニッシャーと最悪の敵ジグソウの攻防を描く。

監督は元世界女性空手チャンピオンのレクシー・アレクサンダー。
パニッシャーをテレビドラマ「ROME[ローマ]」のレイ・スティーヴンソンが演じる。
大人の読者がターゲットになっている“PUNISHER MAX”シリーズの世界観を存分に生かした、
ダークでハードな展開が見どころ。


あらすじ:
組織犯罪を相手に孤独な戦いを挑むパニッシャーことフランク(レイ・スティーヴンソン)は、ギャング
のボスで野心家のビリー(ドミニク・ウェスト)に狙いを定める。
パニッシャーによって見るも無残な姿にされたビリーは、“ジグソウ”という新しい名のもとに、
パニッシャーへの復讐(ふくしゅう)に乗り出すことにしたのだが……。
(シネマトゥデイ)










テーマ曲がかっこよくて、アクション・シーンもテンポ良くて飽きることは無いんですが・・・
嫌悪感を覚えてしまうぐらい やたら えげつない場面が多すぎて、
観てて、しんどくなってしまいます。。。


スプラッター・ホラーよりも、やってることはエグいです。。。(−−;
マイクロって相棒がいるんですが、その痴呆ぎみの母親の最期の姿が・・・。 
・・・ほんま、子供には見せたらあかんよ。。。


こういう映画は、観終わったあと、スカっと気分爽快にならんとあかん!・・・と思いますが
この映画は、めちゃめちゃ気分悪くなります。



監督さんは女性なんですよね。 そのことにも驚きです。
相当、ストレスやら心のモヤモヤを貯めこんでいらっしゃるのではないかと思われまする。。。


印象に残る場面も無いし、ジグソウのツギハギの顔が気持ち悪いですねぇ。
出てくるキャラが狂った連中ばっかり。。。


・・・と、いうわけで、時間つぶしにも オススメできません!











2008年/アメリカ/108分/シネスコ/
監督:レクシー・アレクサンダー/
出演:レイ・スティーヴンソン、ドミニク・ウェスト、ジュリー・ベンツ、コリン・サーモン/

映画感想50音別INDEX


ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪


パニッシャー : ウォー・ゾーン [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2009-09-02

ユーザレビュー:
「敵も味方も全員キチ ...
文句なしの最高傑作Z ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画評「パニッシャー:ウォー・ゾーン」
☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督レクシー・アレクサンダー ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2010/04/03 15:25
パニッシャー:ウォー・ゾーン
 『問答無用! 完全破壊! 孤高の人間断頭台!』  コチラの「パニッシャー:ウォー・ゾーン」は、「パニッシャー」から4年後の2008年、当初は続編というカタチで製作がアナウンスされていたのですが、途中で監督とキャストを一新し、続編ではなく再映画化したもののイ... ...続きを見る
☆彡映画鑑賞日記☆彡
2010/04/03 16:04
パニッシャー:ウォー・ゾーン
ハリウッドお得意のアメコミの実写化。ちょっと地味ではありますが、『ウォッチメン』や『インクレディブル・ハルク』、『アイアンマン』などと同じマーベル・コミックが刊行しています。主演はレイ・スティーヴンソン。実は同名の映画化3作目ではあるものの、続編ではないという微妙な大人の事情を持った作品。『ウォッチメン』でちと痛い目にあったので今回は少しだけ事前知識を仕入れて鑑賞です。(笑) ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2010/04/03 17:02
パニッシャー:ウォー・ゾーン
法で裁けぬ凶悪犯に、たった1人で制裁を加える孤高のヒーロー“パニッシャー”ことフランク・キャッスル。 犯罪組織のパーティ会場とアジトに奇襲をかけた彼は、凶悪犯ビリーに死刑を執行するつもりが、誤ってFBIのおとり捜査官を殺してしまう。 苦悩するパニッシャー。 一方ビリーは、パニッシャーに怒涛の復讐を仕掛けてくる…。 バイオレンス・アクション。 R-15 ...続きを見る
象のロケット
2010/04/03 23:46
パニッシャー:ウォー・ゾーン
マーベルコミックの人気ヒーローで過去2回映画化されたパニッシャーを 再び映画化したバイオレンスアクション。 ニューヨークを舞台に法で裁けない悪人を情け容赦なく殺害していく処刑人 パニッシャーが凶悪な敵と繰り広げる壮絶な闘いを描く。マフィアの処刑現場を目撃し.. ...続きを見る
だらだら無気力ブログ
2010/04/04 21:43
「パニッシャー:ウォー・ゾーン」 おしおきだべえ
オープニングシークエンスにて。 悪事を働くマフィア一族が集まったパーティの一室。 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2010/04/10 17:42
『パニッシャー:ウォー・ゾーン』(2008)
巨大犯罪組織の集まりに乗り込んだフランク・キャッスルは、ボスをはじめ組織の大半の人間を処刑し、一度は逃した野心家のビリーも追い詰めガラスの粉砕機に突き落とす。しかしその襲撃の最中にFBIの潜入捜査官ドナテッリを誤って殺してしまったことに気付き自責の念に駆られ、”パニッシャー”としての活動からの引退を仄めかす。だが顔の皮膚、筋肉、骨をズタボロにされながらもビリーは一命を取りとめていた。醜悪な貌となったビリーはジグソウと名乗り、フランクの仲間やドナテッリの家族を人質にフランクへの復讐を誓うのだった。... ...続きを見る
【徒然なるままに・・・】
2016/01/05 22:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『パニッシャー:ウォー・ゾーン』 ('10初鑑賞48・WOWOW) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる