みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『フライド・グリーン・トマト』 ('10初鑑賞7・WOWOW)

<<   作成日時 : 2010/01/16 17:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2




☆☆☆☆− (10段階評価で 8)
1月15日(金) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。


あらすじ:
C・ベイツ扮する主婦は横柄なご主人にいい加減うんざりしていた。
そんな時ボランティアで行った病院で知りあったJ・タンディの老婆は物語の天才。
自分の身の回りに起ったこととして語る、ある女性の話に彼女はどんどん引き込まれていく。

それは閉鎖的な30年代の南部の田舎町で、大胆に因習に逆らって、恋に生き、虐げられた黒人の
ためのレストランを開く勇気ある白人女性の話だった……。
(Yahoo!映画より)









アメリカ南部の現代(90年代)と1930年代、二つのパートで描かれる、
女性同士の友情(・・・恋愛も入っていますね)
を描いた、ちょっぴりミステリーと、ほんのちょっぴりホラー(^^;の要素も入ったドラマです。


この話を心底理解しようと思ったら、南部の歴史・黒人奴隷とかKKKのこととか
当時の女性の立場とか、ちょっとでも頭に入ってたほうがいいかもしれません。


現代パートでは、キャシー・ベイツとジェシカ・タンディ
30年代パートでは、メアリー・スチュアート・マスターソンとメアリー=ルイーズ・パーカー。


これまた、淡々と進行していくスタイルですが、不思議と退屈しません。
やはり、脚本の上手さもありますが、ジェシカ・タンディの語り口の上手さもあると思います。


女性同士(親友)で観た方が、いいかも。


それにしても、ジェシカ・タンディが演じたニニー(愛称)って、一体だれなんでしょう???
私はニニーの若いころがメアリー・スチュアート・マスターソンが演じたイジーだと思う・・・
つまり同一人物だと思ったんですが、違うんかな?


観終わってから、気になる場面を見直したんですが・・・病室に貼ってある写真とか
同一人物でないなら、過去の場面にニニーが全く登場しないのも不思議。

イジーの兄クレオと結婚したと言ってますが、クレオなんて、どこにも出てこないし・・・


なんか、この部分が気になってしまいました。(^^;



いやーそれにしても、あのバーベキューはご勘弁願いたいものですねぇ。。。
たしかに、美味いんやろなぁ。 豚肉やと思って食ってたら実は・・・・(^^;;;



現代パートでは ”トゥワンダー!!!”が頭にこびりついてしまいました。




ガンで病床にいたルースが息を引き取る場面で、看病をしていた黒人のおばさんが言ったセリフが
すごく心に響いた。 親友の死に嗚咽し涙するイジーに対して

 「ルース様はレディ(淑女)でした。 レディはおいとま時を心得ておられます。」


・・・静かに逝かせてあげて・・・ 深いなぁ・・・と思ってしまった。



・・・とにかく、気になるところがまだあるので、また観たいと思います。(^-^)
ところで、グリーントマトのフライって、そんなに美味しいのかな。










1991年/アメリカ/ユニバーサル映画/130分/ビスタ/
監督:ジョン・アヴネット/原作:ファニー・フラッグ/音楽:トーマス・ニューマン/
出演:メアリー・スチュアート・マスターソン、メアリー=ルイーズ・パーカー、キャシー・ベイツ、ジェシカ・タンディ/

映画感想50音別INDEX


ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪





フライド・グリーン・トマト [DVD]
レントラックジャパン
メアリー・スチュアート

ユーザレビュー:
原作より映画の方が好 ...
涙、とめたくないフラ ...
強く生きるための応援 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フライド・グリーン・トマト(ビデオ)
20〜50年代のアラバマ州、フライド・グリーン・トマトを名物料理に賑わうカフェを切り盛りする2人の女性をめぐる出来事を、現代のジョージア州の老人ホームで、老女が中年女性に語って聞かせるという形で描く人間ドラマ。 冴えない日々を送っている専業主婦のエヴリン・カ... ...続きを見る
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
2010/01/17 10:50
【フライド・グリーン・トマト】WOWOW(HV)
【フライド・グリーン・トマト】(HV・ビスタ) 監督/ジョン・アヴネット(1991 米) 出演/キャシー・ベイツ、ジェシカ・タンディ メアリー・スチュアート・マスターソン メアリー・ルイーズ・パーカー ■作品 1991年作品。当初に観た記憶があって「良かった」という印象はあるものの細部は何故か忘れてしまっていた。今、改めてHVで見直してみると実に心に沁みるいい作品であった。やはり観る時の年代によって感ずるところが変わってくるのだろう。 倦怠期に更年期障害とやるせない日々を送る... ...続きを見る
BLOG de thymos
2010/01/21 17:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
みはいる・Bさん、こんにちは^^
いつもTBありがとうございますm(__)m

なかなかコメントできずにいつも失礼しています(汗)
でもこの映画は僕も大好きな映画で、特に今は亡きジェシカ・タンディや、
個性派のキャシー・ベイツや、
そして何よりも『恋しくて』以来、メアリーのファンなんです。
それで実は彼女が来日した時に、おそらく一般では僕だけ彼女の控室に
入れてもらい、彼女と写真を撮ってもらいました〜♪
実にキュートで飾らない人でした。
最近は映画から離れているようでさびしいですが、
この映画は事あるごとに観直している映画です^^
cyaz
URL
2010/02/28 09:22
cyazさん>
こんには! コメントありがとうございます♪(^-^)
こちらこそ、いつもTBありがとうございます。

おお!生メアリーにお会いになったと!
なんと羨ましいぃ。(^-^)
最近は全然観なくなりましたが、元気にしてるんでしょうかね。

この映画は公開当時も観に行こうとしてたんですが、結局観にいけなくて、今頃の鑑賞となりました。

当時の映画(80年代〜90年代初め)が一番好きだったりします。
この映画はBD−Rに焼いて保存しています♪
みはいる・B
2010/02/28 17:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『フライド・グリーン・トマト』 ('10初鑑賞7・WOWOW) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる