みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 坂の上の雲 第3回「国家鳴動」

<<   作成日時 : 2009/12/13 21:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 12 / コメント 0




非常に楽しみな「坂の上の雲」第3回です。
まずは、あらすじから・・・・・


1889年(明治22年)、大日本帝国憲法が発布される。学生たちと祝賀気分に浮かれる中、
子規(香川照之)が突如かっ血。 病気療養のため松山に戻る。妹・律(菅野美穂)は再び
嫁いでいたが、母・八重(原田美枝子)とともに子規の看病をする。

江田島から帰省した真之(本木雅弘)は子規を見舞い、二人は3年ぶりの再会を喜ぶ。


帰省中の真之は、水練用の池で傍若無人な振る舞いをした陸軍兵ともめ事を起こしてしまう。
父・久敬(伊東四朗)は内緒で事を収め、憤る真之を「短気は損気、急がば回れ」と諭す。

真之は海軍兵学校を卒業し、初の遠洋航海に出発する。そのさなか久敬が息を引き取った
ことを知る。

帰国した真之は、日本の港を巡回する清国の艦隊を見学。そこで東郷平八郎(渡哲也)と出会う。


子規は東京に戻り、陸羯南(くがかつなん・佐野史郎)主宰の新聞「日本」に入社。
陸の勧めで隣に家を借り、八重と律を呼び寄せ、暮らし始める。

フランスから帰国した好古(阿部寛)は、陸軍士官学校の馬術教官になる。そして、児玉源太郎
(高橋英樹)の勧めで、以前下宿していた佐久間家の娘・多美(松たか子)と結婚する。
(オフィシャルサイトより)




実に盛りだくさんな90分です。
演じてる役者さんたちとスタッフのやる気が伝わってきて、画面から目が離せません。


正岡子規の子規という名前の意味が、ホトトギスだと、今回初めて知った。

真之が陸軍兵ともめごとを起こす場面で、股間を掻きながら「ち○ぽ 痒い」・・・
NHKの番組でこういうセリフが出るとは、正直驚いた。(^^;


銭湯での親父さんのセリフが良かった。
「肝心の戦(いくさ)のために、勝ちはとっとけ。 短気は損気、急がば回れ」



東郷平八郎 登場。名前ぐらいは聞いたことがあります。(^^;



好古がおひいさんと再会する場面で、茶碗の話が出て・・・
「いまでも一つの茶碗ですか?」
「いまは母と暮らしていますので、一つではありません・・・でも、もう一つ増えても良いと思います」

この場面も良いですねぇ。(^-^)



さて、この後から、日清戦争へと突き進む過程が描かれていきます。


この時代のことは、あまり良く知らないので、勉強になります。


内閣総理大臣:伊藤博文が、いまだに高杉晋作にどやされる夢をみると言う場面が好き。


でもこのあたりの場面は韓国の人が観たら、あんまり気分のいいものではないのかも。
伊藤博文は韓国人にはすごく嫌われているようですし、彼を暗殺した(とされる)
安重根(アン・ジュングン)は英雄扱いされていますし・・・



さてさて、ドラマは来週から 本格的に日清戦争へと突入です。





ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪




知識ゼロからの日清日露戦争入門
幻冬舎
戸高 一成

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(12件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
坂の上の雲−第3回「国家鳴動」
今回は,憲法発布の明治22(1889)年2月11日に沸き立つ東京から始まりました。 実際,当時国民の関心は政治に向いており,提灯行列やイルミネーションによってあちこちで新憲法発布を市民たちが祝ったそうです。 この一事を見ても,現代人たちは逆立ちしても当時の人々にかなわない,と思います・・・。 子規が喀血したのは確かにこの年だったようですが,2月の憲法発布の時ではなく,5月だったらしいです。 そして,「子規(ほととぎすの意)」と号したのもこの年だったようです。 ...続きを見る
koshiのお部屋2
2009/12/13 21:41
スペシャルドラマ 「坂の上の雲」 国家鳴動
憲法発布、そして日清戦争へ。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2009/12/13 21:47
NHK「坂の上の雲」明治の群像に思いを馳せる・・・その3
こんにちは。「星の王子様の宝箱」(stars-treasure)です。   本日 ...続きを見る
星の王子様の宝箱
2009/12/13 22:35
坂の上の雲 第3回「国家鳴動」
今回は主人公の3人を描く場面と、歴史的に重要な場面の2つがうまく混ざり合い全体としてバランスの取れた内容でした。あまりにも主人公ばかりに注目してしまうと、その背景となる歴史については軽くなってしまい非常に突拍子のない話となってしまい、逆に歴史の場面ばかりを描いてしまうと、教科書とかわらなくなってしまいます。そのバランスがうまく取れていたといえるでしょう。 ...続きを見る
あしたまにあーな
2009/12/13 23:21
スペシャルドラマ「坂の上の雲」第3回
  全商品送料無料!ポイント3倍!!【楽天ポイント3倍!】【漫画】日露戦争物語(1-22巻全巻)...第三回「国家鳴動」1889年(明治22年)、大日本帝国憲法が発布される。学生たちと祝賀気分に浮かれる中、子規が突如かっ血。病気療養のため松山に戻る。妹・律は再... ...続きを見る
日々“是”精進!
2009/12/14 06:15
NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」第三回「国家鳴動」
スペシャルドラマも第3回!国家鳴動、青春鳴動、いよいよ羽の生えた若鳥がそれぞれに羽ばたいて飛び立ってまいります。{%顔文字ファイトhdeco%} ...続きを見る
真田のよもやま話
2009/12/14 08:07
坂の上の雲 第1部-3「国家鳴動」
坂の上の雲 第1部―NHKスペシャルドラマ・ガイド (教養・文化シリーズ)日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る ...続きを見る
ブルー・カフェ
2009/12/14 09:04
【大河ドラマ】坂の上の雲第3回:国家鳴動
メリハリの利いた回でしたね。前半部分は少々間延びしたような気がしないでもありませんが、それだけに後半部分が濃密だったと言えるのかもしれません。【今回のまとめ】真之:海軍兵学校を卒業。初の遠洋航海を経験。東郷平八郎と出会う。好古:日本に帰国。突然の見合い... ...続きを見る
山南飛龍の徒然日記
2009/12/14 18:23
スペシャルドラマ「坂の上の雲」 第3回
日本は憲法を制定し、近代国家へ歩み出す。 ...続きを見る
多数に埋もれる日記
2009/12/14 21:02
坂の上の雲 第三話
#3「国家鳴動」 雌伏の時が終わろうとしている。 ...続きを見る
還山捫虱堂
2009/12/14 21:30
坂の上の雲 第三話 国家鳴動
陸大一期生これにて全滅! 日清戦争を控えますます面白くなる坂の上の雲。第三話は前半は、秋山兄弟や正岡子規の成長が、後半は、日清戦争前夜の明治の元勲たちの動きや悩みが描かれている。特に、秋山好古(阿部寛)の結婚をトーキー風に描いたのは受けた。 ...続きを見る
V36スカイラインクーペが欲しい!
2009/12/17 18:55
【坂の上の雲】第三回
明治22年2月。日本はついに憲法発布の時を迎えた。その年、子規は肺結核により喀血し、療養のため松山に帰る。松山での3年振りの真之との再会。再婚した律も子規の看病のために実家に戻ってきていた。しばし再会を楽しむ3人。「子規」とはホトトギスの事だと言う。正... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2009/12/18 02:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
坂の上の雲 第3回「国家鳴動」 みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる