みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』 ('09初鑑賞149・劇場)

<<   作成日時 : 2009/10/14 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 22 / コメント 2




☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5)
10月11日(日) シネ・リーブル神戸 シネマ1にて 14:40の回を鑑賞。


解説:
2009年に、生誕100年を迎える文豪・太宰治の同名短編小説を、『雪に願うこと』の根岸吉太郎
監督が映画化した文芸ドラマ。

戦後の混乱期を背景に、道楽ざんまいの小説家の夫に振り回されながらも、明るくしなやかに
生きていく女性の姿を描く。逆境の中でも活力にあふれるヒロインには話題作への出演が相次ぐ
松たか子、太宰を思わせる小説家に『モンゴル』などで海外でも評価の高い浅野忠信。
さらに室井滋、伊武雅刀、妻夫木聡、堤真一ら豪華共演陣が脇を固める。


あらすじ:
戦後の混乱期、酒飲みで多額の借金をし浮気を繰り返す小説家・大谷(浅野忠信)の妻・佐知
(松たか子)は、夫が踏み倒した酒代を肩代わりするため飲み屋で働くことに。
生き生きと働く佐知の明るさが評判となって店は繁盛し、やがて彼女に好意を寄せる男も現れ
佐知の心は揺れる。そんな中、大谷は親しくしていたバーの女と姿を消してしまい……。
(シネマトゥデイ)








ここ最近観た映画の中で、もっとも映画らしい映画でした。(^-^)
太宰治の著作は、「走れメロス」ぐらいしか読んだことがありません。

TV番組などで太宰治の生涯を知って、この人のどこか刹那的・退廃的な生き方に
共感などできるわけもなく、著作も読む気すら湧きませんでした。(^^;;



さて、映画は映画として楽しむべきもの。

浅野忠信が演じるのは、原作者・太宰治、そのまんまの人物:大谷。
ちょっとは名の通った物書き。でも家には一切金を入れず、遊び歩いて、借金をつくり
ついには、飲み屋の金を盗んで、家まで逃げ帰って来るところから始まります。


浅野さんは、物書きにしてはこぎれいすぎるなぁ〜(無精ひげひとつない)とは思いますが
酒に酔ったときの演技など絶品でした。また、義太夫を唄うところも見事だと思います。




でもこの作品の主役は、松たか子さんが演じる、妻:佐知。
こんなどうしょうもない夫のために借金を返すため、飲み屋で働くことになりました。


全然暗さがないんですよね。
この佐知の、人間的な明るさというか、ダメ夫をも包み込んでしまう包容力というか
とても素敵でありました。(^-^)

松たか子さんの演技力も素晴らしいと思います。
夫婦なのに、お互い敬語でしゃべっているのが、すごく新鮮な感じがして良かった。



そして、夫の愛人:秋子役に広末涼子。
いや〜意外でしたね。 こういう役も演じることができたんですね。
この作品のなかで、一番印象に残った人物でした。


大谷と心中未遂するのですが、警察署で佐知とすれ違う時の、一瞬の目がすごかったです。




明るい佐知に惹かれる人物は他にも。
妻夫木聡に堤真一、どちらも、役者本来の持ち味が生かされてて、好演でありました。
妻夫木聡は直江兼続よりも、こういう役のほうが似合っていると思います。(^^;



脇を固める役者さんが、すごく上手い人ばかりなので、すごく贅沢な作品だと思いました。



さて、最終的な結論。


・・・・・・ 男は、バカでなさけない。。。。 女はしなやかで強い。



「人非人でも いいじゃないですか」「生きてさえいればいいのよ・・・」
観終わった後の余韻が心地よくて、なんどでも鑑賞したいって思える素敵な作品だと思います。




・・・・桜桃って、サクランボのことだったんですねぇ。(^^;







2009年/日本/東宝/114分/ビスタ/
監督:根岸吉太郎/原作:太宰治/
出演:松たか子、浅野忠信、室井滋、伊武雅刀、広末涼子、妻夫木聡、堤真一/

映画感想50音別INDEX


ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪


ヴィヨンの妻・桜桃・他八篇 (岩波文庫)
岩波書店
太宰 治

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(22件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜
第33回モントリオール世界映画祭、最優秀監督賞受賞作品―【story】戦後の混乱期。秀でた才能を持つ小説家でありながら、大酒飲みで、多額の借金をして浮気を繰り返す大谷(浅野忠信)の妻・佐知(松たか子)は、夫が踏み倒した酒代を肩代わりするため飲み屋で働くことに。生き生きと働く佐知の明るさが評判となって店は繁盛し、やがて彼女に好意を寄せる男も現れて佐知の心は揺れる。そんな中、大谷は親しくしていたバーの女と姿を消してしまい―     監督 : 根岸吉太郎     原作 : 太宰治【comment】原作... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2009/10/14 20:49
映画 【ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜】
映画館にて「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」 ...続きを見る
ミチの雑記帳
2009/10/14 21:38
ヴィヨンの妻 -桜桃とタンポポ- 夫婦って深いなあ〜
【 50 -12-】 当たっても当たっても、すでに予定がある夜の試写会ばっかりで、妻が独りで行ったり、人にあげたり・・・ でもようやく空いている夜の試写会が当たった(^_^)v ...続きを見る
労組書記長社労士のブログ
2009/10/14 22:27
ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜
太宰治生誕100周年のトップを切って公開される作品。同日公開に『パンドラの匣』がある。主演は『K-20 怪人二十面相・伝 』の松たか子。共演に『剱岳 点の気』の浅野忠信、『おくりびと』の広末涼子、『ノーボーイズ、ノークライ』の妻夫木聡、堤真一、室井滋、伊武雅刀といった名優が揃う。監督の根岸吉太郎は第33回モントリオール世界映画祭で監督賞を受賞した。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2009/10/15 00:44
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 / Villon 's Wife
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2009/10/15 18:20
ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜
太宰治 生誕100年 ある夫婦をめぐる「愛」の物語 ...続きを見る
Addict allcinema おすす...
2009/10/17 00:57
「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 」私は産まれた時から、ずっと...
「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 」★★★★ 松たか子、浅野忠信主演 根岸吉太郎監督、114分、2009年、2009-10-10公開 ...続きを見る
soramove
2009/10/17 09:32
昭和の女〜『ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ』
 才能に溢れてはいるが大酒呑みで金にルーズ、女癖も悪い新進作家の大谷 (浅野忠信)は、馴染みの料理屋から金を盗んでしまう。しっかり&... ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2009/10/17 23:54
「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」ダメ夫に1度だけ救われた妻の今の時代では真似できない献身的な夫への...
「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」は太宰治原作の映画で、小説家の妻が小説家の不祥事を謝罪したり、働く事になり献身的に支えるが小説家は妻を疑い自らも愛人に溺れて自殺未遂をするがそれでも小説家を妻は支えるストーリーである。ダメな夫を持ってもなお支え続ける妻の... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2009/10/19 01:17
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜
[ヴィヨンの妻] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:6.5/10点満点 2009年89本目(83作品)です。 【あらすじ】 戦後の東京。 酒と女に溺れ、愛人までも作ってしまう小説家の大谷(浅野忠信)。 その大谷を健気に支える妻の佐知(松たか子.. ...続きを見る
必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・...
2009/10/19 17:15
『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』
□作品オフィシャルサイト 「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」□監督 根岸吉太郎 □脚本 田中陽造 □原作 太宰治 □キャスト 松たか子、浅野忠信、室井 滋、伊武雅刀、光石 研、広末涼子、妻夫木 &nbsp;聡、堤 真一、山本未來、新井浩文■鑑賞日 10月12日(月)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 入場開始のアナウンスが始まったので耳を澄ましていると、まだ日が浅い担当者なのか、あるいは映画を知らない担当者なのかわからないが、明らかに“... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2009/10/20 12:16
映画「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」
映画「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」を鑑賞。 ...続きを見る
FREE TIME
2009/10/20 23:00
「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」いけない事とは
「人非人でもいいじゃないの。私たちは、生きていさえすればいいのよ」松たか子が素晴らしい。冒頭の泣き笑いでどきっとさせた後は、居酒屋での解放された顔と、警察に連行されたときのこわばった顔と、大谷を慈しむ顔と、おびえる顔、困った顔、母の顔、強く立ち向かう顔... ...続きを見る
再出発日記
2009/10/27 17:03
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜
この世には 生まれた喜びと 刹那さと ...続きを見る
空想俳人日記
2009/10/28 08:18
★「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」
TOHOシネマズの1ヶ月フリーパスもこれで打ち止め。 合計18作品をタダで見ることができました。 本作は、文豪・太宰治の原作・・・ 2009年は太宰の生誕100周年だったのね。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2009/10/29 03:47
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜
 『愛など信じたら、すべてが消えてしまうと、男は恐れている。 すべてを失った後に、残るのが愛だと、女は知っている。』  コチラの「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」は、昨年アカデミー賞外国語映画賞を受賞した「おくりびと」がグランプリを受賞したモントリオー.... ...続きを見る
☆彡映画鑑賞日記☆彡
2009/11/03 18:37
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜
太宰治 生誕100年ある夫婦をめぐる「愛」の物語 遅まきながらようやく鑑賞して参りました。何を隠そう、実は浅野忠信さんが好きです!だからどうしても観たい作品でした。破滅的な大谷の役は浅野さんにはぴたりはまっていますね。そんなダメな男をを支える妻佐知役にはあの松たか子さん。 才能はあるのだが、大酒飲みで、浮気を繰り返すどうしょうもない男性です、でも何故か?これがもてる・・・・。確かにこういう軟弱でどうしょうもない男性って何故か魅力がありますよね。女性の持つ母性をくすぐるのだと思います。母性はあ... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2009/11/11 22:00
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜
弱虫男と強か女。 太宰治生誕100周年というわけで、にじりにじりとブームになっている今年。 この映画の他にも、来年は『人間失格』が公開されるらしい。 ...続きを見る
ここにあるもの
2009/11/16 12:00
『人間失格』 ('10初鑑賞25・劇場)
☆★−−− (10段階評価で 3) 2月20日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 16:10の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2010/02/23 21:06
mini review 10454「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」★★★★★★☆☆☆☆
2009年に、生誕100年を迎える文豪・太宰治の同名短編小説を、『雪に願うこと』の根岸吉太郎監督が映画化した文芸ドラマ。戦後の混乱期を背景に、道楽ざんまいの小説家の夫に振り回されながらも、明るくしなやかに生きていく女性の姿を描く。逆境の中でも活力にあふれるヒロインには話題作への出演が相次ぐ松たか子、太宰を思わせる小説家に『モンゴル』などで海外でも評価の高い浅野忠信。さらに室井滋、伊武雅刀、妻夫木聡、堤真一ら豪華共演陣が脇を固める。[もっと詳しく] ...続きを見る
サーカスな日々
2010/05/03 03:20
映画評「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・根岸吉太郎 ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2010/08/28 14:35
『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ』'09・日
あらすじ酒や金にだらしなく、女にすぐ手を出す小説家の大谷。妻の佐知は、夫の借金を返すために飲み屋で働き始め・・・。感想太宰治の小説の映画化で『サイドカーに犬』の根岸吉太... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2010/09/18 15:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この映画モントリオール映画祭で監督賞をとったんですね。
浅野忠信さんの映画はわりと賞をとる作品が多い気がします。

太宰治は『人間失格』読んで人間の暗部を書いているのに居心地の良さを感じました。
元祖男は弱くてもええねんという作家で好感が持てます。
脇役のメンツといい見てみたい映画です♪
まり
2009/10/14 07:23
まりさん>
浅野忠信さんは『モンゴル』でも素晴らしい演技をしてました。
この作品でも好演してますよ。(^-^)

男は弱くてもええねん・・・なるほど、そう考えるとだいぶ気が楽になりますね。

良い作品だと思うので、ぜひ観てくださいね♪
みはいる・B
2009/10/14 21:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』 ('09初鑑賞149・劇場) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる