みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『火天の城』 ('09初鑑賞127・劇場)

<<   作成日時 : 2009/09/21 11:50   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 16 / コメント 0




☆☆☆☆− (5段階評価で 4)
9月20日(日) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:05の回を鑑賞。


解説:
第11回松本清張賞を受賞した山本兼一の同名小説を基に、織田信長の構想にほれ込み、
前代未聞の城郭要塞・安土城の築城に携わった天才宮大工・岡部又右衛門の生き様を描く時代劇。

監督は『化粧師 KEWAISHI』の田中光敏。『釣りバカ日誌』シリーズなど、出演作が続く超売れっ子の
名優・西田敏行が岡部又右衛門を演じる。共演は『レイン・フォール/雨の牙』の椎名桔平ら。
城作りのダイナミズムを壮大なスケールでとらえた映像に注目だ。


あらすじ:
織田信長(椎名桔平)から城の建設を命じられた熱田の宮番匠・岡部又右衛門(西田敏行)。
又右衛門は即座に引き受けるが、建設を指揮する総棟梁は、名だたる番匠たちとの図面争いで
決めるという。
夢のような仕事を前に、寝食を惜しんで図面作りに没頭する又衛右門を、妻の田鶴(大竹しのぶ)、
娘の凛(福田沙紀)らが支えるが……。









時代ものが連続しています。 この秋はちょっとしたブームのようですね。
さてこの作品は、戦国時代の真っただ中、天正4年(1576年)から始まります。


 「安土の山一つ、城にする。天主は五重。建てられるか?」
 「・・・・・・建てまする!」
 「よう言うた!3年で建てろ!岡部又右衛門が総棟梁じゃ!」


織田信長からの厳命で、巨大な城を建てることになった主人公:岡部又右衛門(西田敏行)。
が、その前に、図り争い(今で言うところのプレゼンテーション)をしなければなりません。


信長からは、西洋風の吹き抜けのある天主閣で、信長自身がそこに住むとのこと。
この場面がすごくおもしろかった。(^-^)

他にもこの仕事が欲しい同業者がいるわけで、各々、工夫を凝らした城の図面と模型を持参し
信長の前でお披露目をします。


又右衛門はあえて吹き抜けをつくらず、わざと模型に火を点けて、どちらが燃えにくいか
証明してみせます。


当時の設計者の知恵に恐れいるばかりです。



そして城造りがはじまるわけですが、仲間が戦に駆り出されたり、大黒柱となるヒノキの巨木を
調達しにいったり、家族が亡くなったりと、様々な苦難に遭遇。



又右衛門の奥さん役の大竹しのぶが、素晴らしいんです。
さすがに日本を代表する役者さんだなと思いました。

 「おなごは家庭の日輪。だから常に笑っていなければ・・・」

又右衛門を陰でしっかりと支えています。どのような苦しみも微笑みに変えて。



中盤、巨大な岩を運び出す場面で、少々マンガっぽくなってしまいまして
(『カムイ外伝』かと思った(^^;;)ちょっと、あれ?って思いました。


クライマックスは、城の大黒柱を4寸ほど切る場面。
実際こんなこと出来たんかなあ?とちょっと疑問ですが、機械なんてない時代に、人の力だけで
これだけのことをやりとげたと思うと、本当に心から尊敬します。



終わり方が、(皆様も書かれてますが)ちょと、あっさりしすぎなのが不満ですが、総じて見応えの
ある、重厚な風格のある作品でした。


秀吉役で次長課長の河本が出てたのには笑った。
大河『天地人』で秀吉役だった笹野さんは、木曾義昌役で登場。
福田沙紀ちゃん、この子だけ現代から来たような雰囲気ですね。(^^;
音楽を聴いて、思った通り、岩代太郎さんでした。最近忙しいですね。(^-^)










2009年/日本/東映/139分/ビスタ/
監督:田中光敏/原作:山本兼一/音楽:岩代太郎/
出演:西田敏行、福田沙紀、椎名桔平、大竹しのぶ、寺島進/

映画感想50音別INDEX


ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪


火天の城 (文春文庫)
文藝春秋
山本 兼一

ユーザレビュー:
「仕事」に「国造り」 ...
視点は斬新だがおもし ...
総棟梁の立場を軸にし ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

トラックバック(16件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
劇場鑑賞「火天の城」
【送料無料(一部地域除く)】(CD)火天の城 オリジナル・サウンドトラック/(オリジナル・サウ...「火天の城」を鑑賞してきました第11回松本清張賞を受賞した山本兼一の同名小説を基に、織田信長の構想にほれ込み、前代未聞の城郭要塞・安土城の築城に携わった天才宮大... ...続きを見る
日々“是”精進!
2009/09/21 12:24
映画 【火天の城】
映画館にて「火天の城」 ...続きを見る
ミチの雑記帳
2009/09/21 16:51
火天の城
 『天を衝く安土城。 それは、織田信長の天下統一、最後の野望─』  コチラの「火天の城」は、直木賞作家・山本兼一の同名歴史小説を映画化した9/12公開の時代劇映画なのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪監督は、「化粧師 KEWAISHI」の田中光敏監督。  「BALLAD 名.... ...続きを見る
☆彡映画鑑賞日記☆彡
2009/09/21 19:23
火天の城
山本謙一の同名の小説を映画化。主演の西田敏行をはじめ、大竹しのぶ、福田沙紀、椎名桔平、緒方直人、夏八木勲、寺島進、山本太郎…とベテランから若手までその豪華なキャスティングが作品を盛り上げてくれる。織田信長に安土城築城を命じられた宮大工・岡部又右衛門とその一門の艱難辛苦の3年間を描いた時代劇です。監督は『化粧師 KEWAISHI』の田中光敏。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2009/09/22 00:42
「火天の城」多くの犠牲の末に全ての心を1つにして完成させた伝説の安土城
12日公開の映画「火天の城」を鑑賞した。この映画は山本兼一原作「火天の城」を映画化した作品で1576年織田信長が長篠の合戦で武田勝頼を破った直後に安土城建設を決断して熱田の宮番匠に総棟梁に任せて3年で安土城を築城するまでの過程を描いたストーリーである。わ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2009/09/23 18:41
火天の城 映画館は歴女でいっぱい
歴史好きの女性が増えているらしい。歴女と呼ぶそうだ ...続きを見る
ネット社会、その光と影を追うー
2009/09/24 10:45
火天の城
 日本  時代劇&ドラマ  監督:田中光敏  出演:西田敏行      椎名桔平      大竹しのぶ      福田沙紀 ...続きを見る
小泉寝具 ☆ Cosmic Thing
2009/09/26 19:46
映画「火天の城」
シルバーウィーク期間中に、映画「火天の城」を鑑賞。 ...続きを見る
FREE TIME
2009/09/27 00:59
映画「火天の城」@よみうりホール
 客入りは8〜9割くらい、客年齢は異常に高い。  映画の話 織田信長(椎名桔平)から城の建設を命じられた熱田の宮番匠・岡部又右衛門(西田敏行)。又右衛門は即座に引き受けるが、建設を指揮する総棟梁は、名だたる番匠たちとの図面争いで決めるという。夢のような... ...続きを見る
masalaの辛口映画館
2009/09/27 12:58
火天の城
・火天(かてん)の城(9月12日より公開 西田敏行主演) 「幻の城」と呼ばれた安土城を建設したときの、宮大工の棟梁とその周囲の者たちの様々なドラマを描いた作品。 大きなプロジェクトを完成させるにはある程度の犠牲が必要で、それを周囲の者と協力して成し遂げていくというのはある意味ベタな展開であり、ストーリー的にひねりがないかもしれない(今年テレビドラマになった「黒部の太陽」と重なる)。 だが安土城の図面争いの時に出てきた模型や、城の建築過程は綿密で迫力があった。これらを見るだけでもこの映画を見る価値... ...続きを見る
充実した毎日を送るための独り言
2009/09/28 02:37
『火天の城』
&nbsp; &nbsp;□作品オフィシャルサイト 「火天の城」□監督 田中光敏 □原作 山本兼一 □脚本 横田与志 □キャスト 西田敏行、大竹しのぶ、椎名桔平、寺島 進、山本太郎、石田卓也、上田耕一、夏八木 勲、緒形直人、西岡徳馬、渡辺いっけい、田口浩正、石橋蓮司、笹野高史、福田沙紀、水野美紀、前田 健、河本準一、遠藤章造■鑑賞日 9月13日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 河本〜〜〜っ、「お前に演(や)らせる秀吉はねぇ〜」(... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2009/09/28 12:20
「火天の城」 戦国時代のプロジェクトX
今年は時代劇が4作公開される豊作の秋です。 他の3作品は宣伝に力が入っていたり、 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2009/09/29 23:13
★「火天の城」
今週の平日休みの2本目。 最近は、戦国武将やお城が密かにブームらしいけど・・・ この作品に出てくる安土城は謎が多い城らしいね。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2009/10/20 04:07
mini review 10447「火天の城」★★★★★★★☆☆☆
第11回松本清張賞を受賞した山本兼一の同名小説を基に、織田信長の構想にほれ込み、前代未聞の城郭要塞・安土城の築城に携わった天才宮大工・岡部又右衛門の生き様を描く時代劇。監督は『化粧師 KEWAISHI』の田中光敏。『釣りバカ日誌』シリーズなど、出演作が続く超売れっ子の名優・西田敏行が岡部又右衛門を演じる。共演は『レイン・フォール/雨の牙』の椎名桔平ら。城作りのダイナミズムを壮大なスケールでとらえた映像に注目だ。[もっと詳しく] ...続きを見る
サーカスな日々
2010/03/07 23:36
映画評「火天の城」
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・田中光敏 ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2011/01/24 17:17
火天の城
信長が築城を命じた安土城は、築城後わずか数年で消失、いまだにその全貌が明らかではなく、その安土城を築き上げた熱田の宮大工・岡部又右衛門と一門たちの物語がこの作品。期待しすぎて今までDVDを部屋にずっと眠らせていたのだけれど(絶対感動する!と思って^;)今回改めてみてみることにしました。 しかし、設計から人員、物資まで多くの苦労を強いられる中、どれだけそれらエピソードに共感できるかが肝となるはずですが、思ったよりは軽めの印象でした(もっと重厚な作品かと思ってた)。 信長に模型の城を燃や... ...続きを見る
いやいやえん
2012/05/04 09:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『火天の城』 ('09初鑑賞127・劇場) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる