みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『雨あがる』 ('09初鑑賞58・WOWOW)

<<   作成日時 : 2009/05/03 12:10   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0




☆☆☆☆− (5段階評価で 4)
5月2日(土) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。


故・黒澤明監督が山本周五郎の短編をもとに書いた遺稿を、黒澤組のスタッフたちが映画化。
剣の達人でありながら人の良さが災いし、思うように仕官になれない浪人をユーモラスに描く。

堅苦しくなく、見終わった後に爽快な気分になれる良質の時代劇。
お人好しの浪人を寺尾聡が好演。宮崎美子、三船史郎、吉岡秀隆、原田美枝子、仲代達矢共演。

享保の時代。浪人の三沢伊兵衛とその妻は、長雨のため安宿に居を構えた。
ある日、若侍の諍いを難なく仲裁した三沢は、通りかかった藩主・永井和泉守に見そめられ城に
招かれる。三沢が剣豪であることを知った和泉守は、彼を藩の剣術指南番に迎えようとするが・・・。
(yahoo! 映画より)





10代20代の頃は、こういう感じの時代ものがどうも苦手だったんですが
最近はやっと時代ものの良さが分かってきたような・・・そんな気がします。(^-^)


空気感というか、雰囲気が、すごく心地良いんです。


寺尾聰 さん はまり役ですよねぇ!!
物腰柔らかい、人の良い浪人を好演しております。


そして、奥さん役の宮崎美子さん、素晴らしいですよね♪
 「なにをしたかではなく、何のためにしたか」

夫が、安宿にいる皆のために賭け試合をして金を儲けたことを、誇りに思う・・・・
そんな懐の大きい奥方です。



結局、賭け試合が原因で、仕官することは叶わず、街を去る主人公ですが
殿さまが追いかけてきて、最終的にはどうなるのか、映画では解りません。


眼前には雄大な海の風景が広がり、観る者に、素晴らしい余韻を残してくれます。



ほんとに良い映画でした。(^-^)








1999年/日本/アスミック・エース/91分/ビスタ/
監督:小泉堯史/脚本:黒澤明/原作:山本周五郎/音楽:佐藤勝/
出演:寺尾聰、宮崎美子、三船史郎、吉岡秀隆、原田美枝子、檀ふみ、
    井川比佐志、加藤隆之、松村達雄、仲代達矢/


映画感想50音別INDEX


ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪



雨あがる [DVD]
角川エンタテインメント
2008-10-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
雨あがる
 コチラの「雨あがる」は、小泉堯史監督&寺尾聰&吉岡秀隆って「博士の愛した数式」トリオの映画です。  山本周五郎の同名短編小説を基にした故・黒澤明監督の遺稿で、黒澤作品の助監督も務めた事もある小泉監督の監督デビュー作なんだそうです。  江戸時代中期の浪.... ...続きを見る
☆彡映画鑑賞日記☆彡
2009/05/03 14:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『雨あがる』 ('09初鑑賞58・WOWOW) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる