みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『グッド・シェパード』 ('09初鑑賞55・WOWOW)

<<   作成日時 : 2009/05/02 11:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0




☆☆★−− (5段階評価で 2.5)
5月1日(金) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。


解説:
CIAの誕生をめぐり、1人の男が運命に翻弄(ほんろう)されていく様を描いた壮大な人間ドラマ。
『ブロンクス物語/愛につつまれた街』以来13年ぶりにメガホンを取ったロバート・デ・ニーロが、
監督、製作、出演の3役をこなす。

主演の諜報部員役にマット・デイモン、その妻役にアンジェリーナ・ジョリーがふんする。
これまであまり描かれることのなかったCIAメンバーの、1人の人間としての苦悩が胸に突き刺さる。
(シネマトゥデイ)

あらすじ:
1961年4月17日、キューバのカストロ政権転覆を狙った上陸作戦がCIA内部の情報漏れにより失敗し、
CIAは窮地に立たされる。その数日後、作戦を指揮したエドワード(マット・デイモン)の元にCIA内通者
と敵側スパイと思われる男女が映ったテープが届く。
彼は部下のレイ(ジョン・タートゥーロ)にその分析を依頼するが……。
(シネマトゥデイ)









WOWOWで昨年11月に放送された分を、今頃になってやっと鑑賞しました。(^^;;
2時間47分もある、重厚な作品でした。


タイトルの『グッド・シェパード』とは聖書内に登場する「主に忠実な羊飼い」を意味するそうで、
この作品の主人公にそのままあてはまるタイトルなんですねぇ。


監督がロバート・デ・ニーロ。


時代が行ったり来たりするので、ちょっとややこしくなるところがあります。
30年前も現代(1961年)も、主人公マット・デイモンの風貌が、あんまり変わってないように
見えるのも原因かも?


そのマット・デイモン、ほとんど感情を表に出すことが無く、ずーっと同じ表情。
ストーリーも淡々と進んでいきます。


その彼の表情が、あきらかに苦悶の表情に変わる場面がクライマックスにあります。
息子に関連することなのですが、ネタばれになるので・・・



それにしても、実際にこういうことが行われていたんですね・・・


亡命を求めてきたロシアの高官を拷問する場面はひどかった。ほんま権力を盾にする連中は
観ててムカついてきます。結局その高官は、本人だったってことですよね。

飛行機から○○を突き落とす場面も衝撃でした。



しかし、アメリカにはわけのわからん秘密結社(この場合CIAの前身)が多いんですねぇ・・・(^^;;
映画的には、あまりおもしろいとは思いませんでした。 


この2時間47分はちょっとしんどかったです。






2006年/アメリカ/ユニバーサル/167分/シネスコ/
監督:ロバート・デ・ニーロ/脚本:エリック・ロス/
出演:マット・デイモン、アンジェリーナ・ジョリー、アレック・ボールドウィン/


映画感想50音別INDEX


ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪


グッド・シェパード [DVD]
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
2008-12-04

ユーザレビュー:
出変わり新商品でも発 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
グッド・シェパード
 『いくつ愛を失くせば、 この国を守れるのか。』  コチラの「グッド・シェパード」は、名優ロバート・デ・ニーロの監督2作目となる"CIA誕生にすべてを捧げた男の物語"で、10/20公開となっていたサスペンス・ドラマなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  製作総指揮... ...続きを見る
☆彡映画鑑賞日記☆彡
2009/05/02 16:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『グッド・シェパード』 ('09初鑑賞55・WOWOW)  みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる