みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『大阪ハムレット』 ('09初鑑賞11・劇場)

<<   作成日時 : 2009/01/25 00:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 2 / コメント 8




☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5)
1月24日(土) シネ・リーブル神戸 シネマ2にて 14:20の回を鑑賞。

 「生きるべきか死ぬべきかって、生きとったらそれでええやん。」


解説:
人気漫画家・森下裕美の同名コミックを映画化した人間讃歌。
大阪の下町に暮らすある家族の喜怒哀楽に満ちた日常を、『おぎゃあ。』の光石富士朗監督が
ユーモラスに描きだす。

ベテラン松坂慶子と岸部一徳が息の合った演技を見せるほか、個性豊かな三兄弟を『ごめん』の
久野雅弘、『酒井家のしあわせ』の森田直幸、本作が映画初出演となる大塚智哉が好演。
それぞれに悩みを抱えながらも、ありのままの日常を受け入れ生きていく登場人物たちの姿に
元気づけられる。(シネマトゥデイ)

あらすじ:
朗らかな母親の房子(松坂慶子)と3人の息子、死んだ父親の弟を名乗る叔父が共に暮らす久保家。
年上の彼女に「わたしのお父ちゃんになって」と言われて戸惑う長男、次男はシェイクスピアの
「ハムレット」のような家庭環境に悩み、女の子になりたい小学生の三男……。それぞれに深刻な
悩みを抱えた三兄弟は、不器用ながらも前向きに生きていく。(シネマトゥデイ)







いやぁ〜 めっちゃ おもしろかった!! (^-^)
今年 最初の☆5個 差し上げます!! 


松坂慶子さんが演じる大阪のオカン、 最初は関西弁が やっぱり違和感があるなぁと・・・
思いましたが、観ていくうちに あんまり気にならなくなりました。
なんかすごい女優さんやと思います。


そしておっちゃんこと岸部一徳さん。 ほのぼのとして、いい味出てますわぁ。


出だしで いきなり お父ちゃん(間寛平)が死んでしまいます。
そして葬式に お父ちゃんの弟という おっちゃんが現れ、そのまま住み着いてしまいます。


そんな久保家の三兄弟。
三人がそれぞれの悩みを抱え、懸命に生きていこうとする姿が、おもしろくて、けなげで
また、観ていてすごく気持ちが良かったです。(^-^)


 「だれが ハムスターやねん!!」
 「いや、ハムスターやなくて、ハムレット・・・」
 「つれのこうとうハムスターがハムレットいうんや! つまりワシもハムスターいう意味ちゃうんけ!」


・・・と、いうことがきっかけでシェークスピアの「ハムレット」をよみ始める次男。
難しい漢字だらけなので、辞書片手に「ハムレット」を読破して・・・


 「ハムレットのお父ちゃんの弟が、兄ちゃん殺してお母ちゃんたらし込んで王様になったやて?
   ・・・ ワシの家もハムレットのとこと一緒やいうんかい!!」


と、ブチ切れます。 そして お父ちゃんの幽霊も登場します。
まぁ いろいろ あるわけです。(^^;





登場人物すべてが ええんです。 みんな いい味だしているんです。
夜な夜な夫婦喧嘩する家、歳の差15歳の老夫婦、リュウノスケ先生、
宝塚を目指している王子役の女子←この子、かっこええと思いました。

みんな一生懸命生きてるんやなぁ。



本上まなみと加藤夏希も、いい役でしたよ。(^-^)
本上まなみが演じる亜紀の 場面では泣いてしまいました。



思わず笑ってしまう場面もあり、泣いてしまう場面もあります。
映画が終わってしまうんが惜しく感じたくらいでした。


ほんわかと、じんわり。
なんか、ほんまにええもん見せてもろたって感じましたわ。 ぜひぜひ、皆さんにも見てほしい作品です♪






2008年/日本/107分/ビスタ/
監督:光石富士朗/原作:森下裕美/
出演:松坂慶子、岸部一徳、森田直幸、久野雅弘、大塚智哉、加藤夏希、白川和子、本上まなみ、間寛平/


映画感想50音別INDEX


ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪


大阪ハムレット (1) (ACTION COMICS)
双葉社
森下 裕美

ユーザレビュー:
集の中の個 大阪っ ...
読み終わった後、感動 ...
久々にマンガで泣いた ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

大阪ハムレット デラックス版 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2009-07-24

ユーザレビュー:
口にだしちゃダメな言 ...
俺は誰の子なんやろう ...
それぞれの個性が生き ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「大阪ハムレット」
3人の息子たちのキャラ立ちが見事 ...続きを見る
心の栄養♪映画と英語のジョーク
2009/08/05 09:23
松阪慶子 森田直幸 加藤夏希 / 大阪ハムレット
ワケもなくマッチョ・ドラゴン ...続きを見る
中川ホメオパシー 
2010/02/09 11:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おひさしぶりです!
さすがみはいるさん、渋いの見ましたね。
松坂恵子、今ソフトバンクのCMに出てますけど、テレビだとすごく
ふくよかに見えますよね。50過ぎたし、きれいなだけの女優じゃなく
貫禄出てきたなあと思いました。

私は今日は初日の映画がすごく多かったので迷いましたが、レボリューショナリーロード見ました。

ケイトはうまい女優さんだけど、キャッシーベイツ、存在感すごいっすね。
MOKO
URL
2009/01/25 01:11
MOKOさん>
ごぶさたしてました♪(^-^)
松坂慶子さん、昨年の『篤姫』の幾島役で再び注目を浴びましたね。
この映画でも大阪のオカンをいい雰囲気で演じていました。
素敵な女優さんだと思います。

レボリューショナリー・ロード これも気になるんですよ。
衝撃のラストって、宣伝されていましたが、どうでした?

キャシー・ベイツ 『タイタニック』でも共演してましたね。
みはいる・B
2009/01/25 17:02
「大阪ハムレット」、最高ですよね!!!
くうが
URL
2009/01/26 15:18
まずはマンガのほうを買ってみようっと。と思っております。映画も見に行きたいなあ…
シーラカンス
2009/01/26 19:42
はじめてコメントします。「大阪ハムレット」シネスイッチ銀座で初日見ました。松坂慶子さん、岸部一徳さん・光石富士朗監督・三人の子役たちが勢揃いして舞台挨拶しました。すぐ目の前で大好きな俳優たちのコメントを聞いて感激。続いて映画がまたすごく良かった。三兄弟のそれぞれの悩みに思わずハラハラドキドキ、笑い・涙ぐみほんとにすてきな時間をもてました。しかも、観客が同じところで笑い、なんだか共通した感情に浸って観劇していることが感じられ、あったかい気持ちになれた、不思議な映画です。壇上から転げ落ちる小学校の先生、いつも派手なけんかをする遠景の窓の中の夫婦、どれ一つとってもあるあるという場面に、思わず笑ってしまいました。映画を見て優しい気持ちになれたのは久しぶりです。
はなこ
2009/01/26 20:12
くうがさん>
はじめまして、ようこそ♪(^-^)
この映画、本当に良かった♪ いろんな場面が走馬灯のように・・・
DVD出たら買いの作品ですね♪

ブログにおじゃましました。
ごっつい はまってはりますね!(^-^)
みはいる・B
2009/01/26 23:06
シーラカンスさん>
私もマンガを買うつもりです♪(^-^)
映画もぜひ、観て下さいね!!
みはいる・B
2009/01/26 23:07
はなこさん>
はじめまして ようこそ♪(^-^)
映画が終わる(上映時間)のが、惜しく感じた作品でした。
ずーっと、映画の世界に浸っていたい、そう思えた作品でしたね。

こんな感じになれる映画には、なかなかお目にかかれないと思います。
DVDではなくて、劇場で見知らぬ皆と観れたことが、なによりも幸せなことだと思います。(^-^)

良い映画にあえると、心が優しく元気になりますね♪
みはいる・B
2009/01/26 23:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『大阪ハムレット』 ('09初鑑賞11・劇場) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる