みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS ピカドン

<<   作成日時 : 2005/08/06 14:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 5 / コメント 9

画像
小学生の頃に 学校の映画鑑賞会で観た
1本の映画が脳裏に焼きついています。
10〜20分ぐらいの 短編アニメーションで
絵柄は淡白な切り絵風。 
セリフは一切無く、音楽と効果音だけ。

その映画のタイトルは 『ピカドン』

主人公は小学低学年ぐらいの少年。
舞台は ヒロシマ。

昭和20年(1945) 8月6日午前8時15分
アメリカ軍のB29爆撃機 エノラゲイ が原子爆弾を落とす。

原爆ドームの南東約150メートル地点の上空(高さ約580メートル)で爆発。


その時 最初に ピカッ!! と上空が激しく光り、 その直後に ドンッ!!
と激しい爆発が起こったといいます。


映画では その様子を淡々と描いていました。
一瞬で蒸発する人がいたり、
身体がドロッと解けて なかからガイコツが飛び出したり。
黒こげの遺体のまわりを、生き残った人々が水を求めてさまよう。

映画の最後にその少年が 焼け野原に横たわっていました。
顔の半分はガイコツに お腹から内臓が飛び出ていました。

そして 黒い雨 が降る・・・。


今日(2005年8月6日)ヒロシマに原爆が落とされて 60年を迎えました。
広島市にある平和記念資料館には外国人の姿が多いそうです。

新聞に・・・

この60年間 核による人類破滅を許すなという広島の声は、なかなか
世界に届かなかった。なぜか。理由は多々あろうが、この核に対する思考停止の原因を
作家の ジョナサン・シェルは「人間の自己防衛の一つの表現」と分析した。
人は心の平安を保つために、自分の死や痛みにつながることを「考えないようにする」という。

だが 考えなければ、核戦争の危機がなくなるわけではない。
「8月6日」をなかったことにはできない。
被爆者にとっては、毎日が「8月6日」なのだ。 今までも、これからも。

広島と徹底的に向き合うこと。「殺される側」から発想すること。
「忘れない勇気」「考える勇気」を持つこと。ここから核なき未来ははじまる。



TVなどで 政治家や評論家 論説家の討論を聴くことがありますが
机上の論理ばっかりで 腹立たしくなることがあります。

自分は戦争を経験したことがない。経験したいとも思わない。
人を殺したくない。殺されたくもない。

核武装論、核容認論 なんとばかばかしい話か。

これからの 平和 をつくるのは 我々の使命だと思います。
自分たちのために、これからの子供たちのためにも。


広島原爆写真館 - 平和都市 ヒロシマの願い
http://www.nvccom.co.jp/abomb/

長崎原爆資料館 Nagasaki Atomic Bomb Museum
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/na-bomb/museum/

国立広島原爆死没者追悼平和祈念館
http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp/index.php

原爆被爆証言
http://www19.big.or.jp/~higashi/hibaku/





ピカドン (シリーズ・子どもたちの未来のために)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
原爆の日
60年前の8月6日。 広島に世界で初めて原子爆弾が投下された。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2005/08/06 20:04
8月6日に
安らかにお眠りください過ちは二度と繰り返しません &nbsp; これはぼくらの叫びです、これは私たちの祈りです世界に平和をきずくための &nbsp; まがつびよ、ふたたびここにくるなかれ平和をいのる人のみぞここは &nbsp; ...続きを見る
猫姫じゃ
2005/08/06 23:52
ながさき 平和の日
「ピカドン」について  昭和20年8月9日午前11時02分 広島に続いて、長崎に一発の原子爆弾が投下されました。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2005/08/09 12:51
「60年目」のわたしたち・・・
被爆から60年を迎えた、日本。 年々ヒートアップする酷暑がつづく夏を迎えています。 ...続きを見る
「緑」の基地プロジェクト・運営コミュニテ...
2005/08/09 17:23
原爆の人的被害を世界の人々に知らせよう
広島に原爆が落ちた日にも、 きょう長崎に原爆が落とされた日にも、 たくさんのドキュメンタリーがテレビでオンエアされています。 7歳の長女・4歳の次女にも、見てすぐにわかる「映像の力」です。 被爆者たちの肌に残る傷やケロイド、 そして、原爆が爆発した瞬間の、詳細なCG。 CGっていうものの力を、今更ながら感じます。 ...続きを見る
シーラカンス日記
2005/08/09 23:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
唯一の被爆国である日本。
仮に国連常任理事国入りするのであれば、
「いかに戦争が悲しいものか。」
「いかに戦争がむなしいものか。」
という観点から世界に切り込んで行って欲しいです。
ryi
2005/08/06 20:05
こんばんは。
岩通信さんのブログとともにみはいる・Bさんのブログもこちらのお薦めに登録させていただきましたので、報告に来ました。
8・6と8・9は絶対に風化させてはならない惨劇ですね。
戦争でいつも犠牲になるのは罪のない民衆、特に子供です。
核に限らず、兵器というものが何をもたらすのか、各国の特に核を保有している国の首脳には目を逸らさず真摯に向き合い考えてほしいものです。
核兵器は絶対悪でしかないのですから。
りく
2005/08/07 00:24
ryiさん>
おっしゃる通りだと思います。 戦争が如何に悲惨で残酷なものか
世界の人々にうったえていく使命が我々日本人にはあると思います。

りくさん>
お勧めリンクありがとうございます。こちらからもリンクさせていただきますね。(^^)
本当ですね。まさに絶対悪ですよね。
こないだTVで「武器(兵器)は美しい」と言ったバカな議員がいますが、このことをしっかり再教育しなければいけませんね!!
みはいる・B
2005/08/07 01:07
おととしの夏、広島に行きました。戦争のこと、広島のこと勉強したくて仲間と行きました。その時は自分たちの無力さにただ泣きました。お願いだからもうこんな悲惨なことはおきないでほしい。私たちの使命、任されたこの大きな使命、果たさないと、何かの分野でもいいから果たさないと後悔する気がします。月並みなコメントでごめんなさい。
「戦争」って言葉を知らない子どもたちにも、真実の歴史を学んでほしいです。

2005/08/07 01:26
僕もいままで3回広島に行って、資料館に行きました。
何度訪れても衝撃が走ります。外国の方も実際に資料とか写真とかお話を聞いて驚いたって人が多いそうですね。
僕らがなんのためにこの時代に生まれてきたのか、もう一度よく考えてみたいと思います。

みはいる・B
2005/08/07 01:39
私は被爆2世です。ノーモア・ヒロシマ、ノーモア・ナガサキ!

2005/08/07 22:04
ポルコさん>
お身体、本当にお大事になさって下さいね。
ほんまに平和の尊さを訴えていきたいと思います。

みはいる・B
2005/08/08 00:13
どうもこんにちは。
トラックバックさせていただきました。
テレビのドキュメンタリー番組を子どもたちも理解できるぐらいまで大きくなったんだなーと思うと同時に、この子たちも含め、世界中のどんな子にも、被爆者の人たちが味わったような思い、経験をさせたくない、という思いを新たにしています。
シーラカンス
2005/08/10 06:35
シーラカンスさん いらっしゃいませ♪
TBありがとうございます(^^)
そうですよね、絶対経験させてはいけませんよね。
それに自分もまっぴら御免です。
平和な世界つくらないと!!
みはいる・B
2005/08/10 19:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
ピカドン みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる